としおの読書生活

田舎に住む大学院生であるとしおの読書記録を綴ります。主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にも旅行やパソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

2018年06月

DSC_2354


第9回「このミス」大賞受賞作かつ喜多喜久さんのデビュー作。

『科学探偵Mr.キュリー』などの喜多喜久さんの作品が好きで『ラブ・ケミストリー』をまだ読んでいないならすぐに読んでほしい。

化学と恋がおりなす恋愛ミステリー!



喜多喜久『ラブ・ケミストリー』
有機化合物の合成ルートが浮かぶという特殊能力を持つ、有機化学を専攻する東大院生の藤村桂一朗。

研究室にやって来た新しい秘書の真下美綾に一目惚れしてしまったことが原因で特殊能力を失ってしまう。

特殊能力を失い実験が進まない日々を過ごしている藤村の前にある日、「特殊能力を復活させるためにあなたの恋を叶えてあげる」と、死神を名乗る少女カロンが現れる。

カロンの話によれば誰かが藤村の特殊能力を復活させるようにカロンに依頼したようだ。

はたして藤村の恋は叶うのか。そして藤村の特殊能力の復活を望む人間は誰なのか。

東大農学部で理系草食系男子が巻き起こす恋愛ミステリー。



『ラブ・ケミストリー』の魅力

『ラブ・ケミストリー』の魅力は、作者の経験を活かして理系大学院生の日常をリアルに再現しているところだ。

作者の喜多喜久さんは、東京大学薬学部で有機化学を専攻したいたようで、作者の経験を活かして描かれた藤村桂一朗は喜多喜久さんの分身のような人物となっている。

理系の人間ならば藤村と分野は違えど日々、研究室にこもり昼食は一人で安い食事をとるという人間は少なくないと思う。(友人の少なさなどは、藤村は極端すぎる例かもしれないがそれも研究熱心であることを表していて物語的には良い感じになっている。)

恋愛に関しても周りに女性が少ない環境で過ごしていれば藤村のように、相手にどう接すればよいのか分からないという人も多いと思う。

また作者自身が藤村と同じで学部は違えど有機化学を専攻していたため、有機化学について誰が読んでも分かりやすく書かれている。それゆえに、読者が『ラブ・ケミストリー』の世界観に入りやすくなっておりまるで自分が東大で理系の大学院生として過ごしているかのように錯覚させられる。



恋愛に紛れ込んでいるミステリー要素

本作は理系の恋愛を描いている、恋愛小説として読んでも十分に楽しめる。しかし、本作は恋愛だけではなくしっかりと構成されたミステリー要素があり、ミステリー小説としても十分に楽しめる。

本作の謎は、藤村の特殊能力の復活を願っている人物は誰であるのかというものだ。

私は、この人物を見つけるために注意深く読み進めていたつもりであったが喜多喜久さんが何重にも張り巡らしていた罠に見事に引っかかってしまった。

特殊能力の復活を願っている人物を予測しても、次の場面では他の人物が怪しく感じるというようなものが繰り返されてけっきょく、最後の最後まで誰であったのか分からなかった。

伏線なども上手に使われているためミステリー好きの人にもお勧めできる作品だ。



おわりに

ネタバレになるため自分が読み進めている際の推理予測を話せないのがもどかしいと思うぐらいミステリー小説として楽しめた。

自身が理系であるためか藤村君に恋愛面で共感できる要素があり恋愛小説としてみてもよかった。

理系の男性の多くが藤村君に共感できると思うので理系の人であるならば本作を読んでもらいたい。また化学好きの人も本作は、プランクスタリンの合成を行うという物語なので楽しめる思う。

多くの人に『ラブ・ケミストリー』を読んでもらい。



DSC_2347


本屋大賞2018を獲得した辻村深月さんの作品を紹介します。

最初はなんとなく短編が読みたいということで手に取った『家族シアター』でしたが、読み終わったあとはこの本を選んでよかったと思いました。

みなさんは、最近忙しく家族と交流する時間が減ったりしていませんか。そして家族の絆が弱くなっていませんか。

本作はそんな風に忘れしまった家族の絆を思い出させてくれる作品です。





あらすじ


最初に本作の構成を紹介します。
  • 「妹」という祝福
  • サイリウム
  • 私のディアマンテ
  • タイムカプセルの八年
  • 1992年の秋空
  • 孫と誕生会
  • タマシイム・マシンの永遠
本書は以上の短編7編から構成されています。


「妹」という祝福


姉からの結婚式での手紙で妹が中学校時代の思い出を馳せる、姉妹の絆を描く物語。

友達からどう思われるかが気になる青春時代。真面目でダサい姉を反面教師として妹は、オシャレな人間でいようとする。対のような二人は、表面上は仲良くないが姉は、オシャレな妹を大切に思っており妹が困ったとき影から支えていた。妹は、姉が自分を支えていると知ったときどんな行動にでるのか。


サイリウム


バンギャの姉とアイドルオタクの弟の物語。

お互いの趣味をバカにしあう姉弟。姉は、アイドルオタクの弟を普段はバカにしているが、同じ誰かのファンであるという立場から誰かを応援することの大切さが分かっている。素直に伝えられない姉の思いを弟は理解することができるのか。


私のディアマンテ


優等生の娘と意識の低い母の物語。

高校の特待生として入学した娘と元キャバ嬢であった母は、昔から価値観が違っていた。しかしある出来事がきっかけで母は娘を支えてあげられる存在へと変化していく。こんな母がいたら幸せだろうと感じさせられる話となっている。


タイムカプセルの八年


教師に憧れる息子と人づきあいが苦手な大学准教授の父の物語。

ある教師のせいで息子の夢が壊れそうなのを防ごうとする父の話。父は、人づきあいが苦手で息子にもあまり興味のないように見えるが、息子を守るために奮闘する父の行動に心がうたれる。色々な種類の父がいるが息子にとってはどんな父であれ憧れの存在であると分かる。


1992年の秋空


宇宙マニアの妹と普通の姉の物語。

妹は小学生にして宇宙が出し好きという自分を持っているのに対して、姉は自分がないことをコンプレックスに感じている。しかしそんな妹も姉に憧れる部分があるという姉妹の素敵な話。それぞれのコンプレックスが、自分にない魅力を互いに尊重しあえるように変化していく。


孫と誕生会


昔ながらの考えを持つおじいちゃんと孫の物語。

海外赴任でほとんど会う機会がなかった息子家族と同居することになったおじいちゃん。孫とおじいちゃんのそれぞれが仲良くしたいという風に思っているがどう接したらよいのか分からない距離感が絶妙に描かれている。おじいちゃんが孫のことを一番に思っているという風な思いが素直に語られたとき思わず涙してしまう。


タマシイム・マシンの永遠


藤子・F・不二雄を敬愛する夫婦が赤ちゃんを連れて帰省する物語。

父が実家で赤ちゃんが大切にされている様子を見て、自分がどんな風に育てられたのかを実感する物語。最も短い短編となっているが、じんわりと胸の奥が温かくなる作品に仕上がっている。


感想


家族シアターのテーマは分かりやすく家族の絆です。

短編一つ一つにそれぞれ違う絆が描かれており、どの作品を読んでも読了後には爽やかな気持ちが残る。

ずっと当たり前のように一緒にいるから、喧嘩したりすることもあるが、長く一緒にいるからこそ仲直りする時間があると気づかされる。

家族同士の衝突は、その時は嫌なものだがそれが解消されると愛情へと変化する

また、家族の絆だけでなく家族以外との絆も描かれているのがこの作品の素晴らしさであると思う。

友人同士の絆、親同士の絆など色々な絆があり、本作を読むことで人とのつながりの大切さがわかる。


最後に


本作は、すべての短編が本当に素晴らしい作品となっている。

現在、昔の時代と比べると家族や近隣住民とのつながりは希薄になっている。

そういった関係はあまりよろしくないと思うので大人から子どもまで多くの人に本作を読んでもらい絆を取り戻してもらいたい。




DSC_2344


2018年6月18月には群馬、2018年6月19日には大阪で地震が起きました。

近年、地震が増えており日本に住んでいる限りいつ自分が被害にあうか分かりません。大阪の友人の話を聞いていると防災グッズを用意していないから不安であるなどの声を聞きました。

本記事では、2016年に大分熊本地震の被害にあった経験を活かし用意するべき防災グッズを紹介します。



防災グッズで最低限必要なものは?

まず防災グッズを入れるカバンを用意する必要があります。手提げかばんなどよりもリュックのほうが両手があくため良いです。

次に防災グッズで最低限必要であるものをあげていきます。
  • 飲料水
  • 携帯食
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 現金
  • 筆記用具
  • 救急セット
  • マスク
  • 携帯トイレ
  • ウェットティッシュ
  • ハンカチ

飲料水

災害時はコンビニなどの飲料水の売り切れが予測されます。そのため一人1~2リットルほど用意をしておくべきです。私は、500ml×3の1.5リットル用意しています。お茶やジュースではなく水にすると飲料以外の用途でも使えるのでよいです。

近年賞味期限が7年持つ水などもあるのでそうしたものを用意しておくといざというときに、賞味期限切れであるということを防ぐことができます。

携帯食

乾パン、ビスケット、チョコレートなどのカロリーが高いものは必ず持っておくべきです。その他にも缶詰やカップ麵がおすすめです。カップ麵はお湯がない場合でも水でふやかせば食べることができます。レトルト食品も有効。

懐中電灯

懐中電灯は小さいタイプのもので大丈夫です。いざ使うというときに電池が切れているということがないように予備の電池をいれたり、こまめにライトがつくか確認しましょう。

携帯ラジオ

ラジオは正しい情報を得るのに非常に役に立ちます。大きなサイズのものではなくコンパクトなものを用意しましょう。手回しで充電ができたり、スマホなども充電できるものがおすすめです。

現金

公衆電話を使う事態が発生するかもしれませんのでお札だけではなく10円玉も持ち歩くようにしましょう。

筆記用具

伝言のメモ書きなどを残す必要があるかもしれませんので必ず持ち歩きましょう。

救急セット

消毒液、絆創膏は必ず用意するようにしましょう。その他にも大きな怪我をする恐れがあるので包帯や三角巾などもあればよいです。また持病薬が必要な人はそれも入れておくようにしましょう。

マスク

災害時は砂ホコリなどがまきあがるので吸い込まないようにするために対策でマスクが必要です。またマスクは防寒具としても役立ちます。

携帯トイレ

水洗トイレが使えない事態が発生する場合があるので持っておくと便利です。

ウェットティッシュ

水が使えない状態で手を拭くときに使えます。その他トイレットペーパー代わりになるなど汎用性が高いです。

ハンカチ

大き目なものをもっておけば三角巾の代わりとしてつけたりするので汎用性が高く役に立ちます。



その他あれば良い防災グッズ

使い捨てカイロ

夏は必要ないが冬の寒い時期には防寒具として有効。

レインコート

雨が降った時は雨具として使え、雨が降っていない場合でも防寒具として使える。

軍手

怪我を防ぐことができ、防寒具としても使える。

ヘルメット

屋外行動の際、身の安全を守ることができる。

通帳・印鑑・カード

火事などで燃えたり火事場荒らしが起きるかもしれないので、常にセットで持ち出しやすい場所に置いておくべき。

毛布

避難所での防寒具として使える。

衣類

避難生活が長期化する恐れがあるので用意しておくと良い。


私があれば良いと思うものは以上ですが、子どもがいる場合など人によって必要なものは違うと思いますので適宜必要なものを考えて用意しましょう。



最後に

本当に日本に住んでいる限りいつ地震が起きるかは分かりません。

地震から身の安全を守るには日ごろからの準備が大切だと思うのでまだ防災グッズを準備していない人は早めの準備を心がけましょう。


CPUでマイニングできる仮想通貨はいくつかありましたが今人気のあるビットゼニー(BitZeny)を採掘することにしました。

ビットゼニー(BitZeny)のVer2.01のマイニングの始め方をまとめているサイトがなかったので、ビットゼニー(BitZeny)のマイニングの採掘方法の手順をまとめます。




ビットゼニー(BitZeny)とは


ビットゼニー(BitZeny)は2014年11月に生まれた日本発の国際仮想通貨の一つで、ビットコインをベースに開発された。

最近まで開発者がいなくなるなど三年間ほど放置されたが、2018年に入って開発が再開しバージョン2.0が公開された。

ビットゼニー(BitZeny)の基本情報


  • 通貨単位:ZNY
  • 最大発行数:2億5000万ZNY
  • 時価総額:107,993,786円(2018年6月17日現在)
  • 1ZNY ≒ 1.43円(2018年6月17日現在)
  • 公式サイト:https://bitzeny.tech/

ビットゼニー(BitZeny)の特徴


  • 日本発の仮想通貨
  • コミュニティの人気が高い
  • CPUでマイニングができる
私がビットゼニー(BitZeny)を採掘しようと考えた理由は上記の特徴にあります。

日本発の仮想通貨ということで公式サイトなども日本語で書かれており、日本人にとってとっつきやすいです。他の仮想通貨を扱う際には英語でのコミュニケーションが必要になる場面もあります。

それに加えコミュニティの人気が高いことも重要です。コミュニティが活発でない仮想通貨は使用する人がいないということなのでどれだけ大量に保有していても意味がありません。

以上のことから採掘するコインをビットゼニー(BitZeny)に決めました。


ビットゼニー(BitZeny)をマイニングする


ここからはビットゼニー(BitZeny)を実際にマイニングする手順を説明します。


1.ビットゼニー(BitZeny)のウォレットのインストール


マイニングするためにはビットゼニー(BitZeny)を入れるための財布であるウォレットを導入する必要があります。まずは下記のリンクから公式サイトにアクセスします。

https://bitzeny.tech/

トップページの左上にある Downloads をクリックします。

bitzeny1


Downloadsをクリックすると下記の画像の画面に移動するので自分にパソコンに適したバージョンをクリックしてください。そうするとダウンロードが始まります。

bitzeny2


ダウンロードを完了したらダウンロードしたexeファイルを起動してインストールしてください。基本的に”Next”を押していけばインストールできます。

インストールが完了するとビットゼニー(BitZeny)のウォレットを起動した画面になります。

始めて立ち上げるとビットゼニーのブロックチェーンと同期を始めるがこの同期にはかなりの時間がかかります。環境にもよるのでしょうが私は、半日ほどかかりました。


2.CPUマイニングツールをダウンロードする


下記のGithubのリンクにビットゼニーのCPUマイニングツールが置かれています。

https://github.com/macchky/cpuminer/releases/tag/v2.6.0

下記の画像の赤の丸でかこっているところをクリックするとダウンロードが始まります。ダウンロードが完了したらzipファイルを好きな場所に解凍してください。

bitzeny3


マイニングツールにセキュリティソフトが反応することがあるのでセキュリティソフトの設定でマイニングツールのフォルダを監視外にしておきましょう。


3.マイニングプールの登録


マイニングプールとは


仮想通貨のマイニングは一人でやっても効率が悪いので浮く数人で協力してマイニングを行い報酬を分割するマイニングプールというものがあります。

マイニングプールでの報酬は、ハッシュレートなどのマイニングの貢献度において分配される。

ビットゼニーの主なマイニングプールとして下記のようなものがあります。
うさぎコイン発掘所やみそスープールは以前利用しようとしたら利用者が多くうまく採掘できなかったので今回はみずたまりでマイニングしていきたいと思います。


1.アカウント登録


みずたまりのページにアクセスし右上にある「ゲスト」→「サインアップ」をクリックすると新規アカウント登録の画面に移行します。

パスワードは大文字小文字数字をおりまぜて分かりにくいものにしてください。
メールアドレスはGmailなどのフリーアドレスで大丈夫です
PINは任意の4桁の数字を入力してください。ただ忘れないように注意する必要があります。

bitzeny4


登録後ログインしてください。


2.ワーカー設定


次にワーカー情報を作成する必要があります。画面左側のメニューから「アカウント情報」→「ワーカー設定」を選択してください。

bitzeny5

下記の画面で「WorkerName」と「WorkerPassword」を入力して「追加」をクリックすると
ワーカーを追加できます。

bitzeny6

登録が完了するとワーカー設定の画面に先程登録したワーカー情報が表示されます。


3.ウォレットアドレスの登録


マイニングプールからの報酬を受け取るために先ほどインストールしたウォレットのアドレスを登録する必要があります。

ウォレットアドレスは「ファイル」→「受け取り専用アドレス一覧」で確認することができます。

bitzeny7

ウォレットアドレスの登録は「アカウント情報」→「アカウント設定」を選択すると行うことができます。

bitzeny8

アカウント詳細の出金先アドレスの欄に確認したウォレットアドレスを入力しアカウント情報を更新してください。

ウォレットアドレスを間違えるといくらマイニングをしても報酬が届かないので注意してください。


4.マイニングツールの設定


マイニングプールの登録を完了したらマイニングツールの設定をします。これが終わればいよいよマイニングを開始できます。

Windowsを例にマイニングツールの設定の方法を説明します。マイニングを行うためにバッチファイルを作成する必要があります。

先ほど解凍したマイニングツールフォルダ(ZNYminer260)内で右クリックして新規テキストファイルを作成してください。ファイル名は何でも大丈夫です。

このテキストファイルを以下のように書き換えてください。

minerd260.exe -a yescrypt -o stratum+tcp://bitzeny-m.mizutamari.work:19701 -u user -p password

work:の横にある19701は採掘難易度です。CPUが第8世代のCore i7であったりそれ以上の強力なものを使用している場合は19702にしてください。

userのところにはプールのアカウント名と先程作成したワーカー名をピリオド "." でつないだものに書き換えてください。
アカウント名が ”Toshio" でワーカー名が "cat" の場合は、”Toshio.cat" という風にしてください。

passwordは先程登録したWorkerPasswordに書き換えてください。

記述し終わったら保存して閉じ、拡張子を "txt" から "bat" に変更してください。拡張子を変更するとファイルを使えなくなる恐れがというメッセージは無視して大丈夫です。


作成したバッチファイル(bat)をダブルクリックで実行するとマイニングを開始することができます。

bitzeny9

マイニングに成功するとyay!!!と表示されます。


最後に


現在私はCore i7-930を使ってマイニングを行っていますが一日に6znyほど採掘できています。

現在のビットゼニー(BitZeny)の価格から考えると非常に安いですがこれからの値上がりに期待して掘ってみたらどうでしょうか。

パソコンを持っていれば誰でも始めることができるのでおすすめです。


BitZenyをGPUマイニングする方法をまとめました。興味がある方は読んでみてください。

BitZeny(ビットゼニー)をGPUでマイニングしてみた。


DSC_2338

早瀬耕さんのデビュー作である『グリフォンズ・ガーデン』を読みました。

『プラネタリウムの外側』を読んだことから他の作品が気になり本作を読みましたが、1992年に書かれたと思えないぐらい内容が先進的でした。

世界の不思議や在り方について考えさせられる一冊です。



あらすじ


東京の大学院で修士課程を収めた主人公は、就職のため恋人の由美子とともに札幌を訪れた。

勤務先の知能工学研究所は、グリフォンの石像が見守る深い森のなかにあり、グリフォンズ・ガーデンと呼ばれていた。

主人公は、研究所が保持しており世界には公表されていないバイオ・コンピュータIDA-10の中に、人工知能の技術を用いて新しい世界を構築しようとする。

主人公が存在する「PRIMARY WORLD」と主人公が創った「DUAL WORLD」の二つの世界で物語が進んでいく。


感想



二人の主人公の物語


本作は、短いタームで「PRIMARY WORLD」と「DUAL WORLD」の二つの世界が交互に描かれていきます。

「PRIMARY WORLD」の主人公は、大学院を修了し研究所に着任したところから物語が始まります。

主人公は、IDA-10を使い新しい世界を作ったことから、自分が存在する世界も自分が創った世界のように誰かが創った世界なのではないかと疑念を抱きます。

「DUAL WORLD」の主人公は、学部の学生時代から物語が開始します。創造主であるの主人公や由美子をモデルとしているため「PRIMARY WORLD」の主人公の学生時代を描くかのように物語は進行していきます。

それぞれの物語が繰り広げられている世界は異なるがそれぞれの世界が互いに影響を与えているのが本作のおもしろいポイントです。


無限と有限


本作では度々無限と有限についての話題が現れます。

その一つとして、主人公とDUAL WORLDの主人公の彼女の佳奈が合わせ鏡について議論する場面があります。

佳奈が合わせ鏡は無限を証明できる神秘的なものと言うのに対し、主人公は合わせ鏡はいつか鏡どうし反射し続けると光よりも大きさが小さくなるため有限のものであると言います。

PRIMARY WORLD の主人公は、自分が創った世界の主人公にも同じような世界を作らせようとします。世界は無限に作られていくのでしょうか、それともいつかはループから抜け出す有限なのでしょうか。

無限と有限の話題は、本作にも大きく関わっており非常に興味深いです。




技術の進歩


本作の時代設定は、1980年代となっていて第五世代コンピュータの全盛期です。

第五世代コンピュータは、ハードウェアの「人工知能が人間知能(人間脳)を越えること」を目的としてしました。そんな時代を描いている本作と現代の技術を比較するのは非常に興味深いです。


1.記憶装置の容量

グリフォンズ・ガーデンでは、主人公の上司である藤野さんが100GBの記憶容量を申請する場面がありますがそこで主人公はもしTBも記憶容量があっても使いきれないだろうといいます。

しかし、現代ではTB単位の記憶装置が一般家庭で使用されています。



2.機械翻訳の性能の向上

"Time flies like in arrow." という文の機械翻訳について考える場面があります。本来は ”時間は矢のようにとぶ。” と訳すのが正解ですが本作では1980年代の方法では ”時蠅は矢が好きだ” と翻訳されると考察されています。

現在は、google翻訳を用いて翻訳すると正しい訳がされているためここでも時代の進歩を感じます。

tran


上記の二つ以外にも様々な技術を現代と比較することができます。

まだ実現されていない技術もありますが、昔のSF小説を読んでいると現在発売されたばかりのSF小説の技術もいつかは叶うような気がするので楽しみですね。


最後に


本作は好みは分かれるのかもしれませんがSF小説らしい終わり方をしていて私はとても好きです!

終わり方を話すとネタバレになってしまうので言えませんが、SF小説が好きな人にはぜひ読んでもらいたいです。

また理系の方で人工知能などの技術に興味がある人が読んでも楽しめると思います。

最後の最後まで、世界の表現のされ方に魅了される作品でした。

ぜひお手に取って読んでみてください。






↑このページのトップヘ