3776379_s

伊藤美佳さんの『マンガでよくわかる モンテッソーリ教育×ハーバード式』を読みました。

本書では、子どもたちが持っている力をぞんぶんに使わせて、子どもの才能を伸ばす方法が紹介されていました。
よくある教育本とは違い親のストレスなども考えて書かれていたのがよかったです。

以下、内容をまとめていきます。



『モンテッソーリ教育×ハーバード式』とは


モンテッソーリ教育とは、子どもを将来的に自立」させることを目的とした教育方法です。

日本では一般的に先生が指示する教育を受けることが多く、指示待ちの子が育ちやすいです。

一方、モンテッソーリ教育では、子ども自身にすべてを決めさせることで、子どもの発想力や問題解決能力をのばします。
自分の頭で考え自分で選択できるので、大人になっても活躍できるように育ちます。


もう一つのハーバード式とは、人の様々な能力について提唱した理論です。
頭の良い(IQが高い)人が優れた人間だと思っている人もいるかもしれませんが、人間にはIQ以外にも様々な能力が秘められています。

本書では、このハーバード式の考え方を日本人向けに以下の「9つの知能」としてアレンジしました。

  1. 言葉
  2. 自然
  3. 音楽
  4. 自分


本書をとおして皆さんには『モンテッソーリ教育×ハーバード式』つまり「自律」と「9つの知能」を掛け合わせた、お子さんの才能をぐーんと伸ばしつつ、子育てが楽になる「輝きメソッド」を紹介していきます。




子どもの行動の秘密


子どものイタズラで困ったことはありますか?

親目線で考えるとイタズラなどは困った行動に見えるかもしれませんが、子どもは親を困らせたいと思いその行動をしているわけではありません。

子どもがやりたいと思ったことをやった結果、親が困っているだけなのです。

例えば、子どもが床に絵を書き出すと親としては困りますが、子どもは絵を描くことで手の器用さや感性を伸ばしたいと思っているのです。
こういうときは、大きな模造紙などを子どもに与えて床一面に絵を書かせてあげましょう。

ママやパパがイライラしてしまうと子どもも萎縮してしまうので、優しく見守ってあげられる方法で自由に遊ばせることが大切です。


子どもは不思議な行動をよくしますがそれは、すべて自分の能力を伸ばすためにやっていることです。

もし親にとって困るような行動場狩りする場合は、子どもとルールを決めることをおすすめします。
ルールを決めることで子どもも親も満足した子育てができるでしょう。



6歳までの育て方で未来が変わる


よく日本の学校教育が悪いから子どもが指示待ち人間になってしまったという話を聞きますがそれは間違いです。
子どもの性格は6歳までの育てかたで決まるので、学校に行く前の育て方で決まるのです。

遊び方を親が指示したり、困っているときにすぐに手助けされている子どもは指示待ち人間になりやすい傾向が高いです。

親は「子どもはなんでもできる存在なんだ」という目で見て接していくことが大切です。
子どもが困っている時はすべて助けるのではなくできないところだけを手助けしてあげましょう。


また、子どもの脳がもっとも成長する時期は0~3歳です。
そのため、小さいからなにも分からないだろうと思って接するのは大間違いです。

0歳の子どもは喋ることはできませんが、親が言った言葉を意外と理解しているものです。
なのでどんどん話しかけることで子どもはどんどん成長していきます。
子どもが小さいうちに「話しかけたり」「見せたり」することを絶対に無駄だと思わないでください。





世界にはばたく才能を伸ばす「9つの知能」


冒頭で人間には9つの知能があるという紹介をしましたが、ここでは各知能がどのように役にたつか紹介していきます。

ちなみにこれらの知能の才能は生まれもって決まっているわけではありません。育てることですべての知能を伸ばしていくことができます。
私は、9つの知能をバランスよく育てることをおすすめしています。


1.「体」の知能

「体」の知能は体全体や体の一部を、問題解決や想像のために使う能力です。

基本的にはどんな仕事でも体を使いますが、この知能を伸ばすことでスポーツマンなどの体を動かす仕事はもちろん、医師などの手指の器用さを必要とする仕事でも役に立ちます。


2.「言葉」の知能

「話し言葉」や「書き言葉」を効果的に使いこなす力です。

作家やマスコミなどメティア関連の仕事で特に能力を発揮しますが、どんな仕事でもコミュニケーション能力が必要なので役に立つこと間違いなしの知能です。


3.「数」の知能

計算をしたり、問題を論理的に分析したりする能力です。

この能力はプログラマーなどのIT関連の仕事、エンジニアなどの技術者の仕事で役に立ちます。


4.「絵」の知能

「絵」の知能は、視覚的に空間のパターンを認識する能力のことです。

この知能が伸びている人は、デザイナーやヘアメイクアーティストなどクリエイティブな職業がおすすめです。


5.「自然」の知能

自然や人工物の種類を識別する能力です。

将来、旅行会社などの人と自然をつなぐ仕事で役に立ちます。
その他にも自然から得られた感性は、クリエイティブな仕事でも才能を発揮するでしょう。


6.「感覚」の知能

五感を駆使して、さまざまな情報を敏感に受け取れる能力です。

五感を使ったすべての感覚に優れているので様々な仕事で才能を発揮します。
「視覚」はデザイン関連、「聴覚」は音楽関連、「味覚」はシェフなどの料理の仕事で役にたちます。


7.「音楽」の知能

音楽の種類やリズム、音程などを識別する能力です。

言うまでもなく音楽にまつわる仕事に最適な能力です。
ピアニストなどだけではなく、映像関連などの仕事でも役にたちます。


8.「人」の知能

他人の感情や意図、動機、欲求を理解して、他人とうまくやっていく能力のことです。

どん仕事でも他人とは必ず関わることになるので必ず役にたつ知識です。特に才能が発揮できる職業は営業などの人の感情を理解する必要がある仕事です。


9.「自分」の知能

自分自身の長所や短所などを理解したうえで、目標達成や動機づけなどを自律的に行う能力です。

起業家などの方は、自分の知能が突出している人が多いです。おそらく自分自身の頭で企業プランを考えたりする必要があるからでしょう。



子どもへの「接し方8ヶ条」


最後に著者の経験を通して子どもの才能を伸ばすための接し方8ヶ条を紹介します。

  1. すべてを受け入れる
  2. 自分で選ばせる
  3. 信じて、待つ
  4. 満足するまでやらせる
  5. 子どもに解決させる
  6. 間違いを訂正しない
  7. 子どもと「楽しい!」を共有する
  8. 自然の中で遊ぶ

とにかく子どもを自由に育てることが才能を伸ばすことにつながります。
親の身勝手で子どもを制御しないようにしましょう。

また、親が楽しくなければ子どもも楽しくありません。
子どもと一緒に楽しいの気持ちをどんどん共有していきましょう。

また8つめの「自然の中で遊ぶ」ですが、小さいときからテレビやゲームばかりにふれている子どもはぼーっとした子になりやすいです。
自然にたくさんふれさせることで感性豊かな子に育てましょう。



まとめ


『モンテッソーリ教育×ハーバード式』の子育ての方法が少しでも伝わったでしょうか。

子どもの才能を伸ばすためには以下の二つのことが重要でした。

  1. 子どもを自由にのびのび育てること
  2. 様々な才能をバランス良く育てること

この二つのことを意識して子どもの才能をどんどん伸ばしていきましょう。

また、『マンガでよくわかる モンテッソーリ教育×ハーバード式』では9つの知能を伸ばすための訓練方法がイラストで紹介されているので興味のある方はぜひ本書を読んでみてください。