PXL_20210717_051357437_1

村田沙耶香さんの『生命式』を読みました。

本作は短編集となっているのですがどの作品も村田沙耶香さんらしい作品の良さがあり村田沙耶香ファンならぜひ読んでもらいたいという作品でした。

以下、あらすじと感想になります。



『生命式』のあらすじ


現在、少子化が大きな問題となっている。

この問題を解決するために私が住む国でいつの間にか誰かが亡くなったときに、その亡くなった人を食べ、その後会場で出会った人と性行為を及び子どもを作るという生命式が行われるようになった。

私は、正直子どものころの生命式がなかったときにたわいもない会話で人を食べるといったことが原因で周りから冷たい目で見られた経験もあり、正直いまだに亡くなった人を食べるのに少し抵抗がある。

ある日、喫煙仲間で私と同じように人を食べるのが苦手だった山本が事故で亡くなった。

彼も他の人とどうよう生命式が行われることとなった。

生命式では一般的に人の肉の臭みを消すために味噌鍋にして食べることが多いが、山本の遺書には自分のどこの部位をどのようにして食べてほしいかと細かく書かれていた。

山本を調理する手伝いをしたこともあり、久しぶりに人の肉を食べてみると山本は美味しかった。

生命式と村田沙耶香が厳選した短編12編が収録された作品。



感想(ネタバレあり)


生命式


一作目から村田沙耶香ワールド全開の作品で衝撃的でした。

カニバリズムが行われている世界感というだけでも衝撃的なのに、生命式という儀式で子どもを増やすための手段として使われていることに衝撃をうけました。

地球星人でもカニバリズムが描かれていましたが、村田沙耶香さんはカニバリズムが好きなのかな??

現実の世界では人肉を食べるのは禁忌とされています(もしかしたら食べている部族とかあるかもしれないが)。

この物語の世界ではいつしか生命式を行うことが当たり前となっているため、人の価値観というものは周りの人間の行動によってすぐに変化してしまうのだなということを感じさせられる作品でした。

ゴキブリなどは仲間の死体を食べるというので生物的にはありの行為かもしれませんが、正直私としては受け入れがたい世界感でした。

でも少子化が進んでいる世の中では生命式はないにしろいつしか子どもを育てるための工場みたいなのはできる可能性があるかもと感じました。


素敵な素材


人の素材を使った服や家具が美しいという価値観がある世界を描いた作品です。

生命式と近い世界感の作品でした。

本作では、生きている人間の素材を材料とすることはなく、死んだ人間を素材として使われていたため、現実世界の皮の財布などを作る素材を人間にしただけだと言われたらそれまでなのですがやはり抵抗を感じる作品でした。

この作品を読んでいると、他の動物は財布などの素材として使えるのにどうして人間を素材として使ったら駄目なのだろうかという疑問が生じます。

しかし、現実世界では倫理的に考えて人を素材にするっていうのはNGですよね。

ただ、ナオキのように死んだ自分の父などを素材として作られた美しいものをみたらこういう文化もありかもしれないと思う可能性も否めないと感じたため、人間の倫理観ってなんなんだろうと悩まされる作品となっていました。





素晴らしい食卓


この作品は本作で収録されている作品の中で個人的に一番好みの作品でした。

文化によって違う、食事に対する価値観というものを狭い世界で上手に描いた作品となっています。

私自身も日本のどちらかというと都会と呼ばれる場所に長年住んでいたこともあり、イナゴは食べられるよという話を聞いたことがあるものの食べるのに抵抗があります。

同じように中国では犬を食べる文化があるらしいですが、愛玩動物として犬を可愛がっている日本ではありえない文化ですよね。

人それぞれ文化により食事の価値観は違いますが、文化の違う人を否定もせず受け入れもせず自分独自の文化を楽しんでくれというのがこの物語の結論でした。

ただ、物語の最後で夫が全ての食べ物を受け入れていましたが、もしどんな文化でも許容する人が現実世界にもいたらそれはそれで恐怖を感じるのかもしれません…。


夏の夜の口付け


3ページほどの作品にも関わらず、価値観が違うけど似ている人を上手に描いた作品でした。

こういう性格が違うけどなんか似ているという友情は読んでいていいものだなと感じますね。


二人家族


先ほどの夏の夜の口どけと同じ登場人物を描いた作品です。

家族の在り方って人それぞれでこういう友人同士が家族のように一緒に過ごすって素敵だなと思う作品でした。

こういう親の子どもって他人からみたらかわいそうとか思うのかもしれませんが、昔の時代を考えるとみんなで一致団結して子どもを育てるというのは全然ありだと思います。

それに父親はいないけどその代わりに母親が二人いるなんで子どもからしてみたら自慢できることで素敵だなと思いました。

また、自分が死ぬ直前になっても家族のように仲の良い友人と最後まで一緒にいることができるというのは本当に羨ましいことだと思いました。





大きな星の時間


眠れなくなった国の人を描いている作品でした。

私もときには眠ることは時間の無駄だから、睡眠時間を削る方法がないかなとか思うこともありますが、正直彼らのように眠ることができなかったら苦しいのだろうなと思いました。

おそらく私は一生眠ることのない生活ができるようにしてあげようかと魔法使いに言われたとしても断るに違いありません。

人にとって睡眠というのは体を休めるためだけではなく、心を落ち着かせるために必要だと感じさせられました。


ポチ


わずか10ページの作品で社会の恐ろしさを描いている作品で、読んでいて寒気が走りました。

会社で飼いならされている私たちは、ポチのようにペットのように自由なく生きているのかもしれないと考えると恐ろしく感じます。

会社に飼いならされることがないように自分の意志で行動できる人間にならなければと思わされました。

あとこの物語に登場するユキは不気味な存在ですね。普通の少女がおっさんをペットとして飼うのか…。

真面目そうに見える裏側に恐怖を感じました。


魔法のからだ


少女から女性へと変化する主人公の様子を描いた作品でした。

この作品は男性である私が読んでいた場合、共感できないところも多々あり少し個人的には残念だと感じる作品でした。

ただ、女性が読んだら主人公の気持ちに共感できて面白い作品なのかもしれませんね。


かぜのこいびと


カーテンを主人公とした独創的な作品でした。

まさか、物質を主人公にするとは!!

風太がユキオのことを好きになるシーンなどの結構読んでいて斬新で面白かったです。


パズル


良い感じの作品が続いた中で、村田沙耶香ワールドに再び引き戻されました。

人間の暖かみを自分の内臓と描いたりなかなか気持ちの悪い作品です。

物語の最後は早苗が全ての人間を内蔵として受け入れるさまなどマリアのような慈愛も感じましたがそれ以上に恐怖心が勝ってしまいました…。



街を食べる



田舎の祖母の家での生活を思い出し、街に生える食べられる野草に魅了された女性の物語です。

人の先入観って簡単に変わるんだなと思わされる作品でした。

主人公も最初は都会の汚い空気で育った野草に抵抗感を感じていましたが、街を食べてるんだと思うことで抵抗感がなくなっていきました。

物語の最後では同僚に田舎で採れた野草だといって自身が集めた野草を食べてもらうシーンがありますが、同僚は主人公の言葉を信じて田舎で採れたものだと思い美味しそうに食べます。

現実世界でも良く分からない料理があったとしても、有名シェフが作った料理だと聞けば美味しそうに食べること間違いないので、人間の先入観ってすごいんだなと感じました。


孵化


場の空気にあわせて自分の性格を変化させる女性の物語でした。

自分の周りに主人公のような女性がいて彼女のように人によって対応を変化させていたら猫を被りやがってとか思うかもしれませんが、実際に彼女ほどまではいかないかもしれませんが多くの人は場の状況に合わせて自分の性格を変化させているのでしょうね。

私も、友人の前の自分、家族の前の自分、会社での自分など場の状況にあわせて自分を変化させています。

人と上手に付き合うためには周りの空気を読むということが大切なときもあるでしょうね。

この物語を読んでいると本当の自分ってなんなんだろうと考えさせられます。

どの自分も本当の自分なのかもしれないですが、本作をしめる短編として素晴らしい作品でした。



まとめ


各短編の感想を書きましたがどの作品も村田沙耶香さんらしい独特な雰囲気がありおもしろかったです。

もしかしたらこの物語を読んだ人の中には自分の人生の一作を見つけることができる可能性があると思うほど濃い作品でした。