としおの読書生活

田舎に住む大学院生であるとしおの読書記録を綴ります。主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にも旅行やパソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

辻村深月『噛みあわない会話と、ある過去について』

辻村深月さんの本屋大賞受賞後第一作がついに発売されました!『噛みあわない会話と、ある過去について』は短編四作が収録されている。本書の帯裏に「救われるか後悔するかは、あなた次第。」と書かれているが、本書を読み終わった人ならばこの言葉が本書を表現するのに最適  …記事を読む

喜多喜久『ラブ・ケミストリー』- 東大農学部で巻き起こる恋愛ミステリー。喜多喜久さんのデビュー作。

第9回「このミス」大賞受賞作かつ喜多喜久さんのデビュー作。『科学探偵Mr.キュリー』などの喜多喜久さんの作品が好きで『ラブ・ケミストリー』をまだ読んでいないならすぐに読んでほしい。化学と恋がおりなす恋愛ミステリー!喜多喜久『ラブ・ケミストリー』ラブ・ケミス  …記事を読む

辻村深月『家族シアター』- 家族の絆を思い出すことができる心温まる物語

本屋大賞2018を獲得した辻村深月さんの作品を紹介します。最初はなんとなく短編が読みたいということで手に取った『家族シアター』でしたが、読み終わったあとはこの本を選んでよかったと思いました。みなさんは、最近忙しく家族と交流する時間が減ったりしていませんか。そ  …記事を読む

災害が起きてからでは遅い!防災グッズ早めの準備

2018年6月18月には群馬、2018年6月19日には大阪で地震が起きました。近年、地震が増えており日本に住んでいる限りいつ自分が被害にあうか分かりません。大阪の友人の話を聞いていると防災グッズを用意していないから不安であるなどの声を聞きました。本記事では、2016年に大  …記事を読む

CPUでマイニングできるビットゼニー(BitZeny)をマイニングしてみた

CPUでマイニングできる仮想通貨はいくつかありましたが今人気のあるビットゼニー(BitZeny)を採掘することにしました。ビットゼニー(BitZeny)のVer2.01のマイニングの始め方をまとめているサイトがなかったので、ビットゼニー(BitZeny)のマイニングの採掘方法の手順をま  …記事を読む

早瀬耕『グリフォンズ・ガーデン』- 世界の在り方について考えさせられるSF小説

早瀬耕さんのデビュー作である『グリフォンズ・ガーデン』を読みました。『プラネタリウムの外側』を読んだことから他の作品が気になり本作を読みましたが、1992年に書かれたと思えないぐらい内容が先進的でした。世界の不思議や在り方について考えさせられる一冊です。早瀬  …記事を読む

柳瀬みちる『明日、君が花と散っても』- 少年と少女の関係に涙が止まらなくなる、純愛ミステリ

「明日、世界が終るとしたら、あなたは誰を愛しますか?」この帯を見て、自分なら誰を愛するのかを考えるために読むべきだと思った、柳瀬みちるさんの『明日、君が花と散っても』。戦争によりほとんどの人類が死に絶えた世界の中で生きる少年と少女の切ない恋に目が離せない  …記事を読む

藤石波矢『時は止まったふりをして』

藤石波矢さんの『時は止まったふりをして』を紹介します。藤石波矢さんは、2014年に『初恋は坂道の先へ』でダ・ヴィンチ「本の物語」大賞の大賞を受賞してデビューしました。2017年にはデビューからわずか4年で「今からあなたを脅迫します」がドラマ化しており、今をときめ  …記事を読む

石黒浩『ロボットとは何か』- アンドロイドの研究は人間を知る近道

今回は石黒浩さんの『ロボットとは何か』を読んだので紹介します。この本は自分そっくりのアンドロイドであるジェミノイドやマツコさんそっくりのロボットであるマツコロイドを用いて研究を行っている大阪大学の教授である石黒浩先生が書いたものです。アンドロイドやロボッ  …記事を読む

湊かなえ『豆の上で眠る』

今回は、湊かなえさんの『豆の上で眠る』を紹介していきます。湊かなえさんといえば衝撃の結末の作品を書くことが多いことで有名ですが、本作も結末に驚かされる作品となっております。湊かなえ『豆の上で眠る』豆の上で眠る (新潮文庫)posted with ヨメレバ湊 かなえ 新潮  …記事を読む

↑このページのトップヘ