としおの読書生活

田舎に住む社会人の読書記録を綴ります。 主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にもワイン、紅茶、パソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

IMG_20200711_170405


喜多喜久さんの『ビギナーズ・ラボ』を読みました。

本書は研究者ってかっこいいなと感じさせられる本でした。

以下、あらすじと感想を書いていきます。



【目次】
あらすじ
感想
最後に




『ビギナーズ・ラボ』のあらすじ


主人公は旭日製薬で総務として働く水田恵輔。

休日に祖父がいる老人ホームに訪れた際、千夏に出会い恋に落ちる。しかし、彼女は治療薬が存在しない難病、「ラルフ病」に侵されていた。

恵輔は千夏を救いたい一心で、創薬素人でありながら、ラルフ病の治療薬を開発するという無謀な挑戦を始める。

恵輔はラルフ病の治療薬を完成させることができるのか…。



感想(ネタバレあり)


『ビギナーズ・ラボ』を読んで主人公である恵輔の好きな人を救うためにラルフ病の治療薬を作りたいという想いに感動させられました。

老人ホームで出会った千夏に恋をしたことをきっけに、今までと全く違う仕事である創薬に挑戦しようという志がすごくかっこよかったです。

普通の人なら誰かが作ってくれるだろうと考えて、自分で創薬すればいいなんでいう考えが出てこないんだろうな。

もちろん恵輔のようにやる気を持っているだけで成功する可能性があるかどうかは分かりませんが、誰かのために何かを作りたいという強い意志を持って仕事をすることってすごく大切だと感じました。

また、やる気を維持するためにはそのものを作ることで誰が喜ぶかという、喜ぶ対象を具体的に考えることも大切であると学びました。

本書を参考に私もお金のために機械的に仕事をするのではなく、自分の仕事をすることで誰かの役に立つということを意識しながら働いていきたいです。



本書を読むことで製薬の現場がどんな感じなのかを知ることができたのも良かったです(製薬現場の人からしたら全然違うよという意見もあるかもしれないが…)。

また、『ビギナーズラボ』をとおして会社で研究を行うということは慈善事業ではないということを改めて理解しました。

創薬も費用が掛からず慈善事業で行うことができるのなら、患者数が少ない病気に対する治療薬を開発する会社も増えるのかもしれません。

しかし、会社として生きていくためには儲けることが大切なので糖尿病のような患者数が多い病気の治療薬を優先して開発していくことが大切なんだろうな。

企業の研究者として生きている人たちはこういったジレンマにとらわれてすごく大変そうですね。

ただ、近年は希少疾患に関する薬を作ることで儲かるような仕組みもできているみたいなので以前よりもましなのかな(希少疾患の治療薬は高価なので患者側に負担がかかるという欠点はあるが…)。





最後に


現在、新型コロナウイルスが世界中で流行っているが、製薬現場の人たちは少しでも早く治療薬を完成させるために『ビギナーズ・ラボ』に出てきたような苦労をしているのだろう。

そんな今だからこそぜひ製薬現場の苦労を知ることができる本書をぜひ読んでもらいたいです。







DSC_3791


まもなく映画が公開される、西加奈子さんの『まく子』が文庫化されたので読んでみました。

読み始めは自分にはあまり会わない本かと思ったのですが、主人公である慧の思いを理解していくにつれてどんどん引き込まれていってしまいました。

西加奈子さんの作品をいくつか読んでいるのですが、やっぱりどの作品を読んでも心理描写が上手だと思わされる作家さんですね。

以下、簡単に感想をまとめていきます。ネタバレも含まれますので未読の方は注意してください。


西加奈子『まく子』の感想


大人になると失ってしまうもの


主人公の慧は、小学五年生になり子どもと大人の狭間にいる少年で、周りの女子や自分の体が変化していくことを感じて大人になっていくことを恐れています。

ただ大人になるのを恐れている反面、自分より年下の子どもを子どもっぽいと思ったり、すでに年齢的には大人であるにに大人になりきれていないドノを軽蔑していたりと大人になり切れないのも嫌だと思いを持っています。

本作は、そんな慧の子どもから大人に変化するまでの心理をうまく描いている作品で、子どもから大人になる際に「純粋な気持ち」を失ってしまうことがいくつか描かれていました。

純粋な気持ちの一つに「人を信じる気持ち」があります。

まだ小学1年生だったころの慧たちは、一つ年上の類(ルイ)の言ったこと(UFOを見たなど)を何でも信じていました。しかしある日、類の言っていることは嘘ばかりだと気が付いてしまいます。その日を境に慧たちは誰も類の言うことを信じなくなると同時に「人を信じる気持ち」を失いました。

もちろん、大人になり社会にでると全ての人間を信用するわけにはいきません。ただそれでも、人を信じる気持ちというのは失っていいものなのでしょうか。

物語中のドノのセリフに以下のようなものがあります。
「誰かが言うことを、俺は信じるし。それは嘘だって責める前に、どうせ嘘なんだしとかじゃなくって、俺は言葉通り、そのまま受け止めたいんだし。類が虎を見たって言うなら、それを信じるし、状況なんて関係ないし。そいつがそう信じてほしいことを、俺はし、信じるし。」
 西加奈子『まく子』p177 より
ドノは大人になり切れない反面、人を信じる純粋な気持ちを失っていませんでした。大人になり物事を合理的に考えるもの大切かもしれませんがこのようなことを忘れずに成長するのも大切なのかもしれません。

『まく子』を読んだことで失っていた様々なものを思い出せた気がします。




コズエの正体


コズエの正体は最終的に本当に宇宙人であるということが分かりました。

転校してきたしばらく後に慧に「私は宇宙人だ」とつげたコズエの正体ですが、私も物語序盤では慧とどうように冗談で宇宙人と言っているだけだと思っていましたが、物語が進むにつれて少しずつ本当に宇宙人かもしれないと思わされました。

物語序盤ではほとんど無表情であったのに、物語が進むと笑ったりする喜びの感情が芽生えてきました。その結果、いつも常盤城で行っている撒く行為の楽しさを慧に語ったりして人間らしさが増すのを感じさせられました。どんどん人間らしくなる様子が逆に不自然に感じて、宇宙人かもしれないという疑念を持たせます。

また周りの子どもたちがどんどん大人びていくのに対して、コズエはどんどん純粋さを取り戻して子どもに近づいて行っているような感じがしました。西加奈子さんがこういうことを意識して書いたのかは分からないが、こういった様子が人間になりたての宇宙人だという話に真実味を持たせました。

コズエは宇宙に帰る前も、常盤城で砂利を撒くように、自分という存在がいたことを忘れさせないため自身の魂を撒いていきました。本当に『まく子』というタイトルにマッチしている少女でした。


放火犯の正体


作中では、放火犯の候補としてドノや慧の父の浮気相手だったチカがいましたが、本当の犯人はコズエが去った後に慧と同じクラスに転入してきたソラでした。

ソラは母の希望により引っ越すことになりましたが、同級生と別れるのが嫌で引っ越し先で家事が起きれば引っ越しが中止になると考え、祭りの日に慧たちの住んでいる土地に訪れたときに放火を行いました。結果的に引っ越しは中止にはなりませんでしたが、慧たちならコズエと出会った経験を活かしてソラに引っ越してきて良かったという思いを芽生えさせることができるでしょう。



最後に


『まく子』はこのブログでは語り切れないほどの魅力いっぱいの作品なので未読の方は読んでみてください。

もうすぐ映画が公開されますが、小説との違いを確認するために見に行けそうだったら行きたいな…。



DSC_3787


池井戸潤さんの下町ロケットシリーズの第二弾となる『下町ロケット2 ガウディ計画』を読みました。ガウディ計画も前作以上に面白かったです。

シリーズものとなると、第一弾が最も面白くその後失速していく作品が多いイメージがあるのですが、池井戸潤さんの作品はシリーズものでもそういうことが起きず、逆にシリーズを重ねていく毎にパワーアップするという印象があります。

以下感想を書いていきます。ネタバレもあるので未読の方はご注意ください。


『下町ロケット ガウディ計画』の感想

佃製作所 VS サヤマ製作所


前作では佃製作所の敵は大企業のみでしたが、こんさくでは打って変わって、佃製作所と同じ中小企業である「サヤマ製作所」がライバルとして出現しました。サヤマ製作所の社長の椎名が二代目であるため、佃製作所と被っている面もあるので王道のライバルという感じがします。

しかしただの王道のライバル展開というわけではありませんでした。どちらがより良い製品を作るかだけで競っているのならば王道なんですが、椎名は佃と違いNASA時代の人脈や経験を活かして大企業への裏回しを上手くこなしていくなかなかの野心家です。

物語冒頭で、一度は日本クラインから佃製作所が人工心臓のバルブの設計を量産前提で受けたのですが、椎名の根回しがありその仕事は結局サヤマ製作所に盗られてしまいます。また、新規開拓の仕事だけではなく、前作で帝国重工に納品したロケットのバルブの更新時期が近いということでその仕事も奪ってやろうと裏で手をまわしていきます。

また椎名は佃製作所から仕事を盗るだけではなく、バルブの設計者として佃製作所で若手の有望株である中里を引き抜いてしまいます。佃航平にとって仕事を盗られたこと以上に部下を引き抜かれたことが屈辱的でした。

これまでの様子から考えると椎名が率いるサヤマ製作所には穴がないように思えますが、そんなサヤマ製作所にも隙がありました。それはベンチャー気質であるがゆえの部下との結びつきの弱さです。

椎名は仕事ができる人間には手厚い待遇をもうけるが、できない人間には厳しかったこともありけっきょく部下からサヤマ製作所の不正がもれてしまいます。まあ、部下から漏れる以前に不正をするのはどうかと思うのですが、椎名の野心家であるからこそ起きたことのような気がしますね。

最終的に、佃製作所は、一度は帝国重工のロケットバルブの仕事を盗られてしまいますが、無事取り戻すことができました。

世の中、真面目な人間が馬鹿を見るような世界かもしれませんが、本書では真面目にものづくりに取り組んでいた人間がいつかは報われるということが証明されました。

実際の仕事の世界でも佃製作所の人々のように真摯にものづくりをしている人間ばかりになってほしいですね。




人の命を救うものづくりの力


私は本書のテーマの一つに「人の命を救うものづくり」というものがあると思います。

本作ではロケットに関する話も出てくるのですが、それ以上に人工心臓や人工弁といった医療機器の開発が物語のメインとなっています。

立花と加納が血栓が詰まりにくい人工弁のために新型バルブを開発しようとしますが、最初はなかなか上手くいきませんでした。悩んだ二人は実際に医療現場に足を運び人工弁を必要とする子どもを見たり、手術の様子を見ることで新たなヒントややる気を取り戻しました。

また、ともに開発している桜田や一村も会社の利益や自分の名声のためではなく、病気で苦しんでいる子どもを救いたいという思いのみで開発を続けていきます。

最終的には血栓が詰まりにくいという問題だけではなく、人工弁をつけやすいように改良したことで手術時間を短縮することができ、子どもの体にも負担がかかりにくい人工弁の開発に成功しました。

もちろん会社が利益なしで仕事を行うというのがきれいごとなのは分かりますが、日本の社会でも本書のように行動に移すことができれば多くの人間を救うことのできる医療機器を開発できるのかもしれません。

ガウディ計画では、日本クラインの社員やアジア医療大学の貴船教授も自分たちの富や名声のために新型の人工心臓を開発しようとしてきました。ですが最終的に、なぜ自分が医療にたずさわりたいと思ったのか、それは多くの人を救うためだという真の医療にかける思いを取り戻すことができました。

法律など色々な問題があるかもしれまえんが人の命を救うことのできる人や道具が現実世界でも今よりさらに増えるといいですね。



最後に


ガウディ計画がすごくおもしろかったので次の『下町ロケット ゴースト』を読むのが楽しみです。またドラマもすごく面白いみたいなので原作と比べる意味もこめて見てみようかな。

まだ本書を読んでない方はぜひ一度お手に取ってみてください。




DSC_3783


バレンタインデーということでチョコが関係する物語を読みたいと思い藤野恵美さんの『ショコラティエ』を読んだので感想をまとめます。ネタバレもありますので未読の方は注意してください・

最初は高級チョコのパッケージのようなデザインの表紙に惹かれて、あまり内容には期待せずに買った本なんですが読んでみる物語にどんどん魅了されてしまいました。

お菓子作りの才能はあるけれど貧しい家庭の聖太郎、子供向けチョコレート会社の御曹司であるが何事にも本気になることができない光博、ピアニストを目指す凜々花の神戸で過ごす三人の友情や恋愛面が巧に描写されているところが本書の魅力です。


【目次】
あらすじ
感想
最後に


『ショコラティエ』のあらすじ


小学校から中学校の途中までは仲が良かった聖太郎と光博ですが、成長するにつれて聖太郎が貧しい自分と光博では住む世界が違うのではないのかと感じるようになり、次第に遊ばないようになるという描写はリアリティがありよかったですね。


高校生になり、聖太郎は一度は自分の夢を諦めて公務員などの安定した職業に就こうと思いますが、担任の先生の支援や母親の助けがあり高校卒業時には、ソマリという店でパティシエとして働けるようになりました。また恋愛面では協会のコンサートで凜々花に再会したことをきっかけに凜々花との仲を縮めていきます。

一方、光博は普通の高校生らしい恋愛を経験したりするのですが、最愛であった祖父をなくしてしまいます。その後、現実逃避するかのようにダイエットと勉強に打ち込み高校卒業後は知名度のある大学に入学することになりました。


就職後、聖太郎は朝から晩までソマリで働き続け、店主である相馬や先輩から技術を教えてもらったり、仕事後もお菓子作りに打ち込むなど充実した生活を過ごしています。また仕事を始めてしばらくしてから凜々花に告白して付き合うことも決まり仕事、私生活ともに充実した生活を送っています。
しばらくして、聖太郎は新人を対象にいたコンクールに出場することになります。オリジナルケーキ作りに試行錯誤した結果そこで見事優勝しフランスへ三週間留学する権利を得ます。

大学に入学した光博ですが大学で学ぶことの意味を見出せずしだいに大学に行かなくなります。このことが原因で光博と両親との間には以前よりも深い溝ができ、次第に光博自身も夢がない自分が生きる意味を見出せなくなります。
多くの人は光博のように受験勉強して普通に大学に行きそこで勉強するんでしょうが、周りに凜々花や聖太郎といった夢を追っている人間ばかり見ていると、無意味に勉強しているのがばからしくなるのかもしれません


自堕落した光博の生活でしたが阪神淡路大震災の日をきっかけに博光の人生は大きく変わります。災害にあった神戸の街並みを見たり、親が自分を心配していることをきっかけに光博は社会のために働きたいと思うようになり、父の会社の向上で働き始めます。その後営業職、開発職と博光はキャリアをあげていき働くことの楽しさを知ります。

聖太郎は光博とは違い留学先で神戸の街が被災にあったことを知ります。被災で師匠である相馬を亡くしたことをきっかけに、フランスでショコラティエとして働くようになります。ショコラティエとして働き始め三年が過ぎたころ、日本で店を出さないかと持ち掛けられた聖太郎は日本で出店を使用としますが地元の神戸で店を出すのを認められず一度は頓挫してしまいます。

そのしばらく後に、知り合いの助けもあり神戸でショコラティエとして店を出せたのですがなかなか経営は波に乗りません。しかし、そんな現状を知った博光は聖太郎のチョコを自分がプロデュースすれば売れるようになると考え共同経営しないかと話しを持ちかけます。

聖太郎と光博、一度は離れ離れになった二人でしたがチョコをきっかけに再開して物語は続きます。




感想(ネタバレあり)


最終的にチョコをきっかけに知り合った二人がチョコをきっかけに再会する物語でした。

物語の途中ではチョコの話より、パティシエの話を読んでるみたいという印象もありましたが、最後のオチへのつなげ方をみると納得の一冊でした。

聖太郎と博光の心理描写にリアリティがあり物語を読み進めていくとまるで自分が登場人物になったかのような気分にさせられてしまいました。

中学時代に博光と仲良くしたいが上手く仲良くできない聖太郎の気持ちはまるで自分が経験しているかのように悲しくなってしまいました。実際、自分が中学は公立高校に行き友達が私立に行ったため縁が切れてしまったという人も多いのではないのでしょうか。そういった人には聖太郎の気持ちが分かる人が多いのではないのでしょうか。

凜々花が現れたことで、読んでいる途中はドロドロの恋愛劇になってしまうのか恐れたのですが、凜々花もピアニストという夢を追い続ける存在でした。

また光博の両親は、物語序盤では子どものことをあまり考えていないかのような描写でしたが、震災後はそのイメージが吹き飛びました。光博の父が大声を出しながら光博を探しに来る場面では思わず泣いてしまいました。やはり子どもを大切に思わない親はいないんですね。

最終的に聖太郎と光博はこれから二人で仕事をともにしていくという場面で物語は途切れますが、二人ならば源二とその兄のように立派なコンビになって、ピーチョコにも負けない製品を作り上げることができるんでしょうね。



最後に


『ショコラティエ』は本当に素敵できれいな物語なので未読の方は是非一度読んでみてください。

また、バレンタインデーやホワイトデーに愛する人にチョコの代わりに本書をプレゼントするのもすごく素敵だと思います。




DSC_3765


「坂東蛍子シリーズ」で有名な神西亜樹さんの新作『東京タワーレストラン』を読みました。

「坂東蛍子シリーズ」と比べると登場人物一人一人のキャラは濃くないのですが、2020年から150年たった世界では食事がゼリーになっているという斬新な設定を上手く表現できている作品でした。

以下感想になりますがネタバレも含まれているので未読の方は注意してください。


『東京タワー・レストラン』の感想

斬新な世界観


本書は、150年後の東京タワーのレストランで記憶を失った主人公サジタリ(匙足巧)が仲間たちと料理をしていくという物語でした。

150年後の世界は現代と食事事情が大きく変わっており、ラーメンやチャーハンといった食事の味の概念は残っているが、見た目がゼリー化しているという不思議な世界でした。

食事がゼリー化したことにより、食材はすべて粉末状になっており、分量通り機会に投入するだけで誰でも料理(ゼリー)が作れるようになったが細かい味付けができなくなったという設定のおかげで、多くの人間が食に関心が薄くなったと分かるように描かれていました。

150年後ならではで牛などの食材がクローン技術の力で作られているというのも未来感があり良かったです。ただ牛のクローンの失敗率(人間化してしまうのが) 1/800 というのは高すぎる気がしなくもない。

牛人間も牛と同様に食べる世界だと考えれば倫理観が欠如しているからそこまで気にする必要がないのかもしれない。

また食に関心が薄くなった世界で一部の富裕層だけ食事に関心があるというのもリアリティがある気がします。やはり、金持ちはどんな世界でも娯楽を楽しむものなんですね。




匙足巧(サジタリ)の正体


物語序盤では、サジタリは記憶を失って自分の名前や料理ができるなどの日常的なことしか覚えていませんでした。

記憶を失っても美味しい料理を作りたいというこだわりは残っており、ビストロヤクザの到来に備えて準備しているモウモウの手伝いをしたりしていました。

物語が進むにつれてサジタリの正体が分かるのかと思いきやなかなか真相にはたどりつきません。

しかし、物語の終盤でナポリタンを作ったことをきっかけに、昔自分を作ってくれた博士がナポリタンを作っていたことを思い出し自分がロボットであるという記憶がよみがえります。

ヒナカがタイムトラベラーであるなどの設定から、本当に記憶を何らかの理由で失って未来に来た人間であると思っていたので、アンドロイドであったというオチにはなかなか驚かされました。

また物語の中でちょいちょい「源馬廻の冒険」が挟まれていましたが、彼の正体はサジタリでした。しかも最後まで読むと分かるんですが『東京タワー・レストラン』が
源馬廻が描いている物語だという。東京タワーレストランで自身の記録を本として出すがそれは実は物語の中の物語という面白い設定でした。


ヒナカの正体


ヒナカは第二章の途中までは天井に引きこもっている謎の女性でした。

サジタリが話そうとしても関わるなと言って話そうとしません。しかし、サジタリが話し続けると話しにのり、その後も良くしゃべっていることからとてもおしゃべりな人物であるということが分かります。

また二章で未来人参のポタージュを飲んだことで天井から降りてきますが、降りてこなかった理由はサジタリを思ってのことで記憶を失う前のサジタリを知っている人物でした。

第三章を読んでいると繊月の行動について詳しく知っていることからなんとなく察した人が多いのかもしれませんが、ヒナカの正体は未来の繊月でした。サジタリや自分自身を救うために未来から来たということだったんですね。

最終的にサジタリが記憶を取り戻しても自己を保つことができヒナカが再び寂しい思いをしなくて良かったです。


最後に


第四章の「思い出ナポリタン」タイトルからして春亥と父の思い出のナポリタンを再現するのがメインだと思いきや、裏にはサジタリと博士の思い出というテーマもあるタイトルとなっており上手いことできているなと感じました。

最後まで驚きの連続で世界観に引き込まれるような作品でした。ただ、個人的には150年後ではなく1000年後とかでも良かったのではないのとも思っています。150という数字にもしかしたらなんかしらの意味があるかもしれませんが。

「坂東蛍子シリーズ」を読んでいない人でも楽しめると思うのでぜひ読んでみてください。




DSC_3789


最近『妻のトリセツ』で話題となっている黒川伊保子さんの『女の機嫌の直し方』という本を読みました。

女性の機嫌の直し方を知りたいだけならば『妻のトリセツ』だけでも十分な気がしますが、『女の機嫌の直し方』の方が理論に基づいて説明している部分が多いので、男女の脳の違いについてより詳しく知りたい方は一度読んでみるべきだと思います。

また、脳科学者ではなく人工知能開発者が書いているため、よくある脳科学の本とは少し違った発想があり面白いです。

以下、簡単に内容をまとめていきます。


『女の機嫌の直し方』の要約

男女の対話の違い


男性の対話は問題解決に重点を置く「ゴール指向問題解決型」です。相手の状況を素早く認識し解決すべき問題点を洗い出そうとします。一方、女性の対話は経緯を語ることで真実を見つけ出す「プロセス指向共感型」である。プロセスを語る裏で何が真実かを探し探し出します。

男女の対話は、話の進み方が時系列的に逆になっているため相いれない。このことが原因で男女で対話している際に溝が発生してしまい、対話がなりたたないことも多々ある。

もし人工知能として人間と雑談する自由対話システムを開発するのならば、相手の性別に合わせてゴール問題解決型の対話を行うのか、プロセス指向共感型の対話を行うのか考慮することができなければ万人受けする対話システムの開発は難しいだろう。


男女の脳の違い


男性の脳は前部から後部にかけて縦に深く使われ、脳を個別の領域で活性化させて使う傾向がある。女性の脳は右左脳の連携新語が強い。

この脳の構造の違いによりどういった相違があるかというと、男性は空間認知力が高く物事を俯瞰して広く見る傾向がある。幅広い空間を把握できるのが男性の強みだが、周囲三メートルほどの狭い空間の認識能力が低いという欠点もある。

一方、女性は男性と違い、自身の周囲三メートルほどの空間を把握する能力にたけている。この能力のおかげで女性の方が身近に起きる問題の危機回避能力が強い。

よく男性は女性より地図を読むのが得意だと言われるが、これは脳の構造による違いだという言葉で解決することができる。また、女性の方が男性よりも家事が得意なのも自身に身近な周りの情報を把握する能力にたけているからだ。




女性脳は共感を重視する


女性は他人からの共感を重視する生き物だ。例えば以下のような発話があるとする。

「さっき、駅の階段でヒールが引っかかり、転びかけて危なかったよ」

これに対して男性は、「ヒールを履かなかったらいいのに」、「怪我はしなかった?」などと返す。女性ならば先ほどの発話に対して「怖かったね」「階段は危ないね」などの共感の返答をする。

どうして女性が共感を重視するのというと、女性は男性と違い他人の経験を自分の経験にすることができる生き物だからだ。先ほどの発話からは「ヒールを履いて階段を歩くときは気をつけなければいけない」という経験を得ることができる。

また、女性には過去の経験(共感で得た経験を含め)を似たような場面に出会うと瞬時に呼び出すことができる能力がある。そのため女性は年齢を重ねるほど経験も増えてくるためとっさの判断能力が高くなる。

若い女性より、年齢を重ねた女性の方が決断力があるのはこのためだ。


女の機嫌の直し方


今まで述べてきたように男女の脳には違いがある。そのため、男女で行動が異なり結果的に、男性は女性を不機嫌にしてしまうことが多々ある。これは生物学的に避けては通れないことだ。

そこで男性が女性の機嫌を直すためには何をするべきか以下にまとめる。

1. とにかく共感する

会話そしていると男性は女性に共感するのではなく、いきなり問題解決方法を提案しようとする。男性は女性のためを思ってしていることだが、それでは女性は満足することができない。

ではどうすればいいのかというと共感をした後に問題解決方法を提案すればいいのだ。慣れないうちは難しいかもしれないが、すぐに問題解決方を提案するのではなく、一度こらえて共感をした後に問題解決の方法を教えることができれば女性は男性との対話に満足するだろう。

もてる男性というのは無意識か意識してかは分からないがこれをすることができる。

2. 謝り方を見直す

女性を不機嫌にしたらとにかく謝るしかない。しかし、謝り方を間違えればいくら謝っても意味がないのだ。多くの男性はパートナーと喧嘩した際、ずっと謝っているのに許してもらえないということを経験したことがあるのではないのだろうか。それは謝り方が悪いからだ。

ただ単に「ごめん」と謝るのではなく、謝るときは女性の気持ちに言及して謝ろう。例えば待ち合わせに仕事が原因で遅れた場合「仕事で遅れてしまった。」と理由を言うのではなく、「寒かったでしょう?ごめんね。」と相手の気持ちを考えて謝るのが大切だ。

この謝り方は女性に理不尽な質問を投げつけられた場合にも有効である。もし女性から「なんで分かってくれないの?」と言われた場合も場合に応じて女性の気持ちに応じた謝り方をしましょう。一度で許してもらえない場合もありますが、そのときは許してもらえるまで真摯に謝り続けるしかありません。



上記のことは二つとも男性にとってはなれないことでストレスがたまるかもしれません。しかし、女性にいつまでも不機嫌でいられるよりかはマシだと思うので、しかたないと思って実践してみてください。またテクニックの使い方によっては女性にもてる対話方法としても利用できると思います。


最後に


個人的には自由対話システムを作成するうえで男女差をつける必要があるという発見を本書から得られたためなかなか面白かったです。

まだ未読の方はぜひ読んでみてください。また女性の機嫌の直し方をより知りたい人は同著者の『妻のトリセツ』も読むことを推奨します。






DSC_3763


最近、「スッキリ」などのテレビ番組で取り上げられ話題となっている黒川伊保子さんの『妻のトリセツ』を読みました。

タイトルが『妻のトリセツ』ということで男性だけが楽しめる本かと思いきや、女性が読んでも友人関係や夫とのやり取りが以前より上手くいきそうな内容でした。

また、著者が女性であるため男性が書いている似たような本と比べると、女性視点で語られているため全国の男にとってかなりためになる本となっています。また、理論的に語られているため理不尽な内容がないことも好印象です。

この記事では本書の内容を簡単にまとめていこうと思います。男性にとって読んでおいて損がない内容になっていると思います。


『妻のトリセツ』の要約



ネガティブトリガーを作らない方法


女性は男性と違い何年も前のネガティブな経験に多様な事象があれば思い出してしまいます。そこで男性は女性がネガティブな思いを引き起こすようなネガティブトリガーを作ることが重要です。これができれば女性との付き合い方がだいぶ楽になるでしょう。


女性の会話の目的は共感


女性の会話の目的は共感することです。女性は相手と経験を共有することで他人の体験談を知恵としてとりいれることがでえう生き物です。

例えば女性に
「ヒールを履いているとよく転んじゃうの」
と言われたとき男性は
「ヒールを履くのをやめたら」
というような言葉を返します。しかし、これは女性の求めている返事ではないため、女性を怒らせてしまう可能性が高いです。

女性は男性に解決策を提案してほしいわけではなく、共感してほしいだけなので女同士の会話のように
「わかる、わかる!」
のような返事をするのが正解です。これができるようになれば妻を怒らせる可能性は大きく減少するでしょう。

こういった共感を夫が日ごろから行うことができれば、妻は夫が共感してくれたという記憶を持ちネガティブトリガーを作らなくなる可能性が高いです。

こういった共感行動は男にとっては非常に面倒なものですが、パートナーが怒り狂うよりはマシだと思って割り切りましょう。


地雷を踏むセリフには気をつけろ


妻に共感することでネガティブトリガーを引きにくくなったかもしれませんがそれだけではだめです。共感ができるようになっても、まだ妻の地雷となるようなセリフを言ってうような状況では意味がありません。

例えば家事育児が大変な時期に妻から愚痴られると、仕事に行っている夫は以下のような返しをするしかありません。

「俺の方が大変だ。」
「一日中家にいるからいいじゃん」

これらは夫からしてみると何気なく言った言葉なのかもしれませんが、妻は自分がしんどい時にこういうことを言われたということをずっと覚えています。

なので夫も妻に対して正論を言うことがあるかもしれませんが、妻を傷つけないか一度考えてから言葉を発するようにした方がいいです。

またこういう発言をしたあと妻が怒ってしまい何度謝っても許してもらえなかったという経験はないでしょうか。

謝るときは理由を言うのではなく、女性を傷つけしまったことについて謝るのが重要です。

仕事で待ち合わせに遅れた場合は
「急な仕事が入って遅れてしまった。」
と言って謝るのではなく
「君に心細い思いをさせてしまって、ごめんね。」
といったように女性を傷付けたことについて謝りましょう。


話し合いはビジネスプレゼンのように


夫婦で一緒に生活していると子育てのこと、旅行先の決定など様々な場面で話し合いが起こります。

もし夫婦で意見が違う場合、ただ単に正論を述べるだけではなくそれぞれの意見のメリット、デメリットを検証しましょう。またデメリットを言う際は相手の意見を頭ごなしに否定するのではなく、自分の意見のメリットの方がいいと押すようにしましょう。

例えば、妻がそばを食べたいといい、夫がラーメンを食べたいといった場面で話し合いになった場合
「君がとても好きそうなラーメンがある」
といったように妻のためにラーメンを食べたがっているというのをおすことが大切です。




女問題では妻をえこひいきしろ


結婚すると母 vs 妻、娘 vs 妻のような女性同士の対立が家で起きる可能性があります。

こうした対立が起きた場合、夫はどちらが正しいか理論的に判断しようとしますが、絶対に妻の味方をするようにしましょう。

もし娘と妻が対立していたら、娘は意外と正論を言っており、普段から妻に鬱憤がたまっていれば娘の味方をしたくなるかもしれませんがそれはいけません。

もしここで娘の見方になってしまえば妻を傷つけることはもちろん、娘の将来にとっても良くないです。

娘が父を見方につけたことで自分の言い分は正しいと思うようになり、そのうち自分の言うことはなんでも正論と思ってしまうかもしれません。

こうなってしまうのは教育上望ましくないので妻の見方をしましょう。


意識して「名もなき家事」を手伝おう


妻は夫が知らない家事をよくしており、これを「名もなき家事」と言います。

名もなき家事には、トイレに行くついでに使い終わったコップをさげたというようなものがあります。

男性はついでになにかをするというのが生物学的に苦手な生き物であるため、名もなき家事をするのが苦手です。しかし、これができなければ家事の負担は妻に偏ってしまい夫婦間でトラブルをおこします。

男性はゴミをゴミ捨て場に持っていくだけで家事を手伝った気分になりますが、実際のゴミ捨てのステップは以下のようになっています。
  1. ゴミを分別する
  2. ゴミ収集の曜日を把握する
  3. ゴミ捨て前にゴミ袋をしっかりと結ぶ
  4. ゴミ捨て場に持っていく
  5. ゴミ箱が汚れていれば洗い、新しいゴミ袋をゴミ箱にセットする
男性は一つのステップを手伝っただけで、ほとんどのステップを妻が負担しているということが多いため意識して全てのことをできるようになりましょう。

これができれば妻の家事の負担が減り、ストレスがたまりにくくなり怒る回数が少なくなるでしょう。


妻の小言はセキュリティ回避のための発言


男性は脱いだ服をぬぐっぱなしにしてても気にする人が女性と比べると少ないかもしれません。しかし、女性はこう言った細かいことが自分の安全に関わると考えとても気をつけます。

例えば、服を脱ぎっぱなしにしていると家事の途中に気が付かずにそれを踏んで滑る可能性があります。

妻はこういったリスクを回避するために小言を言っているので、男性はそれを真摯に受け止めるようにしましょう。


心の通信線を開通させよう


男性は事実だけを言う生物です。しかし事実だけでは、心の気持ちが女性には通じません。なのでなにかを言う時は必ず事実だけではなく気持ちも言葉にして言うようにしましょう。

例えばレストランで妻に
「あのステーキ美味しそうだね。」
と言われたとき男性はステーキを食べたいにしろ、食べたくないにしろ
「ホントだ、ステーキ美味しそう」
と返してから自分の食べたいものを言いましょう。こうすることで、妻と別の食べ物をその後食べたいと言っても一度妻に共感しているので妻を嫌な気分にはさせません。

また女性を言葉とは裏腹に心では傷付いていることがあります。男性が女性を理解するにはそういう言葉をしっかりと理解しなければなりません。例として以下のようなものがあります。

「あっち行って」→ あなたのせいで傷ついた。しっかり謝って。
「どうしてそうなの」 → 理由なんて聞いていない、しっかり謝って。

男性からすればすごく理不尽かもしれませんが、女性はそういう生き物であるとしっかりと割り切りましょう。




ポジティブトリガーの作り方


今まではいかにネガティブトリガーを発動させないか話してきましたが、ここからは女性を幸せにするポジティブトリガーの作り方を説明します。

女性はネガティブな思いをいつまでも引きずるのと同様に、ポジティブな思いも心の中で美化されていつまでも持ち続けます。

なので男性はネガティブトリガーを減らし、ポジティブトリガーを増やすことが重要です。


事前に予告して楽しみを引っ張れ


旅行をしたりどこかディナーに行く際は、少なくとも1か月前には女性に伝えるようにしょう。

そうすることで、女性は旅行に行くまで計画を練るといったプロセスを楽しむことができ、計画を伝えた期間から計画が終わるまでは機嫌が良いことが多いはずです。

またその後も二週間ほどはその思い出を引っ張ることができるので、1,2ヶ月に一回は少なくともデートをするようにすれば女性はポジティブな期間が継続するでしょう。

ただ一つ気をつけないといけないのはサプライズです。サプライズを男性は嬉しいだろうと思いがちですが、やり方によっては女性を傷つける可能性があります。

例えば、突然お洒落なレストランに女性を連れて行ったとすると、女性はお洒落なレストランに来た喜びより、お洒落なレストランに来たのに自分はなんのおしゃれもしていないということに傷つきます。こういうことをさけるために、サプライズが下手な人は事前に予約したよなどと女性に伝える方が良いでしょう。


普通の日だからこそ効果絶大な、言葉と行動


女性のポジティブトリガーを引くには普段からの積み重ねが重要です。

仕事帰りに何気ないお土産を買って帰ったり、少し出かけたついでにスーパーで妻の好きなお菓子を買って帰ってあげるとそれだけで女性は幸せな気分になれます。

また、自宅にいる妻から今日食べたお昼ご飯の内容をメールで送ってくるかもしれませんが、男性はそれを「で?」と思うのではなく、自分が今日食べたものを伝えましょう。

これは妻にとっての夫はしっかりお昼を食べたのか心配しているアピールです。妻は普段から細かいアピールをしているのでそういったアピールを見逃さないようにしましょう。

もし妻からのメールや会話で返信に困ったときは、とりあえずオウム返しをしましょう。妻はそれだけで満足してくれます。


いくつになっても愛の言葉や行動を忘れずに


夫はずっと妻と一緒に過ごすことで妻が一緒にいて当たり前だと思うかもしれません。しかし、それが原因で愛の言葉をかける機会などが減ってることがあるのでいくつになっても愛の言葉をかけるのを忘れないようにしましょう。

ただ、愛の言葉を伝えるタイミングは重要です。

妻の機嫌が悪いタイミングでほめたりしてもとってつけたような言葉にしか聞こえません。妻の機嫌がいいタイミングでいちもありがとうなどの愛の言葉をかけるようにしましょう。

また、「世界一好き」のように誰かと比較した言葉でほめるのではなく、君がオンリーワンだと分かる言葉で伝えましょう。例を挙げると「君の朝ごはんを食べないとやる気がでないよ」など。



最後に


この記事を読んでどうして女性にこんなに気をつかわなければならないんだと思う男性もいるかもしれませんが、妻に気を遣うことで喧嘩をする回数が減り自分のリスクも忘れないようにしてください。

『妻のトリセツ』にはさらに詳細にどのように女性と接していけばよいのかがのっているため気になる方はぜひそちらを読んでみてください。

また同著者の本に『女の機嫌の直し方』という本がありますが、こちらは脳科学の分野にのっとた解説を重視しているのでこちらもぜひ読んでみてください。







DSC_3824

2月22日に今村夏子さんの新しい短編集『父と私の桜尾通り商店街』が発売されたのでさっそく読んでみました。

今村夏子さんといえば、平凡な日常の風景を描いていると思っていたら、少しずつ日常から外れていく作品を書くことで有名です。本書も今村夏子さんらしい良さがでている短編集となっていました。

以下、各短編の感想や考察を書いていきます。ネタバレもあるので未読の方は注意してください。


感想と考察(ネタバレあり)

白いセーター


白いセーターは、人にものを伝えるのが苦手な結婚前のカップルの様子をえがいている作品ですが物語の中にいくつか奇妙な展開がありました。


1. どうして陸は教会で突然叫びだしたのか

陸は教会でドアが開いたときホームレスが入ってきたわけでもないのに「でていけー」と叫びました。

どうして叫んだのか私なりに考えたのですが、陸にはホームレスという言葉が理解できておらずドアが開いたときに腐ったチーズのような香りを感じて反射的に言ったのではないのだろうか。

ではどこから臭いがしたのかというと私は由美子が着ていた白いセーターが臭かったのではないのかと思う。これはあくまで個人的な妄想も含むが「白いセーター」は序盤からセータに臭いがつく描写を意識している場面が多いことから、なんとなくずっとタンスに入れっぱなしであったセーターが臭くなっていたのではないのだろうか。


2. 鏡のように動くホームレス

物語後半でゆみ子の動きにあわせて鏡のように移動してくるホームレスがいた。これはゆみ子自身も鏡のように動いていると感じる点から、ホームレス側もゆみ子が鏡のように自分の動きを真似しているように感じるだろう。

その結果、ぶつかりそうになりホームレスは怒って「どけ」と言ったのではないのだろうか。


白いセーターを読んで思ったのは、一人だけでもいいので自分のことを理解してくれる人がいるのは生きていくうえでとても大切なことなんだろうな。ゆみ子でいう伸樹みたいな人間を私も見つけたい。


ルルちゃん


「ルルちゃん」も平凡な風景が続いている思うと突然奇妙な場面が現れる。

安田さんは、旦那はいつも8時過ぎの決まった時間に帰ってくると言っていたのにヤマネが訪れた日にはどうして帰ってこなかったのだろうか。

帰ってこなかった理由として、普段は飲み会などに参加しないがその日だけたまたま何かをしていて遅くなった、そもそも安田さんには夫がいなかった、少し前に離婚してしまったなどという理由をあげることができる。

しかし、私は安田さんが何らかの理由でかっとなり夫を殺してしまったのではないのかと思う。安田さんの家でヤマネが食べたカレーに入っていた特大の骨付き肉は旦那の肉だったのではないのだろうか。

ヤマネは普段あまり食に関心がないこともあり、安田が披露してくれたカレーを味もよく分からないが具材から勝手にチキンカレーだと判断したのではないのだろうか。それに、もし普通のカレーだとしたら食事に招待するぐらいなので安田も一緒に食べるべきだろう。

また、安田は普段図書館で会った時と比べるとおしゃべりであったことからも、しゃべってないと落ち着かないような出来事があったと考えられる。

このことから私は安田は夫を殺して、それをヤマネに食べさせて処分しようとしたと考える。

また、ルルちゃんという人形を大切にしているのもなんだか不気味だ。人形を子どものように感じる安田は情緒不安定な人間のように感じる。それを持ち帰るヤマネもヤマネだが…。




ひょうたんの精


「ひょうたんの精」は今までの物語と比べると不気味というより不思議な話。

なるみ先輩のお腹に住み栄養を吸収する七福神が実際に存在したかはなるみ先輩にしか分からないが、この物語の語り手であるマネージャーはなるみ先輩の話を信じており、なるみ先輩から伝えられた通りの内容を後輩のマネージャーに話している。

もし本当になるみ先輩の話がすべて真実だとしたら、なるみ先輩が天井に向かってひょうたんの苦手な虫の名前を叫ばなくなったら、チアリーディング部の部員たちはひょうたんに吸い込まれてしまうのだろうか?


せとのママの誕生日


「せとのママの誕生日」はスナックせとのママにお世話になった元バイトたちがママの誕生日を祝うために集まった物語。これだけを聞くとすごく平和そうな物語だが個人的には今回の短編集で一番怖い話だった。

そもそも、アリサ、カズエ、わたしがスナックせとを訪れた時点で本当にママは生きていたのだろうか。物語のはじめと終わりで二回わたしが目を広げた瞬間ママの瞳孔が縮んだと言っているがこれはわたしの主観であるため本当に瞳孔が縮んだのを確認できたのかが分からない。

しかも、スナックせとの現状を考えるとカギも壊れておりガラス戸が割れていているためこんな場所で生きている人間が住んでいるとは考えにくい…。

また物語の終わりの方で、今までのバイトたちが失った彼女たちの武器である体の部位をどんどんママの体につけていく場面がある。まだアリサのデベソやカズエのチクビの話は物語を読んでいる限り分からなくもないが、アカリの舌、ナナコのあごなどがどういった経緯で失ったのかが非常に気になる(舌や頭蓋骨を本当に失っていたらしんでいそうだが)。

なんか最初から最後までよく分からないが恐怖しか感じられない物語だった。


モグラハウスの扉


「モグラハウスの扉」は『父と私の桜尾通り商店街』のために書き下ろされた作品です。

モグラさんが子どもたちに冗談でマンホールの中にはモグラハウスがあると言っている、序盤はすごくかわいい物語なのだが、みっこ先生がモグラさんに恋したあたりから不穏な空気を感じ始める。

そもそも、みっこ先生はマンホールの下になにを見たのだろうか?

みっこ先生が一度目にマンホールの下に入ったときモグラハウスがあると言っていた。この時点ではモグラさんや子どもたちの夢を壊さないために嘘をついている良い先生の感じた。二度目にお箸を落として取りに行ったときはお箸が見つからず、服が汚れた状態で出てきた。この時点で読者からするとやっぱりモグラハウスってないんだなとなる。

10年以上のときがながれ再び主人公であるわたしとみっこ先生が再開する。再開後、町中が雨で冠水しマンホールのふたがあがっているという話になる。わたしがたまたま拾ったみっこ先生が落とした箸をみっこ先生に見せると、みっこ先生はモグラハウスの心配をはじめる。

読者の中でこの場面を読むまでモグラハウスは実在しなかったという認識であったのに、みっこ先生の様子から実は存在したのかもしれないと認識が変化する。

モグラハウスが本当にこの世界に存在していたのかは分からないが不思議な話だ。主人公もモグラハウスを信じ続けていると小学生のまま大人になりきれていないような気がする。




父と私の桜尾通り商店街


最後は本作の主題となっている物語。

商店街からつまはじきにされているパン屋で、"私"がコッペパンをサンドイッチにして販売しだしたところ、徐々に人気を集めていったという物語。

この物語には二つのパン屋がでてくるがそれらは対照的だ。主人公の"私"と父が経営するパン屋は商店街の住民から嫌われているが、新しく商店街にやってきた女性が経営しているパン屋は商店街の人たちから好かれている。

"私"はこっそり商店だよりであるさくらお通信を読んでいることから、仲が良い商店街の人たちに憧れていることが分かる。

サンドイッチが売れ出したことで、商店街の住民と"私"が仲良くなるチャンスがやって来たが、コッペパンを作っていた父が倒れた場面で物語は終わってしまう。

コッペパンを作れない"私は"父が倒れた後、商店街に馴染むことができたのかが気になるところだ。

私はこの主人公には、新しくできたパン屋でバイトとしてサンドイッチを作って幸せにくらしてほしいな。



最後に


本書に含まれている短編に登場する人物たちの多くは、近しい人たちの考えをすべて否定せずに信じ込もうとしている。これは物語だからよいのだが、もし現実で誰の話でも鵜吞みにしてしまう人たちが増えていると考えると少し恐怖を感じる。

今村夏子さんは本書を通じて読者に、他人の話が真実であるか嘘であるか判断するのは自分自身であるということを伝えたかったのではないのだろうか。

なので私の感想では自分の妄想を含む考察も多いが、必ずしも考えが間違っているとは言えない。

書く物語についていろんな人の考察を聞いてみたいのでもしよかったらコメントで教えてください。






DSC_3761


ドラマが終わってしまい流行りに乗り遅れた感じがありますが、今更ながら池井戸潤さんの『下町ロケット』の第一作目摩を読んだので簡単な内容紹介と感想を書きます。

ネタバレも含みますので未読の方は注意してください。

『下町ロケット』のあらすじ


 研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。祖業依頼のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。




物語序盤から資金繰りの難しい佃製作所


下町ロケットは中小企業である佃製作所の様子を描いた物語ですが、大企業と比べると色々な面で中小企業の弱さが出ています。

まず、物語がはじまっていきなり、佃製作所の売り上げの一割をになっている取引相手である京浜マシナリーに方針が変わったから取引を打ち切ってくれと言われます。

大企業だとよっぽどのことがない限り、一つの取引先と契約が切れてしまっても会社が倒産しそうなピンチになるようなことはありませんが、中小企業にとって大口の取引先がいなくなることは厳しいです。

佃製作所は、これが原因でいきなり資金繰りが難しくなるという場面から物語が始まってしまいます。


卑劣なナカシマ工業との闘い


大口の取引先を失った佃製作所に、追い打ちをかけるかのような形で大企業であるナカシマ工業が佃製作所の作っているエンジンを自社のエンジンと似ているということで特許侵害で訴えてきます。

本当に特許が侵害されていると思い訴えているのならいいのですが、ナカシマ工業は佃製作所が裁判で弱り資金が付いたところで子会社にしてやろうという汚い法廷戦略を考えています。

物語中盤から現れる帝国重工と違いナカシマ工業は明確な悪として描かれていますね。

佃製作所は裁判は勝てば問題ないという考えで、ナカシマ工業に戦いを挑むのですが佃製作所が雇っている普通の弁護士では、特許や技術に関する知識が少なく、ナカシマ工業が雇っている弁護士には手も足も出ない状況でした。

ピンチの状況が続く中、弁護士である神谷修一との出会いで状況は一変します。神谷修一は特許などの分野に関して日本一と呼ばれる弁護士です、神谷のおかげで佃製作所はナカシマ工業との法廷戦を有利に勧めることができるようになりました。

しかし、まだ佃製作所の問題が消えたわけではありません。いくら神谷が優秀だとしてもナカシマ工業との戦いには時間がかかるため、資金が切れてしまえばおしまいです。

そこで、銀行から出向してきている殿村が資金繰りをはじめます。殿村の努力のかいあり無事資金が集まり、佃製作所はなんとかナカシマ工業に勝利しました。


帝国重工の登場


佃製作所がナカシマ工業と法廷戦をしている中、大企業である帝国重工が登場します。

ただ帝国重工は、ナカシマ工業とは違い絶対的な悪として現れるわけではなく、技術的に佃製作所に先を越されたロケットエンジンのバルブの特許がほしくて現れます。

帝国重工はロケットを製作するプロジェクト「スターダスト計画」でキーとなる部品を自社で全て作るように社長から通達があったのですが、エンジンをいざ開発してみると佃製作所がすでに特許を取得済みという問題が発生します。

一からエンジンの開発をやり直すのには時間がかかるため、帝国重工は佃製作所から特許を買おうとするのですが、裁判で弱っていることをさかてに部長の財前は安く買いたたけるのではないのかと考えます。

しかし、この財前の考えは甘く策略は失敗します。しかたなく特許使用料を支払うと財前は佃に申し込むのですが、佃からの返事は自社で納品したいという回答でした。このことが原因で佃製作所と帝国重工との戦いが始まります。


帝国重工との闘い


もとロケット研究員であった佃航平は、自分もロケットの発射に関わりたいという夢を叶えるために帝国重工に佃製作所からロケットの部品を納入すると従業員に伝えますが、これが一部の従業員から反発を買ってしまします。

従業員の多くは、特許料をもらった方が会社のためになると意見します。部品を納入したい佃航平側と特許料をもらいたい側で争っている中、帝国重工が部品を仕入れるにあたり佃製作所の調査にやってきます。

調査初日、技術職と一般職のどちらも帝国重工の社員にボロボロに言われてしまい、こんな状況では部品を仕入れるわけにはいかないと言われてしまします。

帝国重工の評価は、佃製作所の社員たちのプライドを傷つけました。言われっぱなしでは駄目だと思った社員たちは部品を納入したい側と特許料をもらいたい側で争うのをやめ、佃プライドのために立ち上がります。

努力のかいもあり、佃製作所の部品の納入は認められました。




感想(ネタバレあり)


以下感想になります。


ものづくりにかける情熱


佃航平をはじめ佃製作所の社員全員がものづくりにかける情熱がすさまじいです。

まず、佃と山崎は元研究員ということもあり、今までにない新しい技術を開発してやろうという思いがすさまじいです。

もし佃航平が一般社員から現在の社長職に移行した場合、ロケットエンジンに関する研究開発を行おうとする発想が出てこないと考えられるため、帝国重工と取引ができる企業になることがなかっただろう。またその他の小型エンジンに関しても、大企業から買収したいと思われるほどの技術をもっていることがナカシマ工業との戦いから分かります。

中小企業が生きていくには佃航平のように新しいものをどんどん開発していくイノベーションの気持ちを忘れたらいけないのかもしれません。

また、他の従業員も手作業で機械以上の作業を行うことにこだわりを持っていたり、作ったものにトラブルがあれば社員総出で原因を探ろうとするなど自社製品に対するこだわりの強さが分かります。

この本を読んだら多くの人も。自分も誰かに役立つ新しい技術の開発に取り組みたいと思ってしまう気がします。


魅力的なキャラクターが多すぎる


『下町ロケット』に登場する人物は、全員が主役なんだと思うほど魅力的です。池井戸潤の書き方が上手いためまるで自分がその人物になったかのように読むことができます。

社長の佃航平は、元研究員から道を外れてしまい社長になってしまったという過去があり、物語序盤では心の中に研究員に戻りたいという思いを持ちながら仕事をしています。しかし、物語の終わりには研究員ではなく、社長として佃製作所の一員とやっていきたいという思いをもつところがすごくかっこいいです。

殿村は、銀行から出向してきた社員でありながら佃製作所のことを誰よりも考えているのが分かります。銀行員でありながら自身が所属する銀行にはっきりものを言う態度や、正当に評価できないなら特許を譲るつもりはないという発言など第一章から常に見せ場があり池井戸さんのお気に入りのキャラなのかな?

『オレたち花のバブル組』に出てきた銀行員とは、イメージが大きく違うのですが、前作の経験を生かした人物となっており、私は本作の中で殿村が一番好きです。

また帝国重工の財前も最初は佃製作所のことをただの中小企業とバカにしていますが、実際にものづくりの現場を見ることで佃製作所の実力を素直に認めることのできる器のでかさが魅力的です。

この他にも魅力的なキャラが多数登場しています。


最後に


読み終わってから感じたことは、もっと早くこの作品を知りたかったということです。

とりあえず、まだ残り三冊下町ロケットシリーズがでているのでそちらの方も読んでいこうと思います。

もし未読の方がいれば、当ブログでは語り切れないほど魅力的な作品なのですぐ読むことを推奨します。



最近、紅茶にはまり始めたばかりのとしおです。

今回は、LUPICIA(ルピシア)の「アップルティー」を飲んでみたら寒い時期にぴったりの味で、めちゃくちゃ美味しかったので紹介していきます。



【ルピシア】アップルティの紹介


ルピシアのアップルティーには、デカフェのものとそうではないものがあるのですが、今回私は普通のアップルティーの袋入りを購入しました。

デザインがかわいいから缶のものを買うか悩んだのですが、初めてということで袋にしてみました。

DSC_3745

デカフェにしなかった理由は、茶葉の香りを嗅いだ時にデカフェのものよりも臭いが良く感じたからです。これは他のフレーバードティーでもそういう印象のものが多い気がします。

ただ、頻繁に飲む人だとカフェインの摂取しすぎを防ぐためにデカフェの方が良いかもしれません。

袋を開封して中身をだしてみると、茶番にドライアップルがまじっていてなんだかかわいいです。

DSC_3755

現在2月でまだまだ寒い時期が続くということで、今回はホットでいただきました。

ルピシアの公式サイトでもホットが推奨されていたので王道の飲み方です。

入れてみると色は通常のアールグレイとあまり変わりませんが、とにかくリンゴの香りがすごいです。甘い香りのおかげでにおいだけで癒されてしまいます!

DSC_3758

飲んでみるとリンゴの香りもあいまってか、他の紅茶を飲んでいるときよりも体の芯から暖まる気がします。

夏に水出しで飲んでみたらまた違った味が楽しめそうですね。




最後に


ルピシアのアップルティーはすごくおいしかったので、もしどの紅茶を買おうか悩んでいる人がいたらぜひ飲んでみてください。

また何かこの他におすすめの紅茶があればコメントで教えていただければ幸いです。




↑このページのトップヘ