としおの読書生活

田舎に住む大学院生であるとしおの読書記録を綴ります。主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にも旅行やパソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

DSC_3156

湊かなえさんの『ポイズンドーター・ホーリーマザー』が文庫化されていたので購入してみました。短いながらも湊かなえさんらしいイヤミスが味わえるみたいなので楽しみです。

今度WOWOWで連続ドラマ化するみたいですね。



湊かなえ『ポイズンドーター・ホーリーマザー』

女優の弓香の元に、かつての同級生・理穂から届いた古郷での同窓会の誘い。欠席を表明したのは、今も変わらず抑圧的な母親に会いたくなかったからだ。だが、理穂とメールで連絡を取るうちに思いがけぬ訃報を聞き……。(「ポイズンドーター」)母と娘、姉と妹。友だち、男と女。善意と正しさの掛け違いが、眼前の光景を鮮やかに反転させる。

本作は以下の6つの短編から構成されています。
  • マイディアレスト
  • ベストフレンド
  • 罪深き女
  • 優しい人
  • ポイズンドーター
  • ホーリーマザー
以下各短編についてネタバレを含んだ感想になりますので未読のかたは気を付けてください。






マイディアレスト

マイディアレストは妊婦の妹が殺人事件に巻き込まれて殺害されてしまい、姉が刑事に事情聴取をされている場面から始まります。

物語の序盤では姉に対して妹や母親の態度が酷いなと感じてしまっていたのですが物語を読み進めていくにつれて不穏な空気がでてきます。

最後の場面では、蚤をとる要領で妹のお腹をつぶしてその後顔をつぶしてしまいます。最後の「誰が何度あの夜のことを私に訊いても、答えは同じだ。——蚤取りをしていました。」という文章にはぞっとしてしまいました。

途中ででてきた猫の蚤取りが殺人につながっているとは思いもよりませんでした。

この物語は姉の目線で物語がしんこうしているため姉はかわいそうな人に移りますが、客観的にみると無職でいつまでも結婚せず家族から見ると姉はお荷物でしかありませんね。

母親が姉に対して厳しく、妹に対して厳しくないのも母親が物語中で言っているように年齢の問題であったり、姉を育てたことで育児慣れしてきたというところもあるんでしょうね。

一遍目からここまで衝撃的な作品が掲載されていると思わなかったので驚かされてしまいました。



ベストフレンド

ベストフレンドは大学四年の時に初めて脚本コンクールに応募し、九年目にしてようやく最終選考に残り優秀賞を受賞することができた漣涼香(さざなみすずか)が主人公です。

漣涼香は授賞式の日に最優秀賞の大豆生田薫子(まみゅうだかおるこ)と涼香と同じ優秀賞の直下未来(そそりみらい)と出会います。

授賞式の場で涼香は審査員三人中二人は涼香の作品を最優秀賞に推していたのに涼香のあこがれの存在である野上浩二が病気を盾に薫子の作品を最優秀賞に選んでいたことを知る。

その後涼香が書いた別のプロットが野上の手で映像化されるが評判が上がらず打ち切りされてしまう。一方薫子は脚本家として着実に成功をおさめる。

涼香は成功する薫子と自分の違いに耐えられなくなり、いつしか薫子のことを疎ましく思う。

最後の場面で凱旋帰国する薫子を涼香は花束を持って待つが薫子を刺そうとする人物から薫子をかばって涼香はなくなってしまう。


最後の涼香が刺される場面が本当に衝撃的でした。私は涼香が薫子を恨んで嫉妬から空港で薫子を刺そうとしているのだと思っていました。しかしそれは勘違いであったみたいで涼香は薫子を最初は恨んでいたかもしれないが徐々に才能を認め始めて最後は純粋に脚本家としての良きライバル(親友)として花束を渡しにきただけでした。

一方涼香を刺した直下は、涼香と違い薫子の才能を認めることができず最終的に薫子を殺そうとするという暴挙に出ます。

物語の途中でたびたび出てくる "『』" の台詞は涼香の心情ではなく直下のブログに書き綴られていた言葉だったとは…。

この物語の終わり方は正直爽やかなものではないが最後の最後に涼香と薫子のお互いが脚本家として競いあうことができる親友だと気が付くことができたのは良かったのかもしれない。



罪深き女

この物語は電気店で刃物を振り回して死傷者十五名を出した黒田正幸容疑者の知り合いだとして警察に彼のことを話す天野幸奈が主人公です。

天野幸奈は警察に黒田正幸は母子家庭で苦労していたことを伝え子ども時代には幸奈が母から虐待される正幸に食べ物を与えていたことなどを教えた。

最終的に幸奈と正幸の関係は正幸が幸奈を母親から解放するためにアパートを燃やしてしまいそれぞれが母親を亡くして孤児院に引き取られてしまい二人の関係は終わってしまいます。

そして事件の一週間前に二人は電気店で再開します。幸奈は再会を喜び今の自分が幸せであることを伝えましたが、正幸が幸奈だけ幸せになっていることを恨み殺人事件を起こしたと幸奈は話します。

しかし、今までの幸奈の話を警察から教えられた正幸は反論します。

そもそも正幸はもともと母親に虐待されていなかったが正幸の母の再婚を憎んだ幸奈の母の嫌がらせが原因で暴力を受けるようになった。

火事を起こしたのも幸奈を救うためではなく自分の母の暴力に耐えきれなかったからだ。

殺人事件を起こしたのも運の悪い人生に嫌気がさしただけで正幸は幸奈のことを覚えてすらいなかった。


幸奈の警察への証言は見当違いのものばかりでしたね。幸奈は自分のいいように思い出を解釈していただけで正幸にはなんとも思われていませんでした。

もし正幸が幸奈一家にであっていなければ幸せに暮らせいていたのかがきになりますね。

正直幸奈が不幸に酔いしれているだけだと分かった状態で「罪深き女」をもう一度読み直すと胸糞が悪い話で気持ち悪いですね。



優しい人

会社の同僚ときていたバーベキューで奥山友彦が殺害され、犯人は交際相手の樋口明日実であるとされている。この物語では友彦を知る人物と明日実の心情から事件の真相が浮かび上がってきます。

友彦を知る人物の証言はどれも似たような内容で友彦は自己主張が苦手だが頭がよく優しいというものばかりでした。

明日実の心情では明日実の小さいころからのエピソードが語られている。子どものころから母親に人に優しくするのが当たり前だと教え込まれてきました。

そのため社内でも気持ち悪いといわれている友彦にたいして同情していまい優しくしてしまいました。その結果友彦から勘違いされてしまい、明日実は友彦からのストーカー被害に苦しめられることになります。明日実をそれを上司や警察などに相談するが相手にされません。

明日実は友彦が最後一緒にバーベキューにいけば諦めてくれるといったのでそれを了承します。

しかしバーベキューの場で友彦は彼氏を人質に脅迫し、明日実に結婚をせまります。その行為に嫌悪感をいだいた明日実はテーブルにあった包丁に手を取り友彦を刺し殺します。


友彦の周りの人間の話を聞いてると友彦はとても優しい人物のように見えます。しかしそれは表向きの話でした。ブログで人の悪口をかくなど友彦は裏の顔をもっていました。

一方明日実も表向きは友彦と同じく優しい人です。しかし明日実は優しいのではなく人から頼まれたことを断れずにやっているというタイプでした。

最後の優しい人の証言はとても深いですね。優しいことは素晴らしいのかもしれませんが我慢して優しくしたり無理して優しさを背負わせるのはあまりいいことではないのかもしれませんね。

周りの人間ももし優しい人を見かけたらそれを拍手して見守るのではなくその優しい人の手助けをするべきなんでしょうね。



ポイズンドーター

この物語の主人公は女優である藤吉弓香です。彼女は母親に女で一つで育てられたが、レール通りの人生を歩むのが苦痛となり母親の言動にストレスを感じるようになる。

そんな弓香に社会的なテーマを取り上げて討論する番組のオファーが届く。テーマは "毒親" でした。毒親に苦しんでいる子どもたちの励みになると思い、オファーを引き受ける。

その番組のあと親友である理穂から弓香の母親がなくなったという連絡が届く。

世間では毒親のエピソードや弓香が出版した本が原因で自殺したのではないかと噂されている。


この物語のタイトルは毒娘だ。親をテレビやネットなどで批判するような人間は毒娘(毒息子もいるだろうが)だと言いたいのだろう。

親が子どものころをテレビなどでほめることはあっても批判することはない。一方子どもはネットやテレビを通じて親を批判することがある。

世間一般からみれば毒なのは親ではなく子どもなのかもしれない。


ホーリーマザー

『ホーリーマザー』はポイズンドーターの後の物語で、弓香の友人の理穂視点です。

理穂の義母は弓香の母の友人であり、弓香が母のことを毒親であると公表したことが許せなかった。理穂は義母のことを疎ましく思いながらも義母の抗議文に訂正を加えた週刊誌に送る手助けをした。

そんな中、理穂に弓香から久しぶりに連絡が入りヒステリックな調子で会えないかといわれる。

弓香と再会した理穂は弓香の母の佳香は毒親ではないと反論し、本当の毒親を知っていると伝える。ただ理穂の言いたいことは弓香には通じませんでした。

弓香と別れた理穂は娘から嫌われて毒親だと思われたとしても自分が母にしてもらったように育てたいと考える。いつか娘も母は自分のために厳しかったのだと分かってくれるから。


毒親の基準って難しいですね。少し厳しいぐらいだったら子どもは親のことを毒親だと思うことはないかもしれませんが、継続的に厳しいのが続くと精神的にまいってしまい親のことを毒親認定しまう可能性があります。

一方物語中に登場したマリアの母親のような人物は娘を金儲けのために売るというどをこした毒親だ。理穂は毒親と言っていいのはこういう人物だけであると言っているが本当にそうなのだろうか?

母親が全員完璧な聖母のような存在になるのは無理だろう。たあだ子どもにさえ将来的に聖母(良い母だったと)思ってもらえれば、毒親と悪態づかれることはないので教育成功なのだろう。

弓香も結婚して姑と出会うことがあったら自分の母のことを毒親だといわなかったのかもしれないですね。



最後に

ここまでご覧いただきありがとうございます。

どの短編もメッセージ性が強く深く考えられる話ばかりでした。また多くの話が読了後後味が悪かったのではないのでしょうか。

私は本作の中では一番『ベストフレンド』が好きです。最後に涼香がなくなったのは後味が悪かったですがまだハッピーエンドと言えるのではないのでしょうか。

みなさんはどの話が好きですか?

他にも湊かなえさんの短編が読みたい方には『サファイア』がおすすめなのでこちらもぜひ読んでみてください。


DSC_3153


2016年に芥川賞を受賞した村田紗耶香さんの『コンビニ人間』が文庫化され本屋に大量に積まれていたので購入してみました。

様々な国で翻訳されている人気作品ということで読むのが楽しみです。



村田紗耶香『コンビニ人間』

「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと私は叫ぶ。小倉恵子、コンビニバイト歴18年。彼氏なしの36歳。ひびコンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて……。





感想

ミステリー要素や恋愛要素などがなくただのコンビニ店員を主人公としてためリアルさがとても強い作品でした。リアルさゆえに人間の気持ち悪い部分や現代社会の問題などのメッセージが分かりやすい作品であったともいうことができます。

『コンビニ人間』というタイトルを見たときは変わったタイトルだなぐらいにしか捉えていませんでしたが、本作を読んだ方にはこのタイトルがどれだけこの作品にふさわしいタイトルであったのかが分かるでしょう。

人間の本質を描いた作品や文学的なものを読みたい人に本作はおすすめです。


以下ネタバレを含みます。


























『コンビニ人間』は本当にメッセージ性が強い作品でした。主人公である恵子や白羽を除く作中に登場する全ての人物が普通なように見えてとても気持ちの悪い存在でした。


恵子

恵子は、子ども時代の小鳥のエピソードから分かる通り子どもの頃から奇妙な思考回路を持つ人間です。

普通の子どもであればかわいい鳥が死んでいる、かわいそう、お墓を作ろうとなります。しかし恵子は鳥が死んでいる、お父さんは焼き鳥が好きだ、お父さんのために死んだ鳥を焼いて食べようとい発想がでてきます。

恵子の行動は合理的ですが一般的な社会で受け入れられないもので、このことから恵子はおそらく「サイコパス」であるということが分かります。

成長していくにつれて恵子も徐々に自分がおかしいということに気が付きます。しかし、どうすれば治るのかが分からないためコンビニで働くまでは自分から何もしない、しゃべらない人間になります。

人と関わらない生活を送っていた恵子に変化が現れたのは大学時代に "コンビニ店員" というアルバイトを始めたのがきっかけです。徹底的なマニュアルがあり店と客のために働き社会に沽券できる "コンビニ店員" という仕事は恵子にとって天職でした。

コンビニで働き始めたことをきっかけに人とどう関われば嫌がられないかという生き方も学んでいきます。

それから18年たち36歳になった現在でも他のことに興味を持たずコンビニのためのみに人生をささげており正に "コンビニ人間" ですね。



白羽

白羽も客観的に見れば恵子と同じで人と関わるのが苦手な社会不適合者です。

しかし本質を見ると二人の違いは一目瞭然です。恵子が人の目などを全く気にしていないのにたいして、白羽は他人からどう思われているのかということを気にしています。

恵子が人間ではない新たな生物である "コンビニ人間" であるのに対して、白羽は普通の生活を送ることができる人間に憧れているだけという印象があります。

白羽という存在がいるおかげで恵子の異質感がより際立ちますね。



"普通" の人々

『コンビニ人間』に登場する恵子と白羽以外の人物は一見普通に見えますが、彼らは "異物を排除したい" という白羽のセリフで言うと縄文時代からプログラムされている人間の本能にしたがって生きています。

この本能こそが "普通" の人間を気持ち悪く見せる要因となっています。

おかしな存在である恵子や白羽に対して普通の人々はアドバイスをしようとするが、その行動の実態は彼らにとって異常な人間の内側に入り込み自身の異物を排除したいという欲求を達成しようとしているだけです。

社会では個性を尊重することができないということ作者の村田紗耶香さんが強調しているように感じます。

個性を尊重できない社会では恵子のような特別おかしな存在でもない限り、白羽が言うように少数派の人間は人生を他者に強姦されているように感じてしまうでしょう。

また作中で恵子は普通の人々は周りの人の行動と同じ行動をとると言うような発言をしていますがこれも人間の本能で人に嫌われないために同調行動をとろうとしているだけなんでしょうね。



最後に

ここまでご覧になっていただきありがとうございます。

『コンビニ人間』は読む人によってとても後味が悪く感じる作品となってしまうのかもしれませんが、作者の村田紗耶香さんは社会の少数派の人を排除するためにこの作品を書いたのではないと思います。

世の中の多くの人に個性的な人も世の中にはいて個性を尊重するのは悪いことではないと伝えたかったのではないのでしょうか。

『コンビニ人間』を多くの人の手に取ってもらうことでいつか個性を尊重することができる社会になればいいですね。

乾くるみさんの代表作といえば2015年に映画化した『イニシエーションラブ』のイメージが強いと思いますが、それ以外にもおすすめの作品はたくさんあります。

今回は『イニシエーションラブ』以外の乾くるみさんのおすすめ小説を紹介していきます。

乾くるみさんの作品にはミステリー小説が多くどれも面白い作品となっているので、参考にしていただければ幸いです。





1.リピート

もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら?この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて…。

2018年にドラマ化しており、すでにドラマを見た人でもドラマとは少し違った内容で楽しめます。

ミステリー小説としてもSF小説としても楽しめる作品でよくあるタイムトラベル作品とは違った楽しみ方ができます。

衝撃の結末に一度読み終わった後必ずもう一度読みなおしたくなるだろう。





2. セカンド・ラブ

1983年元旦、僕は、会社の先輩から誘われたスキー旅行で、春香と出会った。やがて付き合い始めた僕たちはとても幸せだった。春香とそっくりな女、美奈子が現れるまでは…。清楚な春香と大胆な美奈子、対照的な二人の間で揺れる心。

イニシエーションラブに続く乾くるみさんの恋愛ミステリー小説。イニシエーションラブを読んだことがある人なら絶対にはまります。

最後まで乾くるみさんに騙され続けられるのかそれとも真実を見つけることができるのか、謎解きが楽しめるミステリー小説です。





3. クラリネット症候群

ドレミ…の音が聞こえない?巨乳で童顔、憧れの先輩であるエリちゃんの前でクラリネットが壊れた直後から、僕の耳はおかしくなった。しかも怪事件に巻き込まれ……。僕とエリちゃんの恋、そして事件の行方は?
マリオネット症候群とクラリネット症候群の二編の中編からなっている作品です。

両方の作品に "症候群" という言葉がついていてタイトル通りその不可解な症候群が物語の鍵になっています。

真剣な場面の中に笑いもありのんびりと読める作品となっています。





4. スリープ

テレビ番組の人気リポーター・羽鳥亜里沙は、中学卒業を間近にした二月、冷凍睡眠装置の研究をする“未来科学研究所”を取材するために、つくば市に向かうことになった。撮影の休憩中に、ふと悪戯心から立ち入り禁止の地下五階に迷い込んだ亜里沙は、見てはいけないものを見てしまうのだが。
乾くるみさんの作品の中で最もSF要素が強い作品です。

物語の舞台が30年後の未来ということで現実に近いリアルな近未来を描いている。SF要素とミステリー要素がきれいにマッチしており非常に面白い作品です。

物語の中に仕組まれた数々のしかけに気づくことができるだろうか。





5. セブン

一見シンプルなトランプの数当てゲームが、生死をかけた心理バトルへと変貌する「ラッキーセブン」ほか、時間を何度もワープする男の話――「TLP49」、超ショートショート――「一男去って……」、戦場で捕らえられた兵士の生き残り作戦とは――「ユニーク・ゲーム」などロジカルな企みに満ちた七つの物語。

タイトルがセブンということで本作は数字の7に関係のある7編の短編からできています。

どの物語も短編なのにしっかりと世界観やルールがねられており面白くなっています。

私は7つの短編のなかで木曜の女が一番好きです。オチを知る前と知った後で物語に対する意見が変わる作品でしょう。





最後に

ここまでご覧いただきありがとうございます。

映画化した『イニシエーションラブ』以外の作品も面白いのでぜひ読んでみてください。

みなさんの参考になれば幸いです。

いまさらながらGTX 1060を使ってモナコインをマイニングしてみたのでマイニングの手順をまとめてみました。




モナコイン(MonaCoin)とは

日本初の仮想通貨で国内にファンが多くモナコインで支払いができる店もいくつかあります。

国内取引所であるbitflyerに上場したことで価格が高騰しました。

現在国内の取引所ではbitflyer, bitbank, Zaif で取り扱うことができます。



モナコインマイニングは儲かるのか?

モナコインのマイニングは正直に言うと儲かるかどうか微妙です。

最近ではビットコインの価格の下落と同時にどんどん値段が下がっているためあまりマイニングするのはおすすめできません。

もし今からマイニングするならば将来的な価格高騰に期待をしてマイニングしましょう。(他の草コインも似たような状況)

私は、現状モナコインがどれぐらい掘れるのかが気になったのでしばらくの間マイニングしてみます。



モナコインマイニングの手順

以下でモナコインのマイニング方法を解説します。

今回の記事では
・Windows
・NvidiaのGPUつきのPC
という前提で解説していきます。



1. モナコイン(MonaCoin)のウォレットの作成

まずモナコインを入れておくための財布であるウォレットを作成する必要があります。お金と一緒で仮想通貨でも仮想通貨をしまっておく財布が必要です。

モナコインのウォレットには下記の2種類があります。

・取引所(bitflyer, Zaifなど)のウォレット
・モナコインの公式ウォレット

モナコインの公式ウォレットより取引所のウォレットのほうが簡単に作成できそのまま現金に戻すことも可能なのでおすすめです。

取引所は自分の好みのものを作成しましょう。



2.VIP Poolのアカウントを作成

ウォレットの作成ができたら、次はマイニングプールに登録します。

マイニングプールというのはたくさんの人が集まって共同でマイニングする場所のことです。

マイニングはよほど大規模な環境を用意できる人以外が個人で掘るには限界があるため大抵の人がマイニングプールに参加してマイニングを行います。

今回はモナコインをマイニングできるマイニングプールのVIP Poolを利用して説明します。以下がVIP Poolのリンクになります。

https://vippool.net/

VIP Poolのページに移動すると画面左上にあるGuestからSing Upを選択します。選択すると下記の項目を入力しましょう。

・ユーザ名(自由に)
・パスワード
・Email
・PIN(自由に4桁の数字)

入力が終わり登録をクリックすると入力したメールアドレスにメールが届くのでメールに記載されているリンクをクリックしましょう。

以上でマイニングプールの登録が完了です。



3. ワーカーIDと送付先アドレスの設定

VIP Poolのアカウントが作れたら、ワーカーIDを設定しましょう。

ワーカーIDとは誰がマイニングをしているのか識別するIDです。

先ほど登録したVIP Poolのサイトにログインしましょう。

ログインすると左側にあるアカウントからワーカーをクリックしてWorker NameとWorker Passwordを入力しましょう。複数のPCでマイニングする際はそれぞれのPCを判別できる名前にしておくと後でどのPCがどれぐらい掘れてるか分かって良いです。

mona3


またワーカー設定の際に採掘難易度も自分の環境に応じて設定しましょう。

私の場合GTX 1060 を使用していて26MH/sほどでるので難易度は8にしました。採掘難易度の値についてはVIP Poolのページを参考にしてください。


次に採掘したモナコインを送付するアドレスの設定です。

アカウント編集からを選択して、払い出し先アドレスに先程登録したアドレスを入力するだけです。

mona4





4. CUDA Toolkitをインストール

NvidiaのGPUを使ってモナコインをマイニングするには CUDA Toolkitをインストールする必要があります。すでにインストールされている人もいるかもしれませんが何を言っているのか分からない人やまだの人は下記のURLからダウンロードしてインストールしてください。

https://developer.nvidia.com/cuda-toolkit



5.ccminerのダウンロード

モナコインをGPUマイニングするにはccminerが必要です。

ccminerは下記のページからダウンロードすることができます。

https://askmona.org/9245#res_434

bitzeny_gpu

ダウンロードが完了したら好きな場所に解凍してください。



6. バッチファイル(.bat)の作成

ccminerを使うには拡張子が.batであるバッチファイルを作成する必要があります。

先ほど解凍したccminerのフォルダ内で右クリックして新規テキストファイルを作成そてください。ファイル名は何でも大丈夫です。

このテキストファイルを以下のように書き換えてください。

ccminer.exe -a lyra2v2 -o stratum+tcp://vippool.net:8888 -u ユーザ名.ワーカー名 -p ワーカーパスワード

ユーザ名にはVIP Poolで登録したユーザ名を入力、ワーカー名、ワーカーパスワードは先ほどワーカー設定で登録したワーカー名とパスワードを入力してください。

テキストファイルの書き換えが完了したら拡張子を .bat に変更して保存してください。

以上で設定は完了です。



7.マイニングをしてみる

いよいよモナコインのマイニングを開始しましょう。

先ほど作成したバッチファイルを起動するとマイニングは始まります。

下記の画像のような表示がでてきたらマイニング成功です。

mona2

もしエラー文がでたり、上手く起動しないようでしたらどこかの設定を間違えているのでもう一度確認しましょう。(おそらくバッチファイル。ただマイニングプールのサーバーが停止している可能性もある)



最後に

無事モナコインのマイニングを始めることはできたでしょうか?

私もしばらくマイニングを続けてからどれぐらい採掘できたのかをまたまとめていこうと思います。


DSC_3149


湊かなえさんの新刊『ブロードキャスト』が販売していたので早速購入して読ませていただきました。

前作の『未来』は10周年にふさわしい湊かなえさんらしいイヤミス小説でしたが『ブロードキャスト』は前作とは打って変わって爽やかな学園青春小説です。

湊かなえが10周年にして初めて挑む学園青春小説に読む前からワクワクがとまりませんでした。



湊かなえ『ブロードキャスト』

町田圭祐は中学時代、陸上部に所属し、駅伝で全国大会を目指していたが、3年生の最後の県大会、わずかの差で出場を逃してしまう。その後、陸上の強豪校、青海学院高校に入学した圭祐だったが、ある理由から陸上部に入ることを諦め、同じ中学出身の正也から誘われてなんとなく放送部に入部することに。陸上への未練を感じつつも、正也や同級生の咲楽、先輩女子たちの熱意に触れながら、その面白さに目覚めていく。目標はラジオドラマ部門で全国高校放送コンテストに参加することだったが、政策の方向性を巡って部内で対立が勃発してしまう。果たして圭祐は、新たな「夢」を見つけられるか——。






感想

今までの湊かなえさんの作品とは違い読了後とても爽やかな気分になる作品でした。

青春小説ということで若者の悩みに焦点を当てた作品でしたが、高校生などの学生の中では本作の主人公のように一度挫折を味わってしまったという人が多いのではないのでしょうか。

そうした挫折経験から立ち直れずに困っている人がいるのならば少しでも勇気をもらうためにぜひ本作を読んでもらいたいです。

また本作のテーマとして挫折からの立ち直りの他にいじめをどう考えるのかということを高校生の目線から描かれているいじめについての理解が低い人にはぜひ本作を読んでいじめの実態を少しでも知ってもらいたいです。

作中にでてくるいじめの表現はリアリティがあり中高生が読めば自分の周りでも似たようなことが起きていると共感することができる内容なのではないのでしょうか。


以下ネタバレを含みます。本作を未読の方は読了後に読んでください。



























本作は本当に湊かなえさんらしからぬ爽やかな作品でした。普段の湊かなえさんらしさは少ないけど若者に訴えかけたいテーマが分かりやすく私はとても好きな作品です。

物語の終わりでは圭祐が陸上をできなくなったという挫折から立ち直り正也たちと放送部のコンクールで優勝するという新しい夢を見つけることができてよかったです。

圭祐は陸上ができなくなったことがきっかけで良太との距離が離れてしまいましたが終章でのやりとりを読んでいると今後も親友としてうまくやっていけそうですね。

本作のメインテーマは挫折から立ち直り新しい夢を見つけることだと思いますが私はそれ以上にイジメに対する湊かなえさんのメッセージが印象的でした。今までの作品でもイジメをテーマにしているものはありましたが本作は特にリアリティが高かった気がします。

咲楽が中学時代いじめらていてスマホ恐怖症になってしまったという話をきっかけに正也はラジオドラマである「ケンガイ」を書きあげます。

「ケンガイ」はSNSでいじめにあった人間がケンガイという症状を発症してしまい発症者がいる半径1㎞以内ではケータイが県外になってしまい使用できなくなるという内容です。

「ケンガイ」の作中ではイジメの事実を認めない大人やいじめから救われるには家族や友人からの助けが必要であるということが表現されていました。

正也のラジオドラマに関わったおかげで圭祐が咲楽をイジメる生徒にたいしてイジメを助長するようなSNSのグループに入らないという場面もよかったです。イジメが起きているクラスで圭祐や圭祐を助けた堀江、委員長のような存在があればSNSイジメは軽減するんでしょうね。

本作を読んで自分の周りでイジメが起きている人がいれば一人では勇気はでないかもしれないが、仲間とともに圭祐のようにイジメに対して立ち上がってほしいです。また自分の友人がイジメられていたら自分もイジメる側にまわるのではなく友人を支えてほしいです。


ところでみなさんは本作でどの登場人物が好きですか?

どの登場人物も魅力的なんですが私は陸上部の顧問である村岡先生と原島先生が好きです。

湊かなえさんの作品にでてくる教師はだいたいはダークな一面を持っている人物が多いのですが『ブロードキャスト』の教師陣はそんなことがなく素直に好感がもてます。

村岡先生は、序章を読んだだけでは単なる熱血教師で自分に酔っているのでは…というイメージがありましたが終章でそんなことはなかったということが分かります。

圭祐と村岡先生のインタビューシーンは感動的でした。村岡先生は自分が犯した選手生命を失うという失敗を良太にしてもらわないために生徒に恨まれようが良太の選手生命を優先しました。

これを知ったとき、序章を読んだときの私はなんて愚かだったんだと後悔してしまいました。

原島先生も事故で陸上ができなくなった圭祐にもう一度陸上をやらないかと問いかける場面があります。もし圭祐が正也と放送部で作品を作る良さに気が付かなければきっとこの原島先生の言葉に救われたのでしょう。

また教師陣で登場が少ない放送部の顧問である秋山先生も私は嫌いではありません。読む人によってはこんな顧問嫌だなと思う人がいるのではないかと思いますが、私は新米教師は忙しいだろうし全国に行かなければならないというプレッシャーがあるせいで部活に積極的になれないという気持ちが分かります。

ただ今後、自分の行動を反省し忙しいながらも部活の顧問として生徒と一緒に成長していくのでないのだろうか。


感想を書こうと思えばまだまだ書きたいことがありますがここらで筆を置かせていただきます。本作でも書かれていましたが物語の捉え方は人によって違うと思うので皆さんの感想を教えていただければ嬉しいです。好きな登場人物なども聞いてみたいな。



最後に

『ブロードキャスト』は本当に爽やかな青春小説で湊かなえさんのこういった作品も今後も読んでみたいですね。

爽やかな本作を読んで湊かなえさん要素が物足りないと思う方は前作の未来を読んでみてはいかがでしょうか?


DSC_3147


住野よるさんの『また同じ夢を見ていた』が文庫化されていたので読んでみました。

『また、同じ夢を見ていた』は住野よるさんの2作目の小説で『君の膵臓をたべたい』の次の作品となっています。

まだ『君の膵臓をたべたい』しか読んだことがない私としては刊行順に住野よるさんの作品を読んでいきたいな。



住野よる『また、同じ夢を見ていた』

「人生とは和風の朝ごはんみたいなものなのよ」小柳奈ノ花は「人生とは~」が口癖のちょっとおませな女の子。ある日、彼女は草むらで一匹の猫に出会う。そしてその出会いは、とても格好いい"アバズレさん"、手首に傷がある"南さん"といった、様々な過去を持つ女性たちとの不思議な出会いに繋がっていき—。大ベストセラー青春小説『君の膵臓をたべたい』の住野よるが贈る、幸せな物語。





感想

『君の膵臓をたべたい』とはまた違う住野よるさんの独特な世界観が広がっていてとても面白い作品でした。

一度読み終わった後、気になる箇所がいくつかありすぐにもう一度読み直してしまいました。読めば読むほど味がでてくるまるでするめのような作品です。

複数回読むことで一度読んだだけでは気づくことのできなかった真実にたどりつけるでしょう。

この作品は「幸せとは何か?」という疑問をひも解く物語ですが、一度だけではなく二度以上読むことで南さん、アバズレさん、おばあさん、小柳奈ノ花自身の幸せを見つけることができます。

また小柳奈ノ花の「人生とは~」から始まる口癖も少しませてみたい年頃の奈ノ花自身を表現できていて、なおかつそれだけではなく言葉の意味を考えると深い言葉になっているのも良かったです。

物語中でたびたび奈ノ花が歌う「三百六十五歩のマーチ歌」も本作のテーマにあっていました。


以下ネタバレを含みます。本作を未読の方はぜひ作品を読んでから見てください。























物語の序盤では、奈ノ花、南さん、アバズレさん、おばあちゃんの四人が同一人物であるということに全く気が付きませんでした。

私は、南さんがいなくなる場面でやっとこの四人が同一人物だったということに気が付きました。

南さんがいなくなる前に奈ノ花に「人生とは、自分で書いた物語だ。推敲と添削、自分次第でハッピーエンドに書きかえられる」というセリフを残しました。

このセリフで人生のある場面で間違った選択をしてしまった奈ノ花が小学生の奈ノ花自身にターニングポイントでミスを犯さないためのアドバイスをしに来てくれていたのだと分かりました。


南さん

南さんは授業参観に来れなかった親に対して酷い言葉を投げかけてしまい、その後親が事故で亡くなってしまったため謝る機会が一生来なかった奈ノ花です。

南さんは、謝らないまま両親がなくなったことを悔いてリストカットをしてしまいます。

南さんが小学生の奈ノ花に親にどんなことがあってもしっかりと謝るようにしろということを教えてくれたおかげで、小学生の奈ノ花は親に謝ることができ南さんとは別の世界線の奈ノ花として生活を送ることができます。


南さんにとっての幸せの答えは「自分がここにいていいって認めてもらうことだ」です。

両親を亡くし孤児になった南さんは、自分を認めてくれる存在がいなくなったのでそれを取り戻したかったのでしょう。


アバズレさん

アバズレさんは桐生君のお父さんがスーパーで泥棒をしたことをきっかけに、クラスメイトと喧嘩し、無視されるようになってしまった後関係を修復できなかった奈ノ花です。

クラスメイトと喧嘩した後の奈ノ花はアバズレさんに「誰とも関わらずに生きていく」と相談しに行きますがアバズレさんは奈ノ花が今後一人で生きていくとどういう道をたどるのかが分かっているため「それは駄目」と反対します。

アバズレさんが奈ノ花に人と関われば奈ノ花とアバズレさんのような素敵な出会いが起こることがあるかもしれないということを教えたおかげで、奈ノ花は一人で生きていくのではなくもう一度桐生君のもとを訪れて一人ぼっちではない人生を選択します。


アバズレさんが考える幸せの答えは「誰かのことを真剣に考えられるということだ」です。

他人と関わることがなくなったアバズレさんは色々なものを失ってただ奈ノ花と出会ったおかげで誰かと一緒に過ごすことの幸せさを思い出したのでしょう。



おばあちゃん

おばあちゃんは、桐生君と向き合うことはできたが関係を修復できずに傷つけたことをずっと後悔しているなのかです。おばあちゃんは桐生君とは恋愛関係にはなることができませんでした。

おばあちゃんのアドバイスを聞いたおかげで小学生の奈ノ花は桐生君との関係を修復することができ、桐生君にとっての幸せとは何であるのかを聞くことができます。

桐生君の『僕の幸せは、僕の絵を好きだって言ってくれる友達が、隣の席に座っていることです。』というセリフを隣の席で聞けて幸せにならない人なんていなさそうですね。


おばあちゃんの考える幸せは「今、私は幸せだったって、言えるってことだ。」です。人生を長く生きていたおばあちゃんだからこそ気が付くことができる幸せのこたえですね。

ところで、おばあちゃんいつ奈ノ花が自分自身であると気が付いたのだろう?



奈ノ花

最終章でいままでの物語は奈ノ花が見ていた夢であると分かります。奈ノ花は南さん、アバズレさん、おばあちゃんの三人のアドバイスのおかげで幸せな人生を歩むことができました。

奈ノ花の考える幸せは、「幸せとは、自分が嬉しく感じたり楽しく感じたり、大切な人を大事にしたり、自分のことを大事にしたり、そういった行動や言葉を、自分の意志で選べることです。」というものです。

三人の幸せをまとめた奈ノ花らしい素晴らしい幸せの答えですね。



最後に

本当に素晴らしい作品でした。多くの若い人にこの作品を読んでもらいたいですね。

『また、同じ夢を見ていた』を読んであなた自身の幸せを見つけることができましたか?

もし見つけられなかった人はゆっくりでもいいので奈ノ花のように素敵な自分だけの幸せの答えを見つけてください。



久しぶりに住野よるさんの作品を読みましたがやっぱり面白かったです。まだ読んでいない作品を読む前に『君の膵臓をたべたい』を久しぶりに読み返そうかな。



2018年9月5日からPUBGのテストサーバーでトレーニングモードが実装されたので少し触ってみました。

ずっとエイム練習をするモードがほしいと思っていたのでとても嬉しいです。



トレーニングモードの概要

トレーニングモードは下の画像のような2×2のマップでPUBGに必要な要素である射撃の練習、運転の練習、当的武器の練習など様々な要素の練習を行うことができるモードです。

1セッションに20名まで参加が可能で最大プレイ時間は30分です。

トレーニング中プレイヤーが志望することはなく、ダメージは受けるが必ずHPが1残るようになっています。

pubg2



トレーニングモードの始め方

PUBG Test Serverを起動して画面左隅にあるTRAININGをクリックするとトレーニングモードを始めることができます。

テストサーバーにはASサバとNAサバがありますが基本的にNAサバのほうが接続しやすいイメージがあります。

PUBG1



色々触ってみた

トレーニングモードで色々触ってみました。

まずは射撃練習をするために武器を調達です。

武器や弾は無限わきなため他プレイヤーと取り合う必要がありません。普段中々お目にかかれない武器や15スコなども使えて楽しい。

pubg3


射撃演習場も近距離から遠距離まで複数の演習場が用意されています。

遠距離用の射撃場では横に的までの距離がのっているため長距離スナイプの練習をするのにも最適です。

的に当たると分かりやすい演出があるのも良い。

pubg5


pubg4


射撃演習の後はグレネードなどの当的武器を練習。

窓に投げ入れる練習をしたり、グレネードのピンを外すタイミングの練習ができたりしました。複数練習場があるので他プレイヤーとの取り合いも起きません。

pubg6

その後は、マップを色々と散策。

サーキットがあったりして、もしトレーニングモードが友人とできるようになった場合レースをして遊ぶことができるなど違う楽しみ方も見出せそうです。

pubg7

また補給物資も落下してくるみたいで中身を見に行ってきましたが、物資が無限わきのこのマップでは補給物資をわざわざ取りに行くうまみはありませんね。

pubg8


この他にもマップ各地にある管制室のような場所に行くとパラシュートの練習ができるため着陸の練習をしたい人にもこのトレーニングモードはおすすめできます。

pubg9

pubg10



最後に

トレーニングモードをプレイしてみると意外と面白く30分があっという間に終わってしまいました。

まだテストサーバーでしかプレイすることができませんが早く本実装されてほしいモードですね。

本実装されるまでにマルチプレイでも遊べるようになったら練習の幅が広がりそうなので実装されないかな。

皆さんもぜひトレーニングモードで遊んでみてください。

2018年8月30日からSteamでアーリーアクセスがスタートした『SCUM』の序盤の進め方について解説します。

まだ日本語化が実装されていないためどう進めたらよいのか分からない人が多いのではないのでしょうか。そんな中本記事では、最低限必要な装備であるバッグと武器をつくる方法を解説していきます。


バッグ(Improvised Courier Backpack)の作り方


バッグは慣れた人であればゲームを開始してからおよそ1分で作ることができます。

1.Stone Knifeを作る。

まずStone Knifeを作るために石(Small Stone)を二つ集める必要があります。

石はどこでもよいので地面を見ながらFキーを押すと手に入れることができます。しっかり地面の方向を向かないとFキーを押しても意味がないので気をつけてください。

Small Stoneが二つ以上見つかったらTabキーを押してインベントリを開きCRAFTINGのページを開いてください。

下の画像のように右上にあるStone Knifeを選択して右下のCRAFTをクリックすると作成することができます。

SCUM1


SCUMではクラフトしたものは地面に置かれるため、Stone Knifeをクラフトした後に拾うのを忘れないようにしましょう。


2.囚人服を破いてRagsを手に入れる。

次に先ほどクラフトしたStone Knifeで囚人服を破いてRagsを手に入れます。

囚人服は下の画像のようにインベントリにある自分の着ている服を右クリックするとCut Into Ragsと出てくるのでそれをクリックすると破くことができます。上下とも破きましょう。

SCUM2


3.Ragsを更に破いてRag Stripesを手に入れる。

先ほど服を破いた手順と同じようにRagsを右クリックするとCut Into Rag Strioesと表示されるのでそれをクリックするとRag Stripesを手に入れることができます。

次の手順で作成するImprovised Ropeを作るのにRag Stripesは5つ必要なので5つになるまで破きましょう。(Ragsも3つ必要なので破きすぎないようにしましょう)


4.Improvised Ropeを作る。

次に先ほど集めたRagsとRag Stripesを使ってImprovised Ropeを作ります。

最初にStone Knifeを作ったのと同じ要領でクラフトすることができます。

下の画像の黄色い枠で囲まれたものがImprovised Ropeです。

SCUM3


5.バッグ(Improvised Courier Backpack)の完成。

最後にImprovised Courier Backpackをクラフトするとバッグの完成です。

下の画像の黄色い枠で囲まれたものがImprovised Courier Backpackです。

SCUM4


序盤に作れるのもなので容量は小さいですがサイズの大きなものも少しアイテムを集めると作れるようになります。



石の槍(Improvised Stone Spear)の作り方

バッグを作ったら次はゾンビと戦うための武器を作りましょう。ゾンビは素手でも倒すことはできますが時間がかかるため最も簡単に作れる石の槍を作っておきましょう。

1.StoneかSmall Stoneを二つ集める。

先ほどバッグを作った時と同じ要領でStoneかSmall Stoneを2つ集めます。


2.木を切る。

木の前に立つとしたの画像のようにCutと表示されるのでFキーをおすと木をきることができます。(木を切るのにはStone Knifeが必要です。)

SCUM5


3.ロープを作る。

木を切ったら切ったことで手に入るSmall Wooden Stickを使ってTree Bark Ropeをクラフトします、

Tree Bark Ropeを作るにはSmall Wooden Stickが5つ必要です。

SCUM6


4.石の槍(Improvised Stone Spear)を作る。

石の槍(Improvised Stone Spear)を作るための道具がそろったのであとはクラフトするだけです。

石の槍(Improvised Stone Spear)をクラフトするのには上記で用意したアイテムの他にLong Wooden Stickが必要なので先ほど木を切ったさいに手に入らなかった場合は別の木をり切りに行きましょう。

SCUM7




最後に

以上で冒険に必要な最低限の道具を手に入れることができました。

クラフトの容量もつかめたと思うのであとは、色々なものをクラフトしてみたり町に出かけて武器を集めたりなど自分のしたいプレイをしていってください。

DSC_3145


三秋縋さんの『君の話』を読んだので感想を書いていきます。

三秋縋さんの作品は『三日間の幸福』しか読んだことがありませんが、『君の話』は初版がすぐに完売しその後重版をつづけているという人気作であるため読む前から期待が高まっていました。

表紙のイラストも美しく紺野真弓さんのファンになりそうです。


三秋縋『君の話』



二十歳の夏、僕は一度も出会ったことのない女の子と再会した。架空の青春時代、架空の夏、架空の幼馴染。夏凪灯花は記憶改変技術によって僕の脳に植えつけられた<義億>の中だけの存在であり、実在しない人物のはずだった。「君は、色んなことを忘れてるんだよ」と彼女は寂しげに笑う。「でもね、それは多分、忘れる必要があったからなの」
これは恋の話だ。その恋は、出会う前から続いていて、始まる前に終わっていた。



感想

読み終わった直後の感想は、夏が終わってほしくないと思いました。夏がいつまでも続けば感動的な本作をいつまでも楽しむことができるのに…。

物語の終盤では主人公に感情移入してしまい涙がとまりませんでした。小説を読んでここまで泣いたのは久しぶりだと思うぐらい泣いてしまいました。喫茶店で読んでいたため周りの人には変な人に見えただろうな。

『君の話』は、三秋縋さんの作品を読んだことがない人でも恋愛小説や恋愛ドラマが好きな人ならば楽しめる作品となっています。また三秋縋さんの文章の特徴として物語上で難しい言葉が出てきても解説などがはいるため読みやすい作品となっています。


以下ネタバレを含みますので本作をまだ読んでいない人は物語を楽しんでから読んでください。





















もし現実で記憶改変技術が実現しており自分の記憶の中に<義億>を植え付けることができるとするのならばあなたは義億を植え付けたいと思いますか?

私は、植え付けてみたいです。植え付けてみたいといっても、本作の主人公である天谷千尋の両親のように義億が生活の中心となってしまうほど義億に溺れたくはありません。

ただ自分に自信をつけるための成功体験や自分が昔やり残したことに近い義億を新たに手に入れることができるのならばほしいです。


<義億>というテーマについて

本作のテーマである<義億>はとても面白い題材思います。義億は、同じものであったとしても人によって良いものになったり悪いものになったりするものでしょう。天谷と灯火が同じ義億を持っているのにそれぞれその義億に対する考えが違うのが良い例です。

天谷千尋は、これまでの虚無であった人生の記憶を消すレーテを処方したつもりが実はグリーングリーンを処方させられており、自分が望んでいない義億を手に入れてしまいます。

最初のうちは天谷にとってグリーングリーンの義億は悪いものでしたが、ある夏の日に架空の存在しないはずの少女にであったことをきっかけに義億に対する考え方が少しずつ変化していきます。

一方、天谷に処方したグリーングリーン(正確にはボーイミーツガール)を作成した夏凪灯花(本名じゃないけど)にとってこの義億は小さいときから自分が憧れていた幼馴染との生活を義億化したものであり灯火にとっては理想的なものでした。

片方が良い思いを持っているのにもう片方が悪い思いを持っているということは、現実の記憶にもありそうですね。『君の話』が現実には存在しない<義億>というものを取扱っているのに現実の話であるように感じるのは、義億と記憶は変わらないものであるということを綺麗に表現できているからだと私は思います。



天谷と灯花の嘘

天谷と灯花は、二人が普通に生きていれば出会うことのない関係でした。灯花の嘘から作られた義億をきっかけに二人の関係は進んでいきます。

基本的に嘘をつくことはあまり良いことではないと思いますが、灯花と天谷がお互いについていた嘘は悪い嘘ではなく優しい嘘であるためこういった嘘であるのならばありなのかもしれません。

誰もがこんな嘘であるならば自分も騙されてみたいと思うのではないのでしょうか。



最後に

『君の話』は読了後、本当に読んで良かったなという作品になりました。ここまで本記事を
読んでくださった人の中でまだ本作を読んでいない人はぜひ読んでください。

今考えたら<義億>って小説などの物語に似ている気がしますね。私たちは記憶改変技術がないかわりに物語を読むことで自分にはない経験をして新しい義億を作り出しているのかもしれませんね。

三秋縋さんの作品はとても面白かったのでこれを機会に次は『恋する寄生虫』とか読んでみようかな。



以前友人に茶葉を頂いてから紅茶にすっかりはまってしまったとしおです。

最近、暖かい紅茶も美味しいけど夏なので冷たい紅茶を飲みたいと思いAmazonで水出しができるポットを購入しました。

購入したポットは『HARIO (ハリオ) かご網付き 水出し 茶 ポット 1,200ml ダークグリーン HCC-12DG』です。


700ml のモデルと1200ml のモデルがあったのですが値段があまり変わらなかったため大容量のものを購入しました。たった1000円で買えたのですごくお得な気分です。

DSC_3142


箱から出すとパッケージ通りの見た目です。


DSC_3143

かごを見てみると網目が細かいためポットに茶葉がこぼれる心配がなさそうです。

買ってから知ったのですがポットが耐熱容器になっているため水出しだけでなくお湯出しもできるみたいです。

せっかくですし、さっそくお茶を入れてみました!

DSC_3125


以前購入したナツコイを入れてみたのですがいい感じです。

籠が細かいため茶葉がポットにこぼれているということもありませんでした。

この商品にはとても満足したのですが一点だけ不満点がありました。

それは注ぎ口を完全に閉じることができないということです。そのため、もしかしたらうっかりこぼしてしまうという事態が起きそうな気がします。

1000円の商品のためそこまで贅沢を言うのはわがままなのかな…。

ただ、それ以外の点では満足しているのでハリオのポッドを購入してよかったです。

皆さんもぜひ本製品を購入して夏のティータイムを気持ちよく過ごしてみてはどうでしょうか。



おまけ

おまけで水出しの方法を説明します。


水出しの手順

水出しをすることで紅茶を渋みの少ない飲みやすい味にすることができます。香りのよいフレーバードティーにおすすめの方法です。

①ポットに茶葉と水を入れます。茶葉は種類にもよりますが200mlに対して3gほど。

②冷蔵庫にいれて8~10時間ほど待ちます。

③茶葉を取り出して完成です。

自家製の紅茶は衛生のために、1日以内に飲むようにしましょう。長くても2日以内には絶対に飲んだほうがいいです。

↑このページのトップヘ