としおの読書生活

田舎に住む社会人の読書記録を綴ります。 主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にもワイン、紅茶、パソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

ずっとウルトラワイドモニターを買いたいと思っていたら、Amazon Prime Day(プライムデー)にウルトラワイドモニターが通常価格より一万円引きで売っていたので購入してしまいました。

29型か34型にするか悩みましたが以前使っていたモニターが23型であったため縦幅があまり変わらない29型にしました。34型だと横に長すぎて湾曲ディスプレイじゃないと使いにくいかもしれないと思ったという理由もあります。

届いて驚いたのは普通のモニターを買った時と比べて箱が長いことです。さすがウルトラワイド!

DSC_2431

開けてみる発泡スチロールでモニターが挟まれており、それを取り除くととうとうウルトラワイドモニターと対面です。

DSC_2432


ウルトラワイドモニター【29UM59-P】の付属品はセットアップガイド、モニタースタンド、HDMIケーブル、電源コード、AC‐DCアダプタ、CD-ROM(取扱説明書/ソフトウェア収録)でした。

HDMIが付属しているのを知らずに無駄に新しく一本買ってしまった。しっかり調べればよかった…。

あとどうしてCDがむき出しで入っていたのかが気になってしまった。ディスクに傷がつきそう…。

DSC_2435


モニターを設置してみます。

設置前に使用していたモニターは、ASUSの23型のゲーミングモニター(VX238H-P)でした。

下記の上の画像が設置前で下の画像がウルトラワイドモニター設置後です。


DSC_2434
ASUSの23型のゲーミングモニター(VX238H-P


DSC_2436
LGの29型のウルトラワイドモニター(29UM59-P)


机の大きさにあっていたため29型にしてよかった。34型だとスピーカーを置くスペースがなくなりそう。

使用してみると作業をする際にも以前より効率よく使えそうでいい感じ。

PUBGをしてみたらとにかく視野が広くなり驚いてしまった。まさしく物理的チートだ!

付属のソフトウエアで画面分割の設定を選べるのもよく、その中でも特に縦三分割の設定が気に入った。行う作業によって簡単に設定を変更することができるのもよい。

wide




まとめ

ウルトラワイドモニターを購入してよかったです。通常サイズのモニターをデュアルディスプレイで使おうと思っている方には、ウルトラワイドモニター一枚で大丈夫ですのでウルトラワイドモニターをすすめたいです。

本モニターの不満点はCDが裸で入っていたことぐらいでそれ以外は満足です。

今回私はプライムデーのおかげで2万円ほどで買えたので次のセールの際に狙ってみてはどうでしょうか。




koto1

今回は、CPUマイニングができる仮想通貨KotoのGPUマイニングに挑戦してみたので記事を書きました。

今回KotoのCPUマイニングのやり方を知っていることを前提に記事を書きますので、CPUマイニングのやり方が分からない人は下記の記事も参考にして一緒に読んでください。

CPUでマイニングできるKotoをマイニングしてみた。



KotoのGPUマイニングを始めるには

KotoのGPUマイニングを始めるためにはKotoのウォレットを事前に用意する必要があります。

またマイニングプールを把握しておいたほうが良いです。個人で掘ろうと思っている場合かなりのGPUが必要なのでだいたいの人がプールを利用してマイニングしています。

その他セキュリティソフトを解除しておかないとマイニングソフトをダウンロードした段階で検知されてしまう可能性があります。

これらの設定がまだ済んでいない場合下記の記事を参考にしてセッティングしてください。

CPUでマイニングできるKotoをマイニングしてみた。



ccminerのダウンロード

KotoをGPUマイニングするためにはccminerをダウンロードする必要があります。

ccminerは下記のページよりダウンロードすることができます。

【マイナー必見】ソロマイニングに対応したよ【高速化Part4】

下記の画像の赤で囲まれているリンクにアクセスするとOnedriveのページに遷移しダウンロードが始まります。もし始まらない場合ccminerの最新版のフォルダをダウンロードしてください。

bitzeny_gpu


ダウンロードが完了したらそのフォルダを好きな場所に解凍してください。



バッチファイル(.bat)の作成

ccminerを使うには拡張子が.batのファイルを作る必要があります。

今回はKPOOLを利用した場合のバッチファイルの書き方を説明します。他のプールを使う場合は、一部記述の方法がことがあるのでそのプールのページを参考にしてください。

先ほど解凍したccminerのフォルダ内で右クリックして新規テキストファイルを作成してください。ファイル名は何でも大丈夫です。

このテキストファイルを以下のように書き換えてください。

ccminer.exe -a yescrypt -o -d 0,1 stratum+tcp://jp.kpool.jp:3333 -u Kotoアドレス

赤字の部分は人によって異なります。

-d は二枚以上のGPUを使用する場合に必要な設定です。一枚しか使わない場合はなくても大丈夫です。二枚使う場合は -d 0, 1 のように書いてください。

Kotoアドレスには自分のKotoアドレスを記述してください。



マイニング開始

作成したバッチファイルを実行するとマイニングを開始することができます。


Koto_gpu


yay!!!が表示されていればマイニング成功です。

上の画像はgtx 1060 6GB を使った例ですが、6.5kH/s ほどでておりCPUを使う場合より効率がよいです。


おわりに

KotoのがGPUマイニングができるようになったおかげで以前よりも効率よくマイニングできるようになりました。

Kotoの価値は今後ますます上がる可能性があるのでGPUを持っている方はKotoをGPUでマイニングしてみたらどうでしょうか。

本記事がGPUマイニングを始める皆さんの参考になったらうれしいです。

bitzeny10

今回は、CPUマイニングができることで有名なBitzeny(ビットゼニー)のGPUマイニングに挑戦してみたので記事を書きました。

今回BitzenyのCPUマイニングのやり方を知っていることを前提に記事を書きますので、CPUマイニングのやり方が分からない人は下記の記事も参考にして一緒に読んでください。

CPUでマイニングできるビットゼニー(BitZeny)をマイニングしてみた



BitzenyのGPUマイニングを始めるには

BitZenyのGPUマイニングを始めるためにはBitZenyのウォレットを事前に用意する必要があります。

またマイニングプールへの登録などもしておいたほうが良いです。個人で掘ろうと思っている場合かなりのGPUが必要なのでだいたいの人がプールを利用してマイニングしています。

その他セキュリティソフトを解除しておかないとマイニングソフトをダウンロードした段階で検知されてしまう可能性があります。

これらの設定がまだ済んでいない場合下記の記事を参考にしてセッティングしてください。

CPUでマイニングできるビットゼニー(BitZeny)をマイニングしてみた



ccminerのダウンロード

BitzenyをGPUマイニングするためにはccminerをダウンロードする必要があります。

ccminerは下記のページよりダウンロードすることができます。

【マイナー必見】ソロマイニングに対応したよ【高速化Part4】

下記の画像の赤で囲まれているリンクにアクセスするとOnedriveのページに遷移しダウンロードが始まります。もし始まらない場合ccminerの最新版のフォルダをダウンロードしてください。

bitzeny_gpu


ダウンロードが完了したらそのフォルダを好きな場所に解凍してください。



バッチファイル(.bat)の作成

ccminerを使うには拡張子が.batのファイルを作る必要があります。

今回はみずたまりプールを利用した場合のバッチファイルの書き方を説明します。他のプールを使う場合は、一部記述の方法がことがあるのでそのプールのページを参考にしてください。

先ほど解凍したccminerのフォルダ内で右クリックして新規テキストファイルを作成してください。ファイル名は何でも大丈夫です。

このテキストファイルを以下のように書き換えてください。

ccminer.exe -a yescryptr8 -d 0 -o stratum+tcp://bitzeny-m.mizutamari.work:19701 -u user -p pass

赤字の部分は人によって異なります。

-d は二枚以上のGPUを使用する場合に必要な設定です。一枚しか使わない場合はなくても大丈夫です。二枚使う場合は -d 0, 1 のように書いてください。

work:の横にある19701は採掘難易度です。採掘難易度は実際にマイニングしてみてハッシュレートを確認してから決めるのが良いかもしれません。

userのところにはプールのアカウント名とワーカー名をピリオド "." でつないだものに書き換えてください。
アカウント名が ”Toshio" でワーカー名が "cat" の場合は、”Toshio.cat" という風にしてください。

passwordは登録したWorkerPasswordに書き換えてください。



マイニング開始

作成したバッチファイルを実行するとマイニングを開始することができます。

bitzeny_gpu2


yay!!!が表示されていればマイニング成功です。

上の画像はgtx 1060 6GB を使った例ですが、6.5kH/s ほどでておりCPUを使う場合より効率がよいです。


おわりに

BitzenyがGPUマイニングができるようになったおかげで以前よりも効率よくマイニングできるようになりました。

Bitzenyの価値は今後ますます上がる可能性があるのでGPUを持っている方はBitzenyをGPUでマイニングしてみたらどうでしょうか。

本記事がGPUマイニングを始める皆さんの参考になったらうれしいです。

koto1


以前CPUでマイニングできるビットゼニー(BitZeny)のマイニング方法に関する記事を書きました。

CPUでマイニングできるビットゼニー(BitZeny)をマイニングしてみた

今回はBitZenyと同じようにCPUでマイニングできるKotoのマイニング方法を紹介します。



Kotoとは

Kotoとは2017年12月に生まれた日本発の国際通貨の一つで、「ゼロ知識証明」と呼ばれるZCashで活用されている技術をベースに開発されている。

Kotoの基本情報
  • 通貨単位:Koto
  • 最大発行枚数:2億1200万枚
  • アルゴリズム:yescrypt
  • ブロックタイム:60秒
  • ブロックごとの発行枚数:100枚
  • 公式サイト:http://ko-to.org/

Kotoの特徴
  • 日本発の仮想通貨
  • ブロックタイムが他の仮想通貨に比べて短い
  • CPUでマイニングができる
私がKotoをマイニングしようと考えた理由は上記の特徴にあります。

日本発の仮想通貨であるため公式サイトが日本語で作られており、英語の苦手な日本人でもとっつきやすいです。他の仮想通貨を取り扱う際はには英語でのコミュニケーションが必要になる場面があります。

これに加えて発行されてからまだ期間が短いため最初の半減期を迎えていません。そのためすでに多くの量が発行されているBitZenyなどに比べるとマイニングで掘れる枚数が多いです。

以上の理由からKotoをマイニングすることに決めました。



Kotoをマイニングする

ここからはKotoをマイニングする手順をWindowsを例に説明します。



1.Kotoのウォレットのインストール

1.インストーラのダウンロード

マイニングするためにはKotoを入れるための財布であるウォレットを導入する必要があります。まずは下記のリンクから公式サイトにアクセスします。

http://ko-to.org/

トップページのダウンロードからElecturmをクリックしてください。

すると下記の画面にとびますのでWindows installerをクリックするとダウンロードが始まります。

koto4

Koto5


2. インストール

インストールは基本的にnextをクリックしていけばインストールすることができます。ただ途中でseedの情報が表示されるのでこれは必ずメモをしましょう。

何かあったときにウオレットを復元する際に必要となるものです。また次のページできちんと控えたのかを確認するために入力させられます。

3.アドレスの確認

インストールが完了したらアドレスを確認しましょう。

Receiveのタブをクリックしてください。すると下記のような画面に遷移します。

Receiving addressが自身のKotoのウオレットのアドレスになります。

koto6

以上でKotoのウオレットのインストール作業は終了です。


2.CPUマイニングツールをダウンロードする

次にKotoをマイニングするためのマイニングツールをダウンロードしましょう。

先程と同じ公式サイトにKotoのCPUマイニングツールのダウンロードリンクが置かれています。

ダウンロードのCPU Miner のWindowsをクリックしてください。

koto3

マイニングツールのダウンロードリンクに移動したら自分のパソコンにあったマイニングツールをダウンロードしましょう。

64bit OSの場合は win_x64を32bit OSの場合はwin_x86 と書かれているものをダウンロードしましょう。

koto7


マイニングツールにセキュリティソフトトが反応することがあるのでセキュリティソフトの設定でマイニングツールのフォルダを監視外にしておきましょう。

ダウンロードが完了したらzipファイルを好きな場所に解凍してください。



3.マイニングツールの設定

マイニングツールのダウンロードを完了したら次はマイニングツールの設定をします。これが終わればいよいよマイニングを開始できます。

先ほど解凍したマイニングツールフォルダ(Kotominer_win_x64_v2.4)内で右クリックして新規テキストファイルを作成してください。ファイル名は何でも大丈夫です、

このテキストファイルを以下のように書き換えてください。

./minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://jp.kpool.jp:3333 -u {YOUR_WALLET_ADDRESS}

./minerd にはフォルダ内に複数あるマイニングツールから各自のCPUにあったものを入力してください。それぞれを試してみて一番効率の良いものを選択しましょう。

stratum+tcp://jp.kpool.jp:3333KPOOLを利用する場合の例です。ほかのプールを利用する場合はそれぞれのプールにあったものを入力してください。

{YOUR_WALLET_ADDRESS} には、先ほどウォレットをインストールした際に確認した自身のウォレットアドレスを入力してください。

下記は実際に私が使っているファイルの例です。青字は人によって異なるのでこのまま使用しないように注意してください。
minerd_SSE2.exe -a yescrypt -o stratum+tcp://jp.kotopool.work:3333 -u k14iW1fnsSg4B5DT5Gi7hCUanQAMH2Mj6Hh

記述し終わったら保存して閉じ、拡張子を "txt" から "bat" に変更してください。拡張子を変更するとファイルを使えなくなる恐れがというメッセージは無視して大丈夫です。

作成したバッチファイル(bat)をダブルクリックで実行するとマイニングを開始できます。

もし実行できない場合はもう一度バッチファイル(bat)を確認してみてください。

koto8

マイニングに成功すると"yay!!!"と表示されます。



おわりに

現在のKotoの価格を考えるとマイニングで得ることができる利益は少ないかもしれませんがこれからの値上がりに期待してマイニングしてみたらどうでしょうか。

パソコンを持っていれば誰でも始めることができるのでおすすめです。


KotoをGPUでマイニングする方法をまとめました。興味がある方はぜひ読んでみてください。

KotoをGPUマイニングしてみた

DSC_2344


2018年6月18月には群馬、2018年6月19日には大阪で地震が起きました。

近年、地震が増えており日本に住んでいる限りいつ自分が被害にあうか分かりません。大阪の友人の話を聞いていると防災グッズを用意していないから不安であるなどの声を聞きました。

本記事では、2016年に大分熊本地震の被害にあった経験を活かし用意するべき防災グッズを紹介します。



防災グッズで最低限必要なものは?

まず防災グッズを入れるカバンを用意する必要があります。手提げかばんなどよりもリュックのほうが両手があくため良いです。

次に防災グッズで最低限必要であるものをあげていきます。
  • 飲料水
  • 携帯食
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 現金
  • 筆記用具
  • 救急セット
  • マスク
  • 携帯トイレ
  • ウェットティッシュ
  • ハンカチ

飲料水

災害時はコンビニなどの飲料水の売り切れが予測されます。そのため一人1~2リットルほど用意をしておくべきです。私は、500ml×3の1.5リットル用意しています。お茶やジュースではなく水にすると飲料以外の用途でも使えるのでよいです。

近年賞味期限が7年持つ水などもあるのでそうしたものを用意しておくといざというときに、賞味期限切れであるということを防ぐことができます。

携帯食

乾パン、ビスケット、チョコレートなどのカロリーが高いものは必ず持っておくべきです。その他にも缶詰やカップ麵がおすすめです。カップ麵はお湯がない場合でも水でふやかせば食べることができます。レトルト食品も有効。

懐中電灯

懐中電灯は小さいタイプのもので大丈夫です。いざ使うというときに電池が切れているということがないように予備の電池をいれたり、こまめにライトがつくか確認しましょう。

携帯ラジオ

ラジオは正しい情報を得るのに非常に役に立ちます。大きなサイズのものではなくコンパクトなものを用意しましょう。手回しで充電ができたり、スマホなども充電できるものがおすすめです。

現金

公衆電話を使う事態が発生するかもしれませんのでお札だけではなく10円玉も持ち歩くようにしましょう。

筆記用具

伝言のメモ書きなどを残す必要があるかもしれませんので必ず持ち歩きましょう。

救急セット

消毒液、絆創膏は必ず用意するようにしましょう。その他にも大きな怪我をする恐れがあるので包帯や三角巾などもあればよいです。また持病薬が必要な人はそれも入れておくようにしましょう。

マスク

災害時は砂ホコリなどがまきあがるので吸い込まないようにするために対策でマスクが必要です。またマスクは防寒具としても役立ちます。

携帯トイレ

水洗トイレが使えない事態が発生する場合があるので持っておくと便利です。

ウェットティッシュ

水が使えない状態で手を拭くときに使えます。その他トイレットペーパー代わりになるなど汎用性が高いです。

ハンカチ

大き目なものをもっておけば三角巾の代わりとしてつけたりするので汎用性が高く役に立ちます。



その他あれば良い防災グッズ

使い捨てカイロ

夏は必要ないが冬の寒い時期には防寒具として有効。

レインコート

雨が降った時は雨具として使え、雨が降っていない場合でも防寒具として使える。

軍手

怪我を防ぐことができ、防寒具としても使える。

ヘルメット

屋外行動の際、身の安全を守ることができる。

通帳・印鑑・カード

火事などで燃えたり火事場荒らしが起きるかもしれないので、常にセットで持ち出しやすい場所に置いておくべき。

毛布

避難所での防寒具として使える。

衣類

避難生活が長期化する恐れがあるので用意しておくと良い。


私があれば良いと思うものは以上ですが、子どもがいる場合など人によって必要なものは違うと思いますので適宜必要なものを考えて用意しましょう。



最後に

本当に日本に住んでいる限りいつ地震が起きるかは分かりません。

地震から身の安全を守るには日ごろからの準備が大切だと思うのでまだ防災グッズを準備していない人は早めの準備を心がけましょう。

今回はPUBGをするために『GeForce GTX 1060』を購入したのでそのレビューをしていきます。

私のPCとPUBG必須スペックの比較


私がグラフィックボードを換装する前のPCのスペックは下記のようなものです。

CPU Intel Core i7 930
GPU AMD Radeon HD5770
HDD容量 2TB
RAM容量 9GB

PCに詳しい人であるとCPUを見るだけで分かると思うのですが、未だに10年ほど前に発売された Core iシリーズの第一世代を使っています。現在 Core iシリーズは第八世代が最新のものとなっており、第一世代なんて化石扱いです。

PUBGの公式が提示している必須スペックは下記のようになっています。

CPU Intel Core i3-4340
AMD FX-6300
GPU NVIDIA GeForce GTX660
AMD Radeon HD 7850 2GB
HDD、SSD容量 お好みで
RAM容量 6GB

この表と上記の私のPCのスペックの表を比べるとCPUとメモリはそのままでもなんとかなりそうでした。しかしGPUに問題がありました。

実際に換装前の環境でPUBGを遊んでみてFPSを測定してみました。

pubg_5770_3

pubg_5770_2


設定をすべて非常に低いにしてやっと動くレベルです。

FPSも平均20ほどでひどいときには一桁のときもありました。

こんな状態ではいつまでたってもドン勝を食べることができません!!

そこで快適にに遊べるようにするためにGPUを変更することにしました。


GTX 1060を選んだ理由


GPUの変更先の候補としては、『GeForce GTX 1050Ti 4GB』か『GeForce GTX 1060 6GB』の二つがありました。

PUBGを普通の設定で遊ぶ場合は、お手頃な1050Tiでも問題がありませんが、ウルトラなどの設定で遊びたい場合は1060以上のGPUが必要です。

1050Tiと悩みましたがより綺麗な画面で遊びたいということと今後のゲームでも使うことを考えて私は、『GeForce GTX 1060』を購入することにしました。お金に余裕があれば1070以上でもよいかもしれません。

『GeForce GTX 1060』にも3GBと6GBのモデルがありますが先人の評価などを調べてみるとPUBGをするなら6GBのモデルのほうが良いということでしたので6GBにしました。3GBの場合メモリが足りなくなることがあるみたいです。

最終的に私は『MSI GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCV1 グラフィックボード VD6150』を購入しました。

MSI GTX1060 ARMOR 6G OCV1 [GTX1060/GDDR5 6GB] トルクスファン採用したARMOR 2X 搭載GTX1060グラフィックボード



DSC_2238

様々な種類がある中でMSIのARMORにした理由はファンの数とHDMIポートの数と値段です。

本製品はファンが二つ付いています。PUBGをプレイすると熱がすごいことになるという先人の評価があったためシングルファンのものではなくデュアルファンのものにしました。また本製品はGPUが稼働していないときは、ファンが停止するという特徴があります。そのためゲームをプレイしていないときもファンの音でうるさいということがなくなります。

HDMIポートに関しては本製品は二つのHDMIポートがあるためデュアルディスプレイで作業をする人にも問題がありません。

他のメーカーの商品と比べて上記の条件を満たしている中では比較的に値段が抑えられています。

見た目もいい感じ。

DSC_2240


ずっとお世話になっていたRadeon HD5770とはお別れです。10年ほどありがとう。

DSC_2241



GPU変更後のPUBGのプレイ結果


GPUを変更したので改めてFPSを測定してみました。

設定はデフォルト設定で行いました。

PLAYERUNKNOWN'S_1060

PLAYERUNKNOWN'S _1060_2

PLAYERUNKNOWN'S _1060_3

PLAYERUNKNOWN'S _1060_4

画質も先程までと比べてかなり良いです。

FPSの値は平均が60~70の間でした。低い場合でも50ぐらいであったためこれで快適にプレイができます。

設定を落とせばさらにFPSがあがるかもしれません。



最後に


私みたいに古いPCを使っている人の中でPUBGがしたい人がいた場合GPUを変更することで快適にプレイすることができるかもしれませんので是非挑戦してみてください。



MSI GTX1060 ARMOR 6G OCV1 [GTX1060/GDDR5 6GB] トルクスファン採用したARMOR 2X 搭載GTX1060グラフィックボード

↑このページのトップヘ