としおの読書生活

田舎に住む社会人の読書記録を綴ります。 主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にもワイン、紅茶、パソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

今回は、神戸三田プレミアムアウトレットで購入したジュンレッド(JUNRed)のメンズ福袋の中身を紹介していきます。

こちらの福袋は2019年に知り合いが購入しており、中身を見せてもらうとすごく良さそうだったので今年は購入してみることにしました。

お値段は税込みで11000円でした。ナノユニバースとは違い税抜きで10000円という値段設定です。

トートバッグの色はグレイとブラックがありそれぞれの福袋であらかじめどんな服が入っているのかが分かるようになっています。

どんな服が入っているか分からない福袋もおもしろいですが、ジュンレッドのように中身があらかじめ分かっているといらないものを無駄に買うことを予防できるので安心して購入できますね。
1578886876396

私はグレイのコートと黒色のパンツがかっこいいなと思い、グレイの福袋を購入しました。

福袋の色はグレイというよりどっちかというと白な気がします。

IMG_20200113_125235

中身を開けてみると事前に分かっていた通り、以下の4点の商品が入っていました。
  • コート
  • ジャケット
  • シャツ
  • パンツ
IMG_20200113_125450

メンズの福袋といえばトップスばかりが入っているイメージが強いですが、パンツも入っているのがいいですね。

では、細かく一点一点見ていきます。


コート

IMG_20200113_130336
IMG_20200113_130535

外側が毛で、裏地がナイロンでできているコートでした。

裏地がナイロンということで防風機能が高くなっており、寒い冬にぴったりのコートですね。


ジャケット

IMG_20200113_131717

最近流行りのピスタチオカラーのジャケットで、キャンプなどのアウトドアに着ていきたい色合いです。

素材もポリエステル100%となっており撥水性だけではなく、耐熱性も高いのが魅力的です。

こんないいジャケットがどちらの福袋にもはいっているなんてジュンレッドすごいですね。





シャツ


IMG_20200113_133236

春や秋向けのシャツかと思いきや裏地が暖かそうな素材になっており、冬にぴったりのシャツです。

色合いも暖かそうな色で良い感じですね。


パンツ

IMG_20200113_134431

カジュアルな黒のパンツ。

お腹周りのゴムが調整できるので多少体系が変わっても問題なくはくことができるのがいいですね。




感想


今年始めてジュンレッドの福袋を購入してみましたがとても満足のいく内容でした。

福袋以外で同じ服を揃えようとすると倍ぐらいの値段がかかりそうなので、とてもお得な買い物ができました。

来年も中になにを入っているか確認してみて良さそうだったら買おうかな。


ナノユニバースのメンズ福袋の紹介記事も書いているので気になる方はぜひ読んでみてください。




2020年(令和元年)1月8日から1月14日に阪神百貨店梅田本店で開催されている『食品ジャンボ市 お買い得品&ギフト解体市』に1月12日に行ってきました。





『食品ジャンボ市 お買い得品&ギフト解体市』とは


売れ残ったお歳暮用の商品などを格安で販売しているお歳暮解体市です。

お歳暮の売れ残りを解体したものなどを350品目、約12万点の商品を、通常価格の3割引き~5割引きで買うことができるそう。

初めて行きましたが、オープンの10時からたくさんの人がいたのでびっくりしました。また午前中でなくなった商品もありました。

以下に『食品ジャンボ市 お買い得品&ギフト解体市』で買ったものを紹介していきます。



会場の様子


私は10時開店に間に合うように早めに阪神百貨店に向かったのですが、やっぱりエレベーターは10時にならないと動きませんでした。(笑)

でも早めに来たおかげもあり、1番乗りならめ1番エレベーター乗りでいくことができました。

来た人は皆さん、カートをもって買う気満々な方が多かったよう思います。周りにつられて私もカートを持ってしまいました。



購入品の紹介


今回の『食品ジャンボ市 お買い得品&ギフト解体市』で以下のものを購入しました。

・ワイン
・ハム(大山ハム・伊藤ハム)
・チーズ

詳しく調べて、本当に通常価格の3割引き~5割引きで買うことができたのか検証していきたいと思います。



ワイン


4点購入しました。
1578834594436


①シャトー デ トロワ トゥール 2015(chateau des trois tours 2015)
1578834599909
こちらは店員さんが残り1点と言われていたので、衝動買いしてしまいました。
値段は、990円でした。

ネットで調べてみると、2015年度のものがあまりありませんでした。

唯一見つけたYahoo!ショッピングでは、17067円でした。

wineーsearcherという海外のサイトでは、1573円でした。差が大きすぎますね…。

貴重なワインということにしておいて、寝かせて価値があがることに期待しましょう。


②アンプラーント ボージョレ ヌーヴォ ヴィエイユ ヴィーニュ(EMPREINTE Beaujolais Nouveau Vieilles Vignes)
1578834598735
ラベルに指紋がついていたので、高級そうで購入してしまいました。(笑)

指紋はシンボルマークのようで、手仕事の証明のようです。

値段は、550円でした。

RakutenのWine Netで調べると3179円でした。

約8割引きの値段です。指紋=高級という直感は間違っていなかったようです!


③ラブレ ロワ 令和元年 ボージョレ ヴィラージュ ヌーボ by ブリジット・プッツ&久野靖子(LABOURE‐ROI 令和元年 Beaujolais Villages NOUVEAU by Brigitte Putzu&Yasuko Kuno)

1578834597459
令和元年という言葉に惹かれて購入してしまいました。

コルク部分もおしゃれです。値段は、550円でした。

amazonで調べると、2557円でした。

約8割引きの値段です。令和クオリティですね!!


④マコン ヴィラージュ プリムール 2019(MACON VILLAGES PRIMEUR)
1578834595643
ラベルがおしゃれだったので購入しました。

値段は、550円でした。

楽天で調べると、2979円でした。

約8割引きの値段です。

今年の福袋も含め白ワインは購入していないので、重宝したいと思います。




ハム


大山ハムと伊藤ハムを購入しました。
1578834592822


①大山ハム  1566円

1578834551166
上段の右→左、下段の右→左に紹介していきます。お歳暮用のものなので、ネットで調べても価格があまり出てこないので、信ぴょう性には書きますが、カッコで参考価格を書いていきます。(独断と偏見も含みますが、ご了承ください)

  • モルタデッラ50g・スパイシーボルニア50g(モルタデッラのみで200g409円・楽天→50g約102円)
  • 大山ハム 特級あらびきポークウインナー(480円・阪急キッチンエール)
  • 大山 生ハム(肩ロース)(454円・楽天)
  • 大山 あらびきボロニア280g(500gで810円・グルメプラザ→280gで約453円)
  • 大山 乾塩ベーコン(648円・楽天)

スパイシーボルニアは値段が出てこなかったので、同量のモルタデッラと同じ価格にしましょう。(笑)

総額 2239円でした。

約3割引きお得に購入できたようです。


②伊藤ハム  1080円

1578834580548

  • 城山
  • 神戸倶楽部 ポークウインナー
  • 伝承の響 ローストビーフ
  • 薩摩麩麹いも豚
  • 伝承の響 直下焼ローフ
  • 伝承の響 黒胡椒ポーク

お歳暮用なので、なかなか単品の値段が出てこないので、断念…。

店員さんによると5000円のものが入っているそう。約8割引きもお得に購入できました。




チーズ


色々な種類のチーズが置いてあり(梅田の阪急百貨店の地下にあるチーズ専門店のような雰囲気)、よりどり3つで1500円です。2セット購入しました。
1578834535335


1セット目
1578834532422

右→左に紹介していきます。
  • ベームスターエキストラオールド(1664円)
  • ゴーダフリコ(1989円)
  • カマンベール(398円・KALDI)

総額 4051円でした。

約6割引きでした。

カマンベールは気になったので購入しましたが、想像よりお手頃価格でした。

しかし、気になったものを買うのが本当の買い物!ただ、ほかの2つは値段が高かったので買いました(笑)


2セット目
1578834479137

2セット目は、3つ目のカマンベールをクリーミーハバティにしました。値段も若干異なります。

  • ベームスターエキストラオールド(1642円)
  • ゴーダフリコ(1925円)
  • クリーミーハバティ(1210円)

総額 4777円でした。約7割引きでした。



最後に


調べてみると、どの商品もとてもお得なように感じました!

ワイン、ハム、チーズという酒飲みのセットを購入したので、当分晩酌には困らなさそうです。

周りで商品を買っている人を見ていると、買うものを決めているのか常連なのか、どんどんカートに商品を入れている人が多いと感じました。

買うものを決めていく、予算を決めておく等の対策をとってのぞむと、より充実した買い物になると感じました。

来年も参加したいです!





今回は新年の運試しがてら、最近ハマっているワインの福袋をエノテカ(神戸三田プレミアムアウトレット)で買ってきました!

この前ブログに書いたティファールの福袋目当てでアウトレットに行ったのですが、どこかにワインが売っていたよなぁ…と思っていたら、見つけました!初めてお店に入りましたが、おしゃれなお店で少しブルジョワ気分を味わえました。(笑)





福袋の種類は多く、中身がわかっているものとわかっていないものと両方が置いてありました。

赤ワイン福袋や白ワイン福袋、スパークリングワイン福袋といった様々な種類のワインが置いてあり、ワイン初心者の私としては、どれを買うか悩ましかったです。

今回は赤ワイン(新春赤ワインお楽しみ袋 一袋3300円)を選びました。

このお楽しみ袋は3500円以上のワインが1本入った限定400袋の福袋だそうです。

大吉、中吉、小吉、吉、末吉まであり、入っているものは以下の通りです。




大吉→2015 ケイマス・ヴィンヤーズ スペシャル・セレクション・カべルネ・ソーヴィニヨン
   (アメリカ カリフォルニア)  通常価格20000円

中吉→2016 ジャクソン・エステート・ホークアイ・マウンテン・カべルネ・ソーヴィニヨン
   (アメリカ カリフォルニア)  通常価格10000円

小吉→2017 グイダルベルト
   (イタリア トスカーナ)    通常価格6500円

吉→2015 ヴィラ・アンリティノリ・キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ
   (イタリア トスカーナ)    通常価格4500円

末吉→2016 モンテッス
   (イタリア サルデーニャ)   通常価格3500円








運命の開ける瞬間…アメリカさんに会いたい…

IMG_20200111_001613



なんだこれは!?しっかりと段ボールに包まれている!

上から見ても、ワイン初心者の私には、どれなのかがわかりません(笑)どきどき…

IMG_20200111_001720


がーん。末吉。(やっぱり)

瓶には、私でも読める「MONTESSU」という文字が…

原産国も一応確認しましたが、イタリアでした(あたりまえ)

ただこのワイン、見た目はすごくかっこいいです。ボトルは青がかっています。
普段はワインを買うにしても3500円のワインなんて買いません。そんなワインが200円安い値段で手に入ったということが福袋の醍醐味ですよね…!

モンテッスのワインは、

サルデーニャの太陽を感じる、陽気でパワフルなワイン

のようです。飲むのがとても楽しみです!

ちなみにおみやげ用にもう一本ワインを買っていたのですが、それも小吉でした。福は次のワインへととっておきましょう。

カルディで買ってきたワインの福袋もあるので、そちらもまた紹介していきたいと思います。

カルディのワイン福袋の記事を更新しました。




1578669396605






神戸三田プレミアムアウトレットでティファール(T-fal)の福袋を購入してきたので中身を紹介していきます。



2020年の福袋の種類


2020年のティファールの福袋は以下の三種類のタイプの福袋がありました。


1. 20000円の福袋
  • クリプソ ミニット デュオ レッド 4.2L
  • インジニオ・ネオ IHルビー・エクセレンス セット9


2. 30000円の福袋
  • クリプソ ミニット デュオ ストロング 5.2L
  • インジニオ・ネオ IHブラック・エクセレンス セット10
  • アクセススチーム プラス ノワール


3. 50000円の福袋
  • インジニオ・ネオ IHブルゴーニュ・エクセレンス セット13
  • アクセススチーム プラス 
  • クックフォーミー エクスプレス(150レシピ内蔵)
  • アプレシア エージー・プラス コントロール パールホワイト 0.8L


今回購入した福袋


今回私が購入した福袋は上記の20000円のものです。

20000円のものを購入した理由は二点あります。

一つは単純に圧力鍋が欲しかったからです。50000円の福袋では最近マツコの知らない世界でも話題になった電気鍋が入っていましたがこれを買うのなら圧力鍋のほうが良いと個人的に思いました。

二つ目の理由はスチームアイロンは必要ないと思ったからです。スチームアイロンは便利そうですが私はシャツに毎回アイロンをかけるようなまめな性格ではなかったため今回は購入を見送りました。




クリプソ ミニット デュオ レッド 4.2L

大きさが4.2Lということで圧力鍋にしては小さいサイズですが、それでも大きさはかなりでかかったです。

4人家族までならこの大きさでも満足できそうな気がします。

1578213191003

1578213192322

『クリプソ ミニット デュオ』は圧力鍋としてのみではなく、通常の鍋としても使用できるところがかなり便利です。

『クリプソ ミニット デュオ』を使用して料理を作ってみたらまた使用した感想の記事を書きたいと思います。


インジニオ・ネオ IHルビー・エクセレンス セット9

こちらは2枚のフライパンと2つのソースパン(鍋)のセットです。

フライパンは22㎝と26㎝のものが入っていました。22㎝のものは26㎝のものと比べて深さがあまりないフライパンとなっています。

ソースパンは16㎝と20㎝のものが入っていました。
1578213194254

1578213198036


またこちらのセットには、ソースパン用のガラスぶたとタッパーのようにして保存できるシールリッドがついていました。
1578213196572


感想

今回購入した商品の価格をAmazonで調べてみるとクリプソ ミニット デュオ レッド 4.2Lが12350円、インジニオ・ネオ IHルビー・エクセレンス セット9が12917円だったので5000円ほどお得に購入することができました。

今回のティファールの福袋では色が固定されており選択できなかった点は残念ですが色にこだわりがない方にはかなりお得な内容になっていたと思います。

2021年のティファールの福袋を買おうか悩んでいる人がいましたら是非参考にしてみてください。









メンズ福袋に引き続き神戸三田プレミアムアウトレットで購入したナノユニバース(nano universe)のレディースの福袋の中身の紹介です。

メンズ福袋の中身が気になる方は以下の記事を見てください。




こちらの福袋もお値段は税込みで10000円でした。

女性ものはサイズは全てフリーサイズでした。

レディース福袋はメンズ福袋と違いトートバッグの色は毎年一色です。今年のトートバッグは白色でした。
IMG_20200105_160352


トートバッグの素材はメンズと同じような感じで、あまり丈夫ではありません。ただ、メンズのものと比べてレディースのもののほうが色が落ち着いていていい感じな気がします。

中身を出してみると以下の4点が入っていました。
  • コート
  • セーター
  • ワンピース
  • スカート
1578208512262

メンズのものと違いトップスだけではなくボトムスも入っておりかなりいい感じです。

細かく一点一点見ていきます。


コート
1578208524105

茶色い隠れボタンコート。

生地がしっかりしており触り心地がかなりよかったです。

また、ポケットの大きさもスマホが一つ分ぐらい入る大きさでかなり使い勝手がよさそうです。


セーター
1578208518841

ゆっとりとしたサイズの白いセータ。

白色でシンプルな色となっているためどんな服にでも合いそうで、色々と着合わせができそうです。





ワンピース
1578208522145

黒いシックながらのワンピース。

最初はシャツだと思っていたのに、開けてみたらワンピースでした。

おなかの部分ゴム生地になっており、おなかが締め付けられるのが苦手な人にも着やすい服となっています。

素材が少し薄めなので、寒いときにはコートがマストです。



スカート
1578208515556

茶色のフレアスカートのようです。すそに進んでいくほどに波打っています。

明るい色のトップスと合わせると上品に見えそうです。


感想
去年もナノユニバースのレディース福袋を購入しましたが、例年通り落ち着いたデザインの洋服が多いです。

そのため大人っぽいデザインの服が欲しいという人にはおすすめの福袋になっています。

来年購入しようか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

元旦の朝8時から福袋の購入のために神戸三田プレミアムアウトレットに行ってきました。

今回は、アウトレットで購入したナノユニバース(nano universe)のメンズの福袋の中身の紹介です。

お値段は税込みで10000円でした。増税したにもかかわらずいつも通りの価格で嬉しい。

ナノユニバースのメンズ福袋は例年通りトートバッグが三色あり今年は茶色をゲットしました。

IMG_20200105_140717


トートバッグの生地は少し薄めなので重いものを持ち運ぶのには向いてなさそうですが、メインは中身なので気にしない方向で行きます。

とりあえず、中身を取り出してみると以下の4点が入っていました。
  • Tシャツ
  • シャツ
  • セーター
  • コート
IMG_20200105_141307_1

冬服の上半身はこれだけで問題ないという感じのラインナップです。

細かく一点一点見ていきます。



Tシャツ
IMG_20200105_142010

緑とグレーのボーダーのシャツ。紺や黒などの暗めの服といい感じに合いそうな色合い。

個人的には暗い色の服を着ることが割と多いので、普段使いできそうな感じでよかった。


シャツ
IMG_20200105_142237

綿のシャツかと思って開けてみたら、ポリエステルのシャツで驚かされてしまった。

綿のシャツと比べて色合いがはっきりしている印象。

今までポリエステルのシャツは購入したことがなかったのでこれはこれでありなのかもしれない。

ただ服の下についているひもの活用法がいまいち分からない…。自分のおしゃれ度がたりないだけでこのひもはオシャレひもなのだろうか?



セータ
IMG_20200105_143412

シンプルな薄手の白いセータ。

ちょうどセータが欲しいと思っていたので今回の福袋の中で一番うれしい戦利品。


コート
IMG_20200105_144416

隠れボタンの黒いコート。

ボタンが隠れていて見た目がすっきりしているので着ぶくれしにくい気がする。




感想
ナノユニバースの福袋を購入するのは今年で2回目になるが、去年と同様にすごくコスパがよいように感じた。

ナノユニバースで普通に同じ服を購入すると2万円ぐらいは行きそうな印象。

服にそこまでこだわりが強くない私にとってはすごく当たりな福袋でした。ただ、上半身だけではなくパンツや小物なども一緒に欲しいという人には少しだけ微妙な福袋だったのかもしれません。

来年も継続して購入していきたいと思います。

ナノユニバースのレディース福袋の紹介も以下の記事に書いているので気になる方は是非読んでください。




2021年のメンズ福袋の紹介記事も書きました。





2019年5月11日、12日に開催されていた『ルピシア グラン・マルシェ 2019 大阪』に行ってきました。

今年始めてグランマルシェに行ってきたのですが、私が想像していた以上に色々な紅茶の試飲を楽しむことができました。

以下にグランマルシェの予約特典や初参加の感想、失敗点などイベント全体の感想をまとめていきます。


事前予約の特典


事前予約の特典はオリジナル・ペーパーナプキンとポルボロンでした。
DSC_4234

オリジナル・ペーパーナプキンは封を開けて中身をしっかりと確認しようか悩みました。しかし貧乏性な私はもったいなくて結局開けられず…。

お客さんが家に来たときにでも使ってみようと思います。


もう一つのお土産ポルボロンは聞いたことがない名前だったのですが調べてみるとスペインの伝統菓子みたいです。

サクサクした食感を期待して食べてみると、意外に柔らかくて驚かされてしまいました。シナモンパウダーが入っていることもあり少し甘めのお菓子ですが、紅茶と一緒に楽しむには抜群の味でした。


余段になりますが、お土産は1グループで1つだと思っていたのですが予約した人数分もらえました。いつもグランマルシェに行っている人たちからみたら常識なのかもしれませんが、初参加の私としては嬉しかったです。


会場の様子


昼からは混むかもしれないと思い、開場時間の10時に予約したのですが、いざインデックス大阪に着いてみるとかなりの人が並んでいました。

中に入ってみると自分が想像していた以上に試飲ができる紅茶の数が多かったです。ルピシアが販売している半分以上の紅茶の試飲が可能でした。

会場の様子を写真に収めようと頑張っていたのですが人が多すぎて綺麗にとれませんでした。
DSC_4179
DSC_4198
DSC_4199



また、グラン・マルシェではまだお店で販売されていない2019年の新作紅茶が開場限定で試飲できる特設コーナーがあります。私は下記の紅茶を楽しむことができました。
  • アップルパイ
  • ナタデココ
  • オペラ
  • ストロベリーショートケーキ
  • マロングラッセ
  • チョコバナナパフェ
  • カシスオレンジ
  • モヒート
  • アッサム&モカ
今年の新作は甘いお菓子をモチーフにしたフレーバードティーが多かったです。お菓子系のフレーバードティーはそのままで飲むよりかはミルクを混ぜて飲んだほうがおいしいと思いました。

個人的にはマロングラッセが栗の香りがはっきりとしていておいしかったです。ただこれからの時期はどんどん暑くなってくるので、水出しで楽しむのならカシスオレンジがいいと思いました。

新作ではないのですがグランマルシェ限定のアッサム&モカが美味しかったのでお土産として購入してしまいました。
DSC_4223



会場には紅茶の試飲だけではなくチャイの実演コーナーもありました。チャイって難しそうで今まで作ったことがなかったのですが、実演をみていると案外誰にでも作れそうな感じでした。

実演はバックに鏡がはられており後ろの方からでも見えやすい配慮がされていてよかったです。

実演後は作りたてのチャイをいただきましたが最高に美味しかったです。

ただ一つだけ残念な点がありました。それはチャイの実演でチャイに空気を入れるために鍋から鍋へ何回か移動させる行程が見れるかとおもったのですが、それはありませんでした。家庭でも作れるようにマドラーで混ぜるだけという。少し楽しみだったため残念でした。

それでもお姉さんが丁寧に説明してくださったため良い実演でした。
DSC_4190


この他にも普段は地域限定で発売されている紅茶が会場で発売されていたり、軽食やスイーツが発売されているコーナーがありました。

初参加のグラン・マルシェでしたが大満足で帰路につきました。



購入品の紹介


今回のグラン・マルシェで以下のものを購入しました。
  • アッサム&モカ
  • スコーン(マロン&メープル、ブルーベリー&アールグレイ)
  • ハンディークーラー
DSC_4237

紅茶をもっとたくさん購入するか悩んだのですが年始にルピシア福袋を購入したときの紅茶が残っているため今回はアッサム&モカだけにしました。

スコーンは二つだけ購入したのですがもう少し購入したらよかったと後悔しています。通常一つ200円のところが五つだと1000円になるので五つ買えばよかった。

ハンディークーラーは10%オフだったので購入しました。これから水出しで紅茶を作るときに使ううもりです。


私は3000円分ほどしか購入しなかったのですが5400円以上、10800円以上の人にはおまけで紅茶がもらえたみたいです。

5400円以上購入していた友人に聞くと特典はロゼロワイヤルのリーフ20グラムだったみたいです。




初公開ならではの反省点


グラン・マルシェはとても楽しかったのですが初参加ならではの反省点が三点ありました。


1. ほしかった紅茶が買えなかった

12時ごろにジュテームブリヤンを試飲して買おうといざ向かったら、茶葉は売りきれており試飲しか残っていない状況でした

他の紅茶の試飲を楽しみすぎたのが原因です。あらかじめ目当ての紅茶があるのなら朝一番で購入するべきだと分かりました。


2. イートインに行けなかった

お昼頃にイートインに行こうとしたら、人が多すぎて並ぶのを挫折してしまいました。食べたいものがあるなら早めに行くべきですね。会場したばかりの時間はすごくすいていたので油断してしまいました。


3. 序盤に紅茶を飲みすぎて飲んだことがないお茶を楽しむ余裕がなくなってしまった

序盤に試飲で紅茶を大量に飲んでしまい後半はお腹がチャプチャプでお茶を楽しめませんでした。緑茶などを後半にとっていたため非常に残念でした。

試飲で飲む量は少なめに飲むべきですね。

また紅茶を飲みすぎるとトイレも近くなるのでそこも注意しないといけません。男子トイレは空いているので問題ないのですが、女子トイレはグラン・マルシェで一番並んでいる場所だと思ったので女性の方は特に注意してください。



最後に


『ルピシア グラン・マルシェ 2019 大阪』はとても楽しかったです。

9月に京都でも開催されるみたいなのでそれも参加するか悩みます。

紅茶好きで参加したことがない人はぜひ行ってみてください。





DSC_4091

辻村深月さんの『傲慢と善良』を読みました。タイトル通り人間の傲慢さと善良さをテーマに扱った作品で、私はこの作品を読むまでどちらかと言えば自分は善良な人間であると考えていたのですが、読了後その考えを改めなおす必要があると感じてしまいました。

また本作では婚活をテーマとして扱っているため、これから婚活をしようとしている人間や婚活で行き詰った人には参考になるかもしれません。

以下、感想を書いていきます。ネタバレもあるので未読の方はご注意ください。


傲慢な人間と善良な人間の違い


傲慢な人間とは自分の最も価値の高い特徴と相手の最も価値の低い特徴を比べて、自分の特徴が優っているときに相手を見下す人間です。傲慢な人間には価値観が狭い世界で完成しきっているという傾向があります。

本書では傲慢な人間として真奈美の母である陽子、美奈子などの架の友人などが登場しました。彼女らの共通の特徴として人を完全に信じることができないというものがあります。

架の友人の女性らはみんなそろって真美がストーカーの被害にあっているということを信じていませんでした。彼女らが真美の言葉を信じることができなかったのは、自分たちが平気で嘘をつくことができる人間なので嘘をつきなれていない人間の嘘をすぐに見分けることができるからだ。


一方、善良な人間は傲慢な人間と対義的な関係となっており、自分の最も価値の低い特徴と相手の最も価値の高い特徴を比べて相手の良いところを見つけることのできる人間です。

この小説では善良な人間として金居や花垣が登場しました。金居と花垣は人間としてはコミュニケーション能力が高いタイプと低いタイプで似ている人間とは言えないのですが彼らには共通した特徴があります。それは、相手の言うことを言葉通り信じることができるというものです。

金居も花垣も架から真美がストーカーに誘拐されたという話を聞いたとき本気で真美のことを心配して自分が話せる手がかりを真摯に話そうとしてくれました。


本作では傲慢な人間には女性が多く、善良な人間には男性が多い傾向があるのですがこれはたまたまなのでしょうか。男性社会よりも女性社会の方が嘘や陰口を言う人間が多いということを暗に言っているような気がします…(もちろん男性にも婚活前の架のように傲慢な人間はいる)。




真美の成長


この作品は婚活をテーマにしている一方、架や真美の成長物語でもあります

物語の序盤で真美は小野里から傲慢かつ善良な人間であると言われていました。この作品では傲慢と善良の両方の特徴を持つ人間は真美しか現れませんでしたが、二つの特徴を持つ人間はいい年齢になっても親から自立できておらず中途半端な人間であると感じました。

真美は中途半端であるがゆえに自分のほしいものが分からず、親のななすがままに婚活を進めたため、婚活はなかなか上手くいきませんでした。

そこで親から自立するために東京で一人暮らしをはじめ、婚活アプリで架と出会います。しかし、架に自分が70点の女性であると言われているショックとストーカー被害にあっているという嘘が架にバレルのを恐れて失踪してしまいます。

失踪後、東北でボランティア活動に参加しているうちに真美は自分が今までちっぽけな世界で生きていたことに気が付き真の善良な人間へと変化していきます。

最終的に、架と自分の意思で結婚をして完全に親から自立し一人の大人へと成長していきました。


余談になるのですが小野里は真美を善良であり傲慢な人間だと表現していますが、過去の回想の真美は心の中で学歴や容姿に自身があり、どこかで他人を見下している場面がところどころあったため傲慢よりな人間であると思ってしまったのは私だけなのだろうか。



婚活に対する考え方の変化


私はまだ学生であるというのもありますが、今まで婚活を一度もしたことがありません。そのため、婚活に対して出会いのない場がない社会人が合コンなどの延長戦として恋愛相手を求めて婚活をしているというイメージしかありませんでしたがこの作品を読んで婚活に対するイメージが変わりました。

婚活をしている人間の多くは真剣に今後の人生のパートナーがほしいと思い真剣に婚活に取り組んでいたのですね。

また、結婚相談所によるお見合いのような婚活は家の都合や最終手段としてしか考えていなかったのですが、小野里の言っていた通り結婚相談所を最終手段と考えるのは間違っているように感じました。

人それぞれ婚活の場があり得手不得手もあるので自分にあった婚活をするのが一番なんですね。



最後に


物語の最終場面はドキドキしましたが架と真美が幸せになるような結果で良かった。

私がまだ結婚も婚活もしたことがないため、この作品を100%楽しむことができたとは言えないのでまた成長してから『傲慢と善良』を読み直したいです。婚活や結婚を経験している人がこの作品を読んでどのような感想を持ったかが気になります。

この作品は作中でも出てくるのですが『高慢と偏見』という本がモデルになっているみたいなのでそちらも一度読んでみたいな。






今回の記事では前回の記事で収集したロト6の当選番号を用いて、機械学習を使って当選番号を予測してみました。

どの機械学習の手法を使うか悩んだのですが、今回は過去の当選番号を時系列データとして扱い次の当選番号を予測しようと思ったためSVRを使うことにしました。RNNを使うのもありだとは思ったのですが、学習に時間がかかりそうだったのでとりあえず手軽に実装できるSVRで試してみます。



ライブラリのインストール


今回、SVRを実装するにあたり scikit-learn を使用しました。scikit-learnは以下のコマンドでインストールすることができます。
pip install scikit-learn
また、こちらはインストールしなくてもいいのですがデータをグラフ化して分析するのにはMatplotlibを使用しました。Matplotlibは次のコマンドでインストールすることができます。
pip install matplotlib


Matplotlibを使って過去の当選番号をグラフ化してみる


とりあえず過去の当選番号の第1回目から第100回目までの結果を本数字1~6にわけてグラフ化してみます。
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

train = pd.read_csv("loto6.csv") # 前回の記事で保存したデータの読み込み

# 第1回目から第100回目までの本数字をリスト化
x = train["round"].values[:100] main1 = train["main1"].values[:100] main2 = train["main2"].values[:100] main3 = train["main3"].values[:100] main4 = train["main4"].values[:100] main5 = train["main5"].values[:100] main6 = train["main6"].values[:100]

%matplotlib inline # jupyter notebookで描画 plt.plot(x, y1, color="red", label="main1") plt.plot(x, y2, color="darkorange", label="main2") plt.plot(x, y3, color="yellow", label="main3") plt.plot(x, y4, color="greenyellow", label="main4") plt.plot(x, y5, color="cyan", label="main5") plt.plot(x, y6, color="blue", label="main6") plt.legend(bbox_to_anchor=(1.05, 1)) plt.show()
loto2_1

グラフを見ている限り、ロト6の当選番号に規則性がなくて機械学習で予測するのは無理そうですが、ロマンを追い求めるために予測しようとしているので気にしない方向で行きます。




SVRを使って予測してみる


サポートベクター回帰(SVR)とはサポートベクターマシン(SVM)を回帰分析に応用した手法です。SVRについて詳しく知りたい方は下記のページが参考になると思います。

https://datachemeng.com/supportvectorregression/

今回は第n回目の当選番号を予測するのに、第1回目から第n-1回目までの当選番号を訓練データとしてSVRで予測します。また本番号は6つありますが、各番号が独立したデータと考えます。

上記の方法で1261回目~1340回目までの結果を予測してみたところ5等が3回だけ当たりました。16000円分宝くじを購入して、3000円しか返ってこないのは悲惨です。わざわざ機械学習をつかっているのに乱数で番号を選択した場合とあまり変わらない気がします…。

訓練データの数を変更したりしてみたのですが結果はあまり変わらずSVRでロト6の予測するのは難しそうです。各本番号を独立したデータとして考えたのも失敗した要因なのかもしれません。ハイパーパラメータをもっと細かく調整すればもう少しマシになる可能性もありますが、正直そこまで変わらない気がします…。

一応SVRでロト6の当選番号を予測するコードを載せておきます。コードが無駄に長くて申し訳ありません。
# -*- coding: utf-8 -*-
# loto6の番号をSVRを使って予想

import pandas as pd
import numpy as np
from sklearn import svm

# 訓練データとテストデータの読み込み
train = pd.read_csv("loto6.csv") # 第1~1260回目
test = pd.read_csv("loto6_test.csv") # 第1261~1340回目

train_x = train["round"].values
train_X = train_x[:, np.newaxis] # SVRで学習できるように変換
train_y1 = train["main1"].values
train_y2 = train["main2"].values
train_y3 = train["main3"].values
train_y4 = train["main4"].values
train_y5 = train["main5"].values
train_y6 = train["main6"].values
test_y1 = test["main1"].values
test_y2 = test["main2"].values
test_y3 = test["main3"].values
test_y4 = test["main4"].values
test_y5 = test["main5"].values
test_y6 = test["main6"].values
pre_list = np.array([np.zeros(7)]) # 予測結果を格納

# 学習の設定
my_svr = svm.SVR(kernel="rbf", C=1e1, gamma=0.1, epsilon=0.1)

# 1261回~1340回まで学習と予測を繰り返す
for i in range(1, len(test_y1)+1):
  print(i+1260)
  pre_num = np.array([])
  
  # 学習して結果を予測
  #第1回目~1260+i-1回目までの結果を使って1260+i回目の結果を予測
  my_pre_1 = my_svr.fit(train_X, train_y1).predict(np.array([[1260+i]]))
  my_pre_2 = my_svr.fit(train_X, train_y2).predict(np.array([[1260+i]]))
  my_pre_3 = my_svr.fit(train_X, train_y3).predict(np.array([[1260+i]]))
  my_pre_4 = my_svr.fit(train_X, train_y4).predict(np.array([[1260+i]]))
  my_pre_5 = my_svr.fit(train_X, train_y5).predict(np.array([[1260+i]]))
  my_pre_6 = my_svr.fit(train_X, train_y6).predict(np.array([[1260+i]]))
  
  pre_num = np.append(pre_num, np.round(my_pre_1))
  pre_num = np.append(pre_num, np.round(my_pre_2))
  pre_num = np.append(pre_num, np.round(my_pre_3))
  pre_num = np.append(pre_num, np.round(my_pre_4))
  pre_num = np.append(pre_num, np.round(my_pre_5))
  pre_num = np.append(pre_num, np.round(my_pre_6))
  pre_list = np.insert(pre_list, len(pre_list), pre_num, axis=0) # 四捨五入した結果を予測結果とする
  
  # train_X, train_y1に1260+i回目の結果を追加
  train_X = np.insert(train_X, len(train_X), 1260+i, axis=0)
  train_y1 = np.append(train_y1, test_y1[i-1])
  train_y2 = np.append(train_y2, test_y2[i-1])
  train_y3 = np.append(train_y3, test_y3[i-1])
  train_y4 = np.append(train_y4, test_y4[i-1])
  train_y5 = np.append(train_y5, test_y5[i-1])
  train_y6 = np.append(train_y6, test_y6[i-1])

# 予測結果を出力
pre_list = np.delete(pre_list, 0, 0) # 1行目を削除
df = pd.DataFrame(pre_list, columns = ["main1", "main2", "main3", "main4", "main5", "main6", "bonus", ])
df.index = df.index + 1
df.to_csv('loto6_pre.csv')




最後に


SVRでの予測は失敗に終わりました。気が向いたらRNNを使って予測する記事を作るかもしれません。


DSC_3831

だいぶ前に購入して読むのを忘れていた、長谷川夕さんのデビュー作『僕は君を殺せない』を読みました。

本書は中編である『僕は君を殺せない』と短編である『Aさん』と『春の遺書』から構成されています。中編と短編が混ざっている本はなかなか見ないので、目次を見た時点で珍しい構成だと感じました。

以下、書く物語について感想を書いていきます。ネタバレも含むので未読の方は注意してください。



僕は君を殺せない


夏、クラスメートの代わりにミステリーツアーに参加し、最悪の連続猟奇殺人を目の当たりにした『おれ』。最近、周囲で葬式が相次いでいる『僕』。——一見、接点のないように見える二人の少年の独白は、思いがけない点で結びつく……。

この作品は『おれ』(たぶん名前は明記されていない)と『僕』(清瀬誠)の二人の視点で物語が進んでいきます。

物語序盤では、『おれ』の視点では高額なアルバイト代のために参加したミステリーツアーで連続猟奇殺人に巻き込まれてしまい、殺人犯から逃げ出すために四苦八苦している様子が描かれています。一方、『僕』の視点では同じ高校に通うレイと半同棲生活を楽しそうに送っている様子が描かれています。

時系列がバラバラであり、二人の視点がけっこうな頻度で入れ替わっていくため、読み始めた時点ではなかなか物語の構造がつかめませんでした。しかし、物語が進むと『僕』の正体が『おれ』が参加したミステリーツアーの連続猟奇殺人犯であると分かったあたりから物語にどんどん引き込まれていきました。


『僕』は自殺してしまった父の恨みを晴らすために、次々と父が残したメモに名前がのっている親族を殺していきます。『僕』が事務的に殺害を行っていくこともあり、読んでいる途中は『僕』が感情のないロボットのように感じてしまいました。ただ、レイちゃんと一緒にいるときの『僕』は楽しそうで人間らしいところもありました。それも相まって、レイちゃんも殺害する対象であると分かったときの衝撃はすさまじかったです。

『おれ』は『僕』とは相対的な人物として描かれており、感情を表現する描写も多いことから人間らしい人物だという印象が強かったです。ただ、主役はあくまで『僕』なので『おれ』がどういった人物であるのかが細かく語られていなかったのが残念でした。


最終的に『僕』はレイを殺さなかったのですが、物語の終わりでは『僕』は意識不明で、レイは僕と過ごした記憶を失ってしまったということが『おれ』視点で語られています。バッドエンドではないがハッピーエンドとも言い難い終わり方でなんともいえない気分になりました。


タイトルの『僕は君を殺せない』の僕は『僕』のことだと明確に分かるのですが、君はレイちゃんのみのことを示すのか、それとも『おれ』も含むのか難しいところですね。本作を読んだ他の人はタイトルをどう解釈したのだろうか…。



Aさん


この物語はオチを読んで恐怖を感じました。

大人になった主人公である『わたし』が小学生のころに怖がっていたAさんと同じように風呂場で死体を解体しているというオチでしたが、最初の描写では主人公は掃除が好きでただ黙々と掃除をしているだけだと思っていたのでそのギャップがすさまじかったです。

しかも、『わたし』のもとにもAさん同様、殺した人の幽霊が訪れるという物語のしめかた。

短編小説には最後のどんでん返しがすごい作品がけっこうありますが、ここまで衝撃的だった作品は久しぶりな気がします。

春の遺書


この短編も『Aさん』と同じように幽霊が登場するのですが、『Aさん』と比べると物語のコンセプトが一味違う作品でした。

物語の途中では主人公の祖父は祖父の弟である康二朗に対してよっぽどひどいことをしたのだろうなと思っていたのですが、読み終わると祖父は康二朗が駆け落ちしようとした女性を追って自殺をしないように女性の遺品を隠していたという弟思いの人物でした。

祖父はそれさえ渡さなければ康二朗が自殺することはないと考え、死ぬ直前でも遺品のありかを康二朗に教えませんでした。しかし祖父の死後、康二朗は遺品はもう二度と自分の手元には戻らないと思い自殺してしまいます。

康二朗がけっきょく自殺してしまうのならば祖父はどうするべきだったのでしょうか。遺品を渡して康二朗に恨みなく自殺してもらった方がましだったのかもしれませんがそれが正解であったとは言えません。

なんだか複雑な作品です…。

最後に


長谷川夕さんの作品を初めて読んだのですが、どの物語も私的にはかなりつぼに入りました。この機会に他の作品も買ってみようかな。




↑このページのトップヘ