DSC_3789


最近『妻のトリセツ』で話題となっている黒川伊保子さんの『女の機嫌の直し方』という本を読みました。

女性の機嫌の直し方を知りたいだけならば『妻のトリセツ』だけでも十分な気がしますが、『女の機嫌の直し方』の方が理論に基づいて説明している部分が多いので、男女の脳の違いについてより詳しく知りたい方は一度読んでみるべきだと思います。また、脳科学者ではなく人工知能開発者が書いているため、よくある脳科学の本とは少し違った発想があり面白いです。

以下、簡単に内容をまとめていきます。




男女の対話の違い


男性の対話は問題解決に重点を置く「ゴール指向問題解決型」です。相手の状況を素早く認識し解決すべき問題点を洗い出そうとします。一方、女性の対話は経緯を語ることで真実を見つけ出す「プロセス指向共感型」である。プロセスを語る裏で何が真実かを探し探し出します。

男女の対話は、話の進み方が時系列的に逆になっているため相いれない。このことが原因で男女で対話している際に溝が発生してしまい、対話がなりたたないことも多々ある。

もし人工知能として人間と雑談する自由対話システムを開発するのならば、相手の性別に合わせてゴール問題解決型の対話を行うのか、プロセス指向共感型の対話を行うのか考慮することができなければ万人受けする対話システムの開発は難しいだろう。


男女の脳の違い


男性の脳は前部から後部にかけて縦に深く使われ、脳を個別の領域で活性化させて使う傾向がある。女性の脳は右左脳の連携新語が強い。

この脳の構造の違いによりどういった相違があるかというと、男性は空間認知力が高く物事を俯瞰して広く見る傾向がある。幅広い空間を把握できるのが男性の強みだが、周囲三メートルほどの狭い空間の認識能力が低いという欠点もある。

一方、女性は男性と違い、自身の周囲三メートルほどの空間を把握する能力にたけている。この能力のおかげで女性の方が身近に起きる問題の危機回避能力が強い。

よく男性は女性より地図を読むのが得意だと言われるが、これは脳の構造による違いだという言葉で解決することができる。また、女性の方が男性よりも家事が得意なのも自身に身近な周りの情報を把握する能力にたけているからだ。




女性脳は共感を重視する


女性は他人からの共感を重視する生き物だ。例えば以下のような発話があるとする。

「さっき、駅の階段でヒールが引っかかり、転びかけて危なかったよ」

これに対して男性は、「ヒールを履かなかったらいいのに」、「怪我はしなかった?」などと返す。女性ならば先ほどの発話に対して「怖かったね」「階段は危ないね」などの共感の返答をする。

どうして女性が共感を重視するのというと、女性は男性と違い他人の経験を自分の経験にすることができる生き物だからだ。先ほどの発話からは「ヒールを履いて階段を歩くときは気をつけなければいけない」という経験を得ることができる。

また、女性には過去の経験(共感で得た経験を含め)を似たような場面に出会うと瞬時に呼び出すことができる能力がある。そのため女性は年齢を重ねるほど経験も増えてくるためとっさの判断能力が高くなる。

若い女性より、年齢を重ねた女性の方が決断力があるのはこのためだ。


女の機嫌の直し方


今まで述べてきたように男女の脳には違いがある。そのため、男女で行動が異なり結果的に、男性は女性を不機嫌にしてしまうことが多々ある。これは生物学的に避けては通れないことだ。

そこで男性が女性の機嫌を直すためには何をするべきか以下にまとめる。

1. とにかく共感する

会話そしていると男性は女性に共感するのではなく、いきなり問題解決方法を提案しようとする。男性は女性のためを思ってしていることだが、それでは女性は満足することができない。

ではどうすればいいのかというと共感をした後に問題解決方法を提案すればいいのだ。慣れないうちは難しいかもしれないが、すぐに問題解決方を提案するのではなく、一度こらえて共感をした後に問題解決の方法を教えることができれば女性は男性との対話に満足するだろう。

もてる男性というのは無意識か意識してかは分からないがこれをすることができる。

2. 謝り方を見直す

女性を不機嫌にしたらとにかく謝るしかない。しかし、謝り方を間違えればいくら謝っても意味がないのだ。多くの男性はパートナーと喧嘩した際、ずっと謝っているのに許してもらえないということを経験したことがあるのではないのだろうか。それは謝り方が悪いからだ。

ただ単に「ごめん」と謝るのではなく、謝るときは女性の気持ちに言及して謝ろう。例えば待ち合わせに仕事が原因で遅れた場合「仕事で遅れてしまった。」と理由を言うのではなく、「寒かったでしょう?ごめんね。」と相手の気持ちを考えて謝るのが大切だ。

この謝り方は女性に理不尽な質問を投げつけられた場合にも有効である。もし女性から「なんで分かってくれないの?」と言われた場合も場合に応じて女性の気持ちに応じた謝り方をしましょう。一度で許してもらえない場合もありますが、そのときは許してもらえるまで真摯に謝り続けるしかありません。



上記のことは二つとも男性にとってはなれないことでストレスがたまるかもしれません。しかし、女性にいつまでも不機嫌でいられるよりかはマシだと思うので、しかたないと思って実践してみてください。またテクニックの使い方によっては女性にもてる対話方法としても利用できると思います。


最後に


個人的には自由対話システムを作成するうえで男女差をつける必要があるという発見を本書から得られたためなかなか面白かったです。

まだ未読の方はぜひ読んでみてください。また女性の機嫌の直し方をより知りたい人は同著者の『妻のトリセツ』も読むことを推奨します。