PXL_20210704_043451951_1

ゲーム開発初心者がUE4の極め本と呼ばれている『Unreal Engine4で極めるゲーム開発』をUE4の現時点の最新バージョンである4.26.2を使って勉強していきます。

極め本を最新バージョンで勉強したい人の役に立てれば幸いです。あくまで最新バージョンと極め本の差を紹介する記事ですので、極め本と並行して読んでいただければ幸いです。




前回の記事は以下になります。



本記事では、『第8章 メッシング』を勉強していきます。



8.1 メッシングの要点と準備


8.1.3 ナビメッシュ境界線ボリュームの配置


2.の[Nav Mesh Bounds Volume]の場所が、[アクタを配置]>[ボリューム]>[ナビメッシュ バウンズ ボリューム]に変わっています。

キャプチャ


8.1.4 天球とフォグを配置する


1.の工程のディレクショナルライトの[詳細]>[Light]>[Atmosphere Sun Light]の場所が、[詳細]>[大気と雲]>[Atmosphere Sun Light]に変わっています。

キャプチャ

操作的には変化がありませんが4.の表示オプションのメニューに表示されている内容も変わっていますね。

キャプチャ





8.3 スタティックメッシュを配置する


8.3.1 ブラシをブロッキングする


2.の[詳細]パネル以降で日本語翻訳が行われていて、[Actor]>[Convert Actor]から[アクタ]>[アクタを変換]に変わっています。

キャプチャ


8.3.7 坂道のメッシング


5.でカメラタイプを[フロント]にするとありますが、最新版では[右]にすることで極め本と同じような図になります。

キャプチャ



まとめ


本記事では、『第8章 メッシング』を勉強していきましたが普段CADなどのソフトを使う機会がない私としてはかなり苦戦しました。

見た目よくマップに配置していくの難しい…。

近いうちに次は第9章の変更点の紹介記事を書きます。

第9章はブループリントの概要的な記事だったのでブログに書くことがとくにありませんでした。。

第10章の記事を更新しました。