としおの読書生活

田舎に住む大学院生であるとしおの読書記録を綴ります。主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にも旅行やパソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

2018年07月

Python9


普段はUbuntuを使ってPythonのコードを書いているのですがとある都合でWindowsでコードを書かなければいけなくなったためそのついでにWindows10でPython3をインストールする方法をまとめました。


インストーラーのダウンロード

下記のPythonの公式サイトにアクセスします。

https://www.python.org/

公式サイトにアクセスしたらDownloadsをクリックします。

Python1

ページが遷移したら次にWindowsをクリックします。

Python2


下記の画面に遷移したら、64bit バージョンを使用する場合は "Windows x86-64 executable installer" をクリック してくださいそうするとインストーラーのダウンロードが始まります。インストールするバージョンは基本的に最新バージョンにしましょう。(2018年7月22日現在では3.70が最新バージョン)

32bit バージョンを使用する場合は "Windows x86 executable installer" をクリックしてください。

Python3



インストール

インストーラーがダウンロードできれば次はインストールです。先ほどダウンロードしたインストーラーを起動してください。

インストーラーが起動したら最初に "Add Python 3.7 to Path" のチェックボックスにチェックをいれてください。こうすることで自動的にPATHを通してくれるので後でPATHを通す作業がいらず楽です。

インストール方法は "Install Now" と "Customize installation" のどちらを選択してもよいのですが今回は、インストールを指定したいので "Customize installation" を選択します。

Python4


次の画面では、自分が必要なものにチェックを入れてください。分からなければそのままNextをクリックしても大丈夫です。

Python5


次の画面でも必要なものがあればチェックボックスにチェックを入れましょう。基本的にそのままで大丈夫です。

インストール先を指定した場合 "Browse" から好きな場所を指定しましょう。

"Install" をクリックしたらインストール完了です。


Python6




正しくインストールできているか確認する

インストールが完了したら正しくインストールができているか確認しましょう。

確認するのにコマンドプロンプトを使います。起動のし方が分からない場合は,windowsキー + r  を押し cmd と入力すれば起動することができます。

Python7

コマンドプロンプトを起動したら "Python -V" と入力してください。下の画像のように正しくバージョンが表示されれば正しくインストールができている証拠です。

もしエラーが出てしまった場合どこかの手順で失敗している可能性がありますのでもう一度確認してみましょう。(おそらくPATHがうまく通せていない)

Python8



おわりに

現在はpipも自動的にインストールされるみたいなのでライブラリをインストールするときとかも便利ですね。Pythonの使い方を学びたい場合下記の本が参考になるので読んでみてください。



ずっとウルトラワイドモニターを買いたいと思っていたら、Amazon Prime Day(プライムデー)にウルトラワイドモニターが通常価格より一万円引きで売っていたので購入してしまいました。

29型か34型にするか悩みましたが以前使っていたモニターが23型であったため縦幅があまり変わらない29型にしました。34型だと横に長すぎて湾曲ディスプレイじゃないと使いにくいかもしれないと思ったという理由もあります。

届いて驚いたのは普通のモニターを買った時と比べて箱が長いことです。さすがウルトラワイド!

DSC_2431

開けてみる発泡スチロールでモニターが挟まれており、それを取り除くととうとうウルトラワイドモニターと対面です。

DSC_2432


ウルトラワイドモニター【29UM59-P】の付属品はセットアップガイド、モニタースタンド、HDMIケーブル、電源コード、AC‐DCアダプタ、CD-ROM(取扱説明書/ソフトウェア収録)でした。

HDMIが付属しているのを知らずに無駄に新しく一本買ってしまった。しっかり調べればよかった…。

あとどうしてCDがむき出しで入っていたのかが気になってしまった。ディスクに傷がつきそう…。

DSC_2435


モニターを設置してみます。

設置前に使用していたモニターは、ASUSの23型のゲーミングモニター(VX238H-P)でした。

下記の上の画像が設置前で下の画像がウルトラワイドモニター設置後です。


DSC_2434
ASUSの23型のゲーミングモニター(VX238H-P


DSC_2436
LGの29型のウルトラワイドモニター(29UM59-P)


机の大きさにあっていたため29型にしてよかった。34型だとスピーカーを置くスペースがなくなりそう。

使用してみると作業をする際にも以前より効率よく使えそうでいい感じ。

PUBGをしてみたらとにかく視野が広くなり驚いてしまった。まさしく物理的チートだ!

付属のソフトウエアで画面分割の設定を選べるのもよく、その中でも特に縦三分割の設定が気に入った。行う作業によって簡単に設定を変更することができるのもよい。

wide




まとめ

ウルトラワイドモニターを購入してよかったです。通常サイズのモニターをデュアルディスプレイで使おうと思っている方には、ウルトラワイドモニター一枚で大丈夫ですのでウルトラワイドモニターをすすめたいです。

本モニターの不満点はCDが裸で入っていたことぐらいでそれ以外は満足です。

今回私はプライムデーのおかげで2万円ほどで買えたので次のセールの際に狙ってみてはどうでしょうか。




DSC_2442


逸木裕さんの『星空の16進数』を読みました。

書店で表紙とタイトルに惹かれて買った作品でしたが、読了後本作に巡り合うことができて良かったと思えるほど素晴らしい作品でした。

ここまで登場人物が魅力的なミステリー小説はなかなかないのではないのでしょうか。



逸木裕『星空の16進数』

高校を中退してウェブデザイナーとして働く17歳の藍葉は、"混沌とした色彩の壁"の夢をよく見る。それは当時6歳だった自分が誘拐されたときに見た、おぼろげな記憶。藍葉は、たびたびそれはいったい何だったのだろうかと考える。

真実を知りたい藍葉は私立探偵のみどりと出会い、誘拐事件の犯人の捜索を依頼する。

己の好奇心を満たしながら誘拐犯の数奇な人生をたどっていくみどりと、"色彩の壁"の再現を試みる藍葉はやがて、事件の隠された真相に近づいていくが——。

藍葉とみどりのいびつな個性を持つふたりが出合い、予想を超えた真実にたどりつく。



『星空の16進数』の魅力


『星空の16進数』は依頼主と藍葉と探偵のみどりのダブル主人公で進行していく作品ですが、このふたりの主人公の両方が個性的でとても魅力的です。

ミステリー小説は、どちらかというとミステリー要素が重いことが多く登場人物が魅力的でない作品が多々あるが、本作は登場人物が個性的で本当に魅力的です。


依頼主の藍葉は、話すことが苦手で社会的にはあまり上手くいっていない人物です。しかし、色を識別することが得意という特徴的な能力があります。

普通の人は色を聞かれれば赤色、青色などで答えると思いますが藍葉は違います。藍葉が色を表現するのに使用するのは16進数カラーコード(赤であれば "#ff0000" など)です。この特徴だけで藍葉が芸術性の強い人物であるということが分かります。

物語が進むにつれて読者は藍葉という人物を好きになるでしょう。藍葉が様々な人物と関わることで自分の才能の活かし方や人との接し方を覚えていき徐々に成長していく姿が魅力的です。


探偵のみどりは、一見ミステリー小説によく登場するカッコイイ探偵に見えるのですが、藍葉の依頼を引き受ける裏の目的として自分の欲求を満たすというものがあるため少しクレイジーな人物にも見えます。

みどりの藍葉のために動いているのか自分のために動いているのか分からない不思議なところも魅力的ですね。

その他に登場する人物も個性的でそれぞれの人物に特有の魅力があります。



感想(ネタバレあり)

最初にも書いた通り本当に素晴らしい作品でした。

私は、藍葉ように色の違いを256の3乗である16,777,216通りで表すことができません。それでも本作を読んだことで美術作品の色彩の違いを藍葉のように感じてみたいと思いました。美術館に行って色彩がきれいな作品を見に行きたいな。

以下ネタバレを含みます。






















本作は終わり方がすごくきれいな作品でした。藍葉と朱里がそれぞれ16進数カラーコードと色の和名で今現在自分が見ている色を言い合う場面がたまらなく好きです。最後の場面で朱里は絵が描けなくなってしまったといっていたが藍葉との出会いで改めて絵を描き始めるのではないのでしょか。

先ほども書きましたが本作は登場人物が本当に魅力的でその中でも私は藍葉という人物が最も好きです。人としてもデザイナーとしても成長していってるのが良いなと感じました。

物語の序盤では、藍葉は会社に上手く利用されているウェブデザイナーとして働いていました。同僚の涼子から会社の指示に従っているだけではダメだといわれてもその意味がよく分かっていませんでした。

しかし、黒須に出会ったことをきっかけに藍葉の才能は開花をはじめました。黒須からの仕事の依頼をよく思っていない成貴にたいしてもみどりと出会ったおかげで人間的に成長した藍葉は会話をして成貴に許してもらうという方法をとれるようになりました。

デザイナーとしても朱里の作品を意識した作品しか作れなかった藍葉は、仕事として芸術に向き合うことで朱里以外の作品を参考にその場に適した作品を作れるようになったのにも成長を感じました。

藍葉と黒須の関係ですが黒須は藍葉にとって最終的に色があわない存在でした。これは黒須の名前に入っている黒という字も関係しているのかなと思いました。藍色に黒色が混ざってしまえば藍葉の色がなくなってしまいますからね。黒須はホテルでの行為がなければけっこう好きな人物だったんだけどな。

朱里に憧れて本棚を作り始めたとき、最初は朱里の真似をしていただけですが最後は自分でパレットをコントロールできるようになっており藍葉の成長の集大成だと分かりました。

記事を書いてて気が付いたのですが藍葉と上手くいっている人物の名前に入っている色は藍色と相性がいい気がしますね。


みどりに関しては途中までは探偵としてかっこいいキャラをしているなと思っていたのですが最後の三瀬にワザと自分を殺させようとしたということをしって本当にクレイジーな人物なんだと思いました。

家族ができ子どもも生まれたわけですから浅川のそろそろ落ち着いてほしいという気持ちが分かります。今回の事件をきっかけにみどりは変われるのかな。



おわりに

『星空の16進数』を読めてよかったです。タイトル買いして正解だったな。

読み終わった人と意見を共有したいな。

まだ本作を読んでいない人はぜひ読んでみてください。



 

koto1

今回は、CPUマイニングができる仮想通貨KotoのGPUマイニングに挑戦してみたので記事を書きました。

今回KotoのCPUマイニングのやり方を知っていることを前提に記事を書きますので、CPUマイニングのやり方が分からない人は下記の記事も参考にして一緒に読んでください。

CPUでマイニングできるKotoをマイニングしてみた。



KotoのGPUマイニングを始めるには

KotoのGPUマイニングを始めるためにはKotoのウォレットを事前に用意する必要があります。

またマイニングプールを把握しておいたほうが良いです。個人で掘ろうと思っている場合かなりのGPUが必要なのでだいたいの人がプールを利用してマイニングしています。

その他セキュリティソフトを解除しておかないとマイニングソフトをダウンロードした段階で検知されてしまう可能性があります。

これらの設定がまだ済んでいない場合下記の記事を参考にしてセッティングしてください。

CPUでマイニングできるKotoをマイニングしてみた。



ccminerのダウンロード

KotoをGPUマイニングするためにはccminerをダウンロードする必要があります。

ccminerは下記のページよりダウンロードすることができます。

【マイナー必見】ソロマイニングに対応したよ【高速化Part4】

下記の画像の赤で囲まれているリンクにアクセスするとOnedriveのページに遷移しダウンロードが始まります。もし始まらない場合ccminerの最新版のフォルダをダウンロードしてください。

bitzeny_gpu


ダウンロードが完了したらそのフォルダを好きな場所に解凍してください。



バッチファイル(.bat)の作成

ccminerを使うには拡張子が.batのファイルを作る必要があります。

今回はKPOOLを利用した場合のバッチファイルの書き方を説明します。他のプールを使う場合は、一部記述の方法がことがあるのでそのプールのページを参考にしてください。

先ほど解凍したccminerのフォルダ内で右クリックして新規テキストファイルを作成してください。ファイル名は何でも大丈夫です。

このテキストファイルを以下のように書き換えてください。

ccminer.exe -a yescrypt -o -d 0,1 stratum+tcp://jp.kpool.jp:3333 -u Kotoアドレス

赤字の部分は人によって異なります。

-d は二枚以上のGPUを使用する場合に必要な設定です。一枚しか使わない場合はなくても大丈夫です。二枚使う場合は -d 0, 1 のように書いてください。

Kotoアドレスには自分のKotoアドレスを記述してください。



マイニング開始

作成したバッチファイルを実行するとマイニングを開始することができます。


Koto_gpu


yay!!!が表示されていればマイニング成功です。

上の画像はgtx 1060 6GB を使った例ですが、6.5kH/s ほどでておりCPUを使う場合より効率がよいです。


おわりに

KotoのがGPUマイニングができるようになったおかげで以前よりも効率よくマイニングできるようになりました。

Kotoの価値は今後ますます上がる可能性があるのでGPUを持っている方はKotoをGPUでマイニングしてみたらどうでしょうか。

本記事がGPUマイニングを始める皆さんの参考になったらうれしいです。

DSC_2430



最近、自然言語処理の参考に言語学を勉強したいと思った矢先に本書を見つけたので手に取ってみました。

言語学という学問について基本的な内容が語られており面白い一冊となっていました。



黒田龍之介『はじめての言語学』
  • 第1章:言語学をはじめる前に—ことばについて思い込んでいること
  • 第2章:言語学の考え方—言語学にとって言語とは何か?
  • 第3章:言語学の聴き方—音について
  • 第4章:言語学の捉え方—文法と意味について
  • 第5章:言語学の分け方—世界の言語をどう分類するか
  • 第6章:言語学の使い方ー言語学がわかると何の特になるか?

第1章では、我々が考えている言語学と学問としての言語学のギャップを解説してくれます。

本書を読むまで私の言語学のイメージは現代語や文法についての研究をしているイメージがあったのですが、その他にも語源をたどったりしてるんですね。

意外だったのは、言語学者は言葉の厳密さに対して厳しそうなイメージがあったため若者言葉などは嫌がるのかと思っていましたがそうではないんですね。言語は常に変化していくものであるというのが言語学者の考え方みたいです。なので若者言葉が存在するのは当然みたいです。

第2章では言語学にとっての言語とはどういったものであるのかを解説しています。

人によっては、猫や犬の鳴き声も言語であると主張する人がいるかもしれませんが、言語学にとっての言語はあくまで人間の喋ることばのみみたいです。

また黒田龍之介さんは、言語は記号の体系であると主張しておりこれはすごくよい表現であると思いました。言語が記号の体系であるからこそ自然言語をコンピュータで扱うことができるんだと納得いきました。

第3章では言語の音について解説されています。

この章を読んでいて昔第二外国語でフランス語を勉強していたとき上手く発音できなかったのを思い出しました。言語学を学んでいる人も新しい言語を発音するために苦労しているのが分かりおもしろかったです。

第4章では、文法やことばの意味を言語学ではどのように考えているのかについて言及されています。

教科書に載っているような文法は言語学者の中で絶対のルールであるのだと思っていたのですがそうではないみたいですね。言語学者によって文法に対する考え方が分かれているみたいでこれを読んで改めて言語学って変な学問だと思いました。

また、言語学者が一番小さい言葉の意味について研究してくれているおかげで形態素解析の技術の発展につながっているんだと改めて思いなおせてよかったです。

第5章では、言語学では世界の言語をどう分類するのかについて解説されています。

言語を分類する方法って政治的に見たりするなど色々あるみたいですが、私は語源に基づいて分類するのが言語と歴史の関係を表しているみたいでいいなと感じました。

日本語の語源ってまだよく分かっていないみたいですがどんな言語と親戚であるのか気になりました。

第6章では言語学を学んだらどういう場面で役立つか語られています。

著者の黒田龍之介さんは、現在外国語学習者を応援する活動をしているみたいなので外国語の勉強の役に立つという考えはすごく説得力があるなと思いました。




どういった人が本書を読むべきか

私が本書を読んだうえで本書を勧めたい人は下記に該当する人だ。
  • 何かしらの外国語を学習している人
  • 言語学に興味がある人
  • 世界史などの歴史に興味がある人

まず外国語を学習している人に勧める理由は、著者の黒田龍之介さんも第六章で語っていたが言語学を知ることは外国語学習者にとってとても有意義なものになると思う。特に世界対応で音を示している国際音声字母(IPA)を知っていればほとんどの言語の発音ができるようになるのでかなり有利に働くのではないのだろうか。

次に言語学に興味がある人に勧める理由は、本書はよく販売されている入門書より一段階優しい本だと感じたからだ。いきなり難しい本を読むより本書を読んだほうが言語学について深く興味が持てるのではないのだろうか。(私は、昔言語学の入門書を読んでいる段階で挫折したことがある)

最後に歴史に興味がある人に勧める理由だが、言語の語源を歴史とあわせて見ていくことができれば非常に楽しめると思ったからだ。語源をたどることで政治的関係なども新たにみつけることができるかもしれない。



本書をお勧めできない人

先程と逆で本書をお勧めできない人は何かしらの形で言語学を学習したことがある人だ。

言語学を学習したことがある人からしてみれば本書は基本的なことについてしか語られていないからあまりためにならないと思う。

本書は様々な言語を例にして説明しているのでそういうのを楽しみたい人であれば読んでいて楽しめるのかもしれない。




さいごに

本書を読むだけでは私の当初の目標であった自然言語処理への応用は叶わなかったがそれでも本書を読んでよかったと思った。

言語学という学問が置くが深くとても面白いものであると知ることができたのは大きい。また今後私が自然言語処理に応用するためには、文法についての言語学を研究している人の書籍や論文を読めばいいと理解することができた。

本記事を読んで言語学に少しでも興味が持てた人にはぜひ本書を読んでもらいたいです。



↑このページのトップヘ