PXL_20210227_032531375


瀬尾まいこさんの『君が夏を走らせる』を読みました。

たった一ヶ月の短い夏を描いている作品ですが、二歳に満たない鈴香と高校生の大田君の成長を見ることができ、読んでいるだけで癒されるし、ところどころ感動するシーンもある良作でした。

以下、あらすじと感想になります。



『君が夏を走らせる』のあらすじ


中学三年生のころ駅伝に出場して以来、何かに夢中になることの楽しさをしった大田。

高校生になったら不良をやめて堅実に生きようと思っていた矢先、大田は目指していた高校の受験に失敗し、地域の不良が集まる学校に進学することになった。

周りとの温度の違いもあり、大田は徐々に高校から足が遠のいていった。

新しく夢中になることができるものを見つけることができず、日々をやり過ごしていた大田のもとに、中学のときに仲良くしていた先輩から一本の電話が入った。

その電話の内容は、妻が入院することになったので一ヶ月ほど、一歳の娘である鈴香の子守をしてくれないかというものだった。

高校生の自分が人の子守なんてすることができないと思った大田は、先輩からの頼みを断ろうとしたが、断り切れず一か月の子守を引き受けることにした。

子守を初めたはいいが、鈴香は泣き止まないし、ご飯も大人しく食べてくれない。

小さな鈴香に振り回された大田は、振り回されながらも鈴香とともに過ごす時間を幸せに過ごし、徐々に何かに夢中になるということを思いだすことになる。

二度と戻らぬ記憶に温かい、涙あふれるひと夏の奮闘記。



感想(ネタバレあり)


鈴香ちゃんと大田君の成長を描いているとても良い作品でした。

鈴香ちゃんの世話を頼まれたばかりの頃の大田君は、断り切れなくてしかたなく世話をしてあげている感がすごく強かったです。しかし、時間がたつにつれて鈴香ちゃんとともに過ごすことの楽しさを知った大田君を見ていると心がほっかりしました。

二人が仲良くなるにつれて別れの時が少しずつ迫っている様子が切なく感じました。

もちろん鈴香は先輩の娘なので二度と会えなくなるというわけではないのですが、二人で今までのような濃密な時間を過ごすことはもうないんでしょうね…。


大田君の成長


私は『君が夏を走らせる』のテーマは”成長”だと思っています。

一方大田君は、高校受験に失敗してしまい、物語の序盤では自分が成長することはないと感じながら自堕落な生活を送っていて、自分が成長することはできないと思い込んでいるような様子でした。

しかし、鈴香との出会いをきっかけに大田君は、どんな経験からでも人は成長できるということをしります。

  • 大田君が話しているのを聞いて「すげー」という言葉を使えるようになる
  • 大田君のまねをしておもちゃのフライパンで料理をする
  • 大田君が買ってきてくれた積み木で遊ぶ鈴香

鈴香は、まだ二歳なのでどんな些細な経験でもすべてを糧にして成長していきます。
その様は、大田君を通して学習をしているとも言えます。

そんな鈴香の成長を見てきた大田君はラストシーンで以下のように思います。

記憶のどこにも残っちゃいないけれど、俺にも鈴香と同じように、すべてが光り輝いて見えたときがあったのだ。もちろん、今だってすべてが光を失っているわけじゃない。こんなふうに俺に「がんばって」と声を送ってくれるやつがいるのだから。俺はまだ十六歳だ。「もう十分」なんて、言ってる場合じゃない。
『君が夏を走らせる』より

上記の大田君の想いから、大田君が閉じこもっていた殻をやぶって、これからも成長していくだろうということが分かりますね。





子育ての難しさ


大田君が鈴香に苦戦する様子や公園で出会ったママさんたちの様子を見ていると、子育てって大変なんだなと感じました。

それと同時に子育てには、子どもに好きなことをさせてあげることと、親が子どもが学ぶことができる環境を整えてあげることが大切なんだと本作から学びました。

大田君は基本的には鈴香ちゃんのしたいことに対して否定することはなく、適切な遊び方で遊ばせてあげていました。

また、大田君と鈴香ちゃんの様子を見ていると将来自分に子どもができたら、レトルト食品ばかり与えるのではなく、大田君のように子どもが満足するような料理を作ってあげたいなとも感じました。

その他にも鈴香ちゃんは昼食後必ず大田君に買ってきてもらった絵本を読んでもらうのが習慣だという場面がありました。

このシーンを読んで子どもが自ら絵本を読んでもらいだがるような環境を作りが必要だと感じさせられました。

とりあえず、将来子育てをするときは大田君の子育てを参考にすればなかなか良い子が育つような気がしました。



まとめ


『そして、バトンは渡された』を読んだことをきっかけに『君が夏を走らせる』を読みましたがとても面白く大満足でした。

大田君や鈴香のように常に自分は成長することができるということを忘れずに今後の人生を歩んでいきたいです。

余談になりますが、あとがきで、本作には『あと少し、もう少し』という前作があったということを知りました。

こちらでは、中学時代の駅伝のときの大田君の様子などを描いているみたいなので是非読んでみようと思います。