964308_s

有薗隼人さんの『働きながら小さく始めて大きく稼ぐ 0円起業』を読んだので内容をまとめて行きます。




『働きながら小さく始めて大きく稼ぐ 0円起業』の概要


近年、人生100年時代にむけて貯蓄を増やすために、「サラリーマンなんてつまらない!」という刺激的な物言いで起業を勧める本や人がけっこう多い気がしませんか?

こういった本は、安定した収入を捨てて起業に失敗した時のリスクを考えていません。


そこで、本書ではリスク最小限で”働きながら”できる起業の方法を紹介します。

ただ、働きながら起業すると言っても、起業にお金を使いすぎると失敗したときのダメージがでかく最小限のリスクとはいうことができません。

最小限のリスクで起業をするために働きながらの他に"小さくはじめる"ということにも焦点をあてていきます。
私がアフィリエイトサイトで儲けた経験を通して皆さんに小さくはじめても大きく稼げる方法を伝えていきたいです。


起業と聞けば退路を断って始めるイメージをもっている方が多いかもしれませんが、私は安全策から始める「0円起業」でもいいと思っています。

本書を通して皆さんに0円起業にチャレンジしてもらい、リスクが低いというメリットを活かしてどんどん失敗して貰い経験を蓄えてもらいたいです。

一度の起業で上手くいく人なんでほとんどいません。多くの人は失敗を糧になんども立ち上がり続けています。

失敗時のダメージを恐れずに挑戦してみましょう。
やるか、やらないかは、あなた次第です。



自分の武器を見つける方法


ビジネスを始めるにあたりどういうジャンルではじめるか決める必要があります。
定期的に色々なビジネスが流行し、それに飛びつく人がいますがそういった人は大抵失敗に終わります。

もしやってみたいと思うビジネスのアイデアがあればまずは以下の三つの観点について考えてみましょう。

  1. 得意/苦手
  2. 好き/嫌い
  3. 儲かる/儲からない

この中でも特に重要となるのが"得意/苦手"です。

好き/嫌いは直感的に分かり、自分で感じるものはだいたいあっています。

儲かる/儲からないもやってみないと分からないところが多いです。(もちろん、まわりから全く需要がないビジネスは失敗します)

一方、得意不得意については自分の市場価値を把握できないことが多いので、客観的な評価が必要になります。
自分が得意だと思っていることもまわりからの評価を聞いてみると、そうではないことがよくあります。

そこで自分の武器を見つけるために自分の棚卸を行う必要があります。

自分の棚卸では以下の2点を洗い出し、見え返せるようにまとめましょう。

  1. 自分がこれまでにやってきたこと/やってなかったこと
  2. 出した成果/やってしまった失敗

自分一人で分析できない場合は、LINEのアンケートなどを使って周囲の人にヒアリングすることも有効です。

起業の原資は自分なので、良い点悪い点も、恥ずかしい点も含めて自分の棚卸を行いましょう。

それがあなたの武器になります。





さまざまな「格差」を利用する


ビジネスチャンスは「格差」のあるところは生まれます。
人間は格差があるから欲求が生まれ、欲求があるからそれを生めるためのビジネスを求められます。

人との格差は自分のいる環境や住む場所によって否応なしに格差が発生します。

ビジネスに活かせるか格差として以下のものがあります。

  1. 情報格差
  2. 経済力の格差
  3. 地域の格差
  4. 男女の格差
  5. 世代の格差

格差をビジネスに利用するというのは人によっては嫌悪感を覚えるかもしれません。
しかし、なかなか埋められない格差をうめるための武器がビジネスなのです。

ビジネスをとおして格差を埋めることで自分のためだけではなく世のため人のためになります。

地域の格差を例に上げると田舎に住んでいる人は都会に住んでいる人に比べて新しいものを手に入れにくい環境にあります。
しかし、現代では通販などのインターネットビジネスによってどこにいても自分のほしいものを手に入れることができるようになり地域間の格差が埋まりつつあります。

格差を利用することを悪いものとしてとらえるのではなく、人のためになるものだととらえてビジネスを行っていきましょう。



小さく始める


最初に述べたように0円起業ではいきなり大きいことをするのではなく小さいことから始めて行くことが重要です。

そこで私が働きながらでもできるビジネスとしておすすめしたいのがネットビジネスです。
ネットビジネスをすすめる理由として以下の2点があります。

  1. 初期投資がほとんどかからないから
  2. パソコン・スマートフォンとインターネットがあればよい

1番についてですが、アフィリエイト事業では商品のしいれだいがかからないため、初期投資がほとんどかかりません。

アフィリエイトを行うために無料ブログを使うという方法もありますが本格的に始めるなら、レンタルサーバーを借りて独自ドメインでサイトを作成することをおすすめします。
多少資金がかかりますが、それでも1~2万円あれば十分なので1ヶ月のおこづかいをがまんするだけだと考えれば安いでしょう。

また、ネットビジネスは失敗した時に大きな借金を背負うことがないのも魅力的です。
そのため失敗を恐れずに新しいことをどんどん始めることができます。


2番についてですが、パソコン・スマートフォンさえあればオフィスなしでもビジネスを始めることができるというのが魅力的です。

そしてもう一つの利点としてビジネスのやりとりがメールなどを介してできことにあります。
電話などの直接人間を相手にしないといけない事業の場合、業務中にだとすぐにレスポンスすることができません。

一方メールでしたら自分の好きな時間にレスポンスが可能になるために時間の成約がゆるくなります。
これにより相手を待たせすぎることもなく、自分も好きな時間にできるというメリットがあります。

このような観点から小さく始めることができるネットビジネスを最初の起業としておすすめします。



まとめ


0円起業を始めるにあたり大切なことは以下の3点でした。

  1. 自分の棚卸を行い起業に活かせる自分だけの武器をみつけること
  2. 「格差」を埋めるためのビジネスを行うこと
  3. 失敗をしても立ち直ることができるように小さなことから始めていくこと

「働きながら小さく始めて大きく稼ぐ 0円起業」では本記事では紹介しきれなかった、0円起業での成功例や、起業のアイデアなど起業を行ううえで役にたつさまざまな情報がかかれています。

また、著者の有薗隼人の成功談、失敗談なども載っているので興味のある方はぜひ読んでみてください。