DSC_3153


2016年に芥川賞を受賞した村田紗耶香さんの『コンビニ人間』が文庫化され本屋に大量に積まれていたので購入してみました。

様々な国で翻訳されている人気作品ということで読むのが楽しみでしたが、読んだ後はなんともいえない感情に襲われてしまいました。

以下あらすじと感想になります。





『コンビニ人間』のあらすじ


「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと私は叫ぶ。小倉恵子、コンビニバイト歴18年。彼氏なしの36歳。ひびコンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて……。




感想と考察(ネタバレあり)


ミステリー要素や恋愛要素などがなくただのコンビニ店員を主人公としてためリアルさがとても強い作品でした。リアルさゆえに人間の気持ち悪い部分や現代社会の問題などのメッセージが分かりやすい作品であったともいうことができます。

『コンビニ人間』というタイトルを見たときは変わったタイトルだなぐらいにしか捉えていませんでしたが、本作を読んだ方にはこのタイトルがどれだけこの作品にふさわしいタイトルであったのかが分かるでしょう。

本書は本当にメッセージ性が強い作品であるため、主人公である恵子や白羽を除く作中に登場する全ての人物が普通なように見えてとても気持ちの悪い存在でした。


恵子


恵子は、子ども時代の小鳥のエピソードから分かる通り子どもの頃から奇妙な思考回路を持つ人間です。

普通の子どもであればかわいい鳥が死んでいる、かわいそう、お墓を作ろうとなります。しかし恵子は鳥が死んでいる、お父さんは焼き鳥が好きだ、お父さんのために死んだ鳥を焼いて食べようとい発想がでてきます。

恵子の行動は合理的ですが一般的な社会で受け入れられないもので、このことから恵子はおそらく「サイコパス」であるということが分かります。

成長していくにつれて恵子も徐々に自分がおかしいということに気が付きます。しかし、どうすれば治るのかが分からないためコンビニで働くまでは自分から何もしない、しゃべらない人間になります。

人と関わらない生活を送っていた恵子に変化が現れたのは大学時代に "コンビニ店員" というアルバイトを始めたのがきっかけです。徹底的なマニュアルがあり店と客のために働き社会に沽券できる "コンビニ店員" という仕事は恵子にとって天職でした。

コンビニで働き始めたことをきっかけに人とどう関われば嫌がられないかという生き方も学んでいきます。

それから18年たち36歳になった現在でも他のことに興味を持たずコンビニのためのみに人生をささげており、正に "コンビニ人間" ですね。


白羽


白羽も客観的に見れば恵子と同じで人と関わるのが苦手な社会不適合者です。

しかし本質を見ると二人の違いは一目瞭然です。恵子が人の目などを全く気にしていないのにたいして、白羽は他人からどう思われているのかということを気にしています。

恵子が人間ではない新たな生物である "コンビニ人間" であるのに対して、白羽は普通の生活を送ることができる人間に憧れているだけという印象があります。

白羽という存在がいるおかげで恵子の異質感がより際立ちますね。


"普通" の人々


『コンビニ人間』に登場する恵子と白羽以外の人物は一見普通に見えますが、彼らは "異物を排除したい" という白羽のセリフで言うと縄文時代からプログラムされている人間の本能にしたがって生きています。

この本能こそが "普通" の人間を気持ち悪く見せる要因となっています。

おかしな存在である恵子や白羽に対して普通の人々はアドバイスをしようとするが、その行動の実態は彼らにとって異常な人間の内側に入り込み自身の異物を排除したいという欲求を達成しようとしているだけです。

社会では個性を尊重することができないということ作者の村田紗耶香さんが強調しているように感じます。

個性を尊重できない社会では恵子のような特別おかしな存在でもない限り、白羽が言うように少数派の人間は人生を他者に強姦されているように感じてしまうでしょう。

また作中で恵子は普通の人々は周りの人の行動と同じ行動をとると言うような発言をしていますがこれも人間の本能で人に嫌われないために同調行動をとろうとしているだけなんでしょうね。



まとめ


ここまでご覧になっていただきありがとうございます。

『コンビニ人間』は読む人によってとても後味が悪く感じる作品となってしまうのかもしれませんが、作者の村田紗耶香さんは社会の少数派の人を排除するためにこの作品を書いたのではないと思います。

世の中の多くの人に個性的な人も世の中にはいて個性を尊重するのは悪いことではないと伝えたかったのではないのでしょうか。

『コンビニ人間』を多くの人の手に取ってもらうことでいつか個性を尊重することができる社会になればいいですね。