としおの読書生活

田舎に住む社会人の読書記録を綴ります。 主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にもワイン、紅茶、パソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

カテゴリ: 書評

PXL_20220925_104853341

住野よるさん『腹を割ったら血が出るだけさ』を読みました。

最初は周りを気にしてばかりいる人間を描いただけの作品だと思いながら読んでいて、なかなか読み進みませんでした。

しかし、読んでいるうちに実際に今の若者の多くはSNSなどでこの登場人物たちのように自分を偽っているのかもなと考え始めることができなかなかおもしろかったです。

人によっては合わないと感じる人も多いのかもしれませんが、個人的には満足できる作品でした。

以下、あらすじと感想になります。



『腹を割ったら血が出るだけさ』のあらすじ


茜寧は世間一般から見れば他の女子高生たちと同じような趣味や好みを持ち、友達や恋人に囲まれ充実した高校生活を送っている少女だ。

しかし、そんな平凡な彼女は「愛されたい」という感情のために自分を偽って生きているにすぎない。

友人との会話でも友人が自分のことを好きになってくれるように考えながら発言や口頭をしている。

愛されたいという感情に囚われながら生活をしていた茜寧だったが、「少女のマーチ」という小説に感化されいつか自分を理解し受け入れてくれる人が出てきてくれるかもしれないと思うようになる。

そんなときに「少女のマーチ」に登場するアイそっくりの逢に出会う。

逢が自分を受け入れてくれる人物だと感じた茜寧は、「少女のマーチ」の物語になぞらえるように逢との仲を深めようとする…。

自分を偽る茜寧、真実しか考えない逢、過去を塗り替えたアイドル樹里亜の考え方が違う三人の物語が交差する青春群像劇。




感想(ネタバレあり)


個人的にこの作品は表面的だけを読めば浅いけど、深く考えれば現代人の悩みを表現している作品だなと思いました。

現代を生きる人の多くはSNSや普段の生活でどこか自分を偽りながら生きています。

そんな生活を送る中、心のどこかで自分を偽りながら生きることに嫌気を感じている人は少なくないのかもしれません。

この作品はそんな人たちに「自分を偽ることは悪くない。無理に腹をわらなくてもいい。」ということを住野よるさんなりに伝えようとした作品だと私は感じました


本作の登場人物である茜寧、樹里亜それと逢はそれぞれ違う生き方をしています。

茜寧は人から愛されるために現在進行系で自分を偽りながら生きています。

樹里亜はアイドルとして多くの人に愛される存在になるために過去の自分を亡かったものとして、今のボーイッシュな性格が本来の自分であると偽り生きています。

一方、逢は自分が好きな服を着たりするなど自分に正直に生きています。

偽りだらけの生活を送っている人からしてみれば、逢のように自分をさらけ出して生きている人は偉いと感じるかもしれません。

しかし、茜寧や樹理亜のように自分を偽りながら生きるのは悪いことではないと思います。

茜寧は愛されるために自分を偽って生きていることに苦しんでいますが、物語の最後では愛されるために生きているのも真実の自分だと理解し、偽ることに心を痛めながらも自分の生き方を受け入れようとします。

樹理亜も過去の自分が褒められることを今の努力が否定されているという風に苦しみながらも、最終的にはアイドルとして受け入れてもられるなら過去も現在もどんな生き方をしていても自分は自分だと前向きな気持ちで歩み始めます。

この二人のように自分が幸せに過ごすことができるのなら無理に腹を割って生きようとしなくてもいいのではないのでしょうか。

茜寧や樹理亜にとっての逢のように本当に困ったときに腹を割れる存在さえ作ることができれば、自分を偽っていても幸せに生きることができるように思います。



まとめ


『腹を割ったら血が出るだけさ』は今までの住野よるさんの作品以上にターゲットを悩める若者にしぼっている作品だと思いました。

腹を割ることができず偽りだらけの自分に苦しんでいる人は共感できる作品だし、それ以外の人たちにとってもそういった人たちの気持ちを理解できると思うのでぜひ読んでみてください。




PXL_20220917_022113319

有川浩さんの『イマジン?』が文庫化されていたのでさっそく購入して読みました。

本作は映画やドラマなどの映像作品を作成している制作会社に焦点を当てた作品となっています。

監督や俳優のようには目立たないが、スタッフロールで名前がでるような人たちが映像作品を作成するにあたりどれだけ努力しているのかが分かり非常に面白かったです。

また、第一章のタイトルが「天翔ける広報室」となっており、自身の『空飛ぶ広報室』をモデルに物語を作っているなど有川浩ファンにはたまらない内容となっています。

以下、あらすじと感想になります。



『イマジン?』のあらすじ


バイト仲間に突然「朝五時。渋谷、宮坂益上」でバイトがあると言われたことをきっかけに良井良助の人生は変わった。

良助は子どものころに見た「ゴジラ対メカゴジラ」に自身が住んでいた別府が一瞬舞台として現れたことをきっかけに映像の世界に夢を抱く。

映像の専門学校を卒業して、春から東京の制作会社で働くことが決まったのだが、入社日に会社に行ってみるとそこはもぬけの殻だった。

どうやら会社が計画倒産をしたらしい。

良助は他の映像の会社に転職しようとするのだが、計画倒産をした会社の関係者というだけで狭い映像の世界ではどの会社からも嫌な目で見られる。

映像の世界を諦めバイトに明け暮れていた27歳の良助が、言われた通り朝五時に渋谷の宮坂益上に行ってみるとそこでは良助も毎週見ている「天翔ける広報室」というドラマの撮影が行われていた。

このバイトをきっかけに「イマジン」に誘われた良助は映像の世界に関わることとなる。

良助が憧れていた映像の世界は楽しいことばかりではなく、ありとあらゆる困難があるのだが、良助たちはどんな無理難題も情熱と想像力で解決していく。

映像作品の舞台裏を描いたパワフルなお仕事小説がここに始まる。



感想(ネタバレあり)


エンドロールに現れる人たちの努力


映像の世界で働いていない私にとって映画やドラマなどは俳優、監督それと脚本家の3つの要素さえそろっていればなんとかなるというイメージを持っていた。

しかし、『イマジン?』という作品はこのイメージを大きく変えてくれた。

どんなに有名な俳優や監督がその作品に関わっていたとしても、その裏にいる制作会社の人たちがいなければ素晴らしい作品は出来上がらないんだということに気付かされた。

良助たちイマジンのメンバーはお茶場の用意をしたり、ロケ先を取材したりなどやっている仕事は正直地味だ。

しかし彼らがいなければ良い作品を取れないことがこの物語を読んでいると伝わってくる。

例えば映像の中で現れる喫茶店などの何気ない舞台も、彼らが脚本を読み込みその場所をイメージしながら取材することで最高の舞台を見つけられる。

どんなに脚本が良い作品でも物語と舞台のイメージが合わなかったら駄目な作品になるだろう。彼らはそうならないように努力をしているということが伝わってくる。

また、物語の中で良助や殿浦が行っていたように何気ない一言を入れることで現場の空気を良くしている場面がある。

これは想像になってしまうが実際の現場でも制作の人たちは現場の空気を良くするために影で手回しをしてくれているのかもしれない。

この作品を読んで、素晴らしい映画を見たときは監督や俳優だけを褒め称えるのではなく、エンドロールに登場する彼ら一人一人に感謝をしたいなと思った。





想像し続けることの重要性


この作品のタイトルは『イマジン?』ということで想像し考え続けることの大切さを読者に説いている。

この物語では良助が想像し考えることでパワハラに苦しんでいた幸を救う場面などが印象的だ。

もしこの場面で良助が考えることができない人間だったら幸は映像業界の世界から去っていた可能性もあるだろう。

映像業界だけではなくどんな業界で働いているにしても常にありとあらゆることを考えて想像するのは重要なことだ。

作業を黙々とこなす人間ではなく、イマジンで働く人達のように様々なことを考え想像することで問題に対応できるような人間になりたいと思った。



映像業界のシビアな現場


映像業界は関わったことがない私からしてみると凄く華やかな世界というイメージがある。

しかし、実際はこの物語で出てきたように年功序列のなどの古いしきたりがありシビアな世界なのだろう。

本作では第一章では苦労はあるものの楽しい華やかな世界として映像業界を描いている。

しかし、二章目以降ではパワハラやセクハラがあったりするなど映像業界の闇の部分を描いている。

小説なので明るい楽しい部分だけを描くことも可能なのだろうが、あえてそうしないのは有川浩さんなりに映像業界の闇を改善してほしいという思いがあるからではないのだろうか。

こういった作品をきっかけに業界の嫌なところが少しずつ改善されていけばよいのにな。



まとめ


久しぶりに有川浩さんのお仕事小説を読んだのだが、『イマジン?』も元気と情熱をもらえる作品でした。

これをきっかけに『空飛ぶ広報室』や『県庁おもてなし課』などのお仕事小説を読み直したいなと思いました。




PXL_20220910_032947831


少し前に話題となっていたカズオ・イシグロさんの『クララとお日さま』を読みました。

前知識として本書の主人公がロボットの少女という知識しかなく、ロボットやAIが好きな私としてはとりあえず読んでみるかという気持ちで購入。

読んでみるとクララという子どもに近いロボットの視点で物語が進みつつも「ロボットと人間の関係」、「階層社会への批判」がテーマとして描かれており、他のロボットが主人公の小説とは一線を画す作品でした。

以下、あらすじと感想になります。



『クララとお日さま』のあらすじ


クララはとあるビルで自分と一緒に過ごしてくれる子どもを持ち望んでいる、AF(Afiticial Friend)だ。

観察能力に優れているクララはショーウィンドウなどから外の景色を見るたびに外の世界に対して、様々な疑問が浮かび上がってくる。

そんなクララのもとにジョジーという少女が現れた。

クララをひと目見て気に入ったジョジーは、数日後に母とともに来店しクララを購入した。

ジョジーの家に来て初めて外の世界にでたクララは知らないことだらけの生活に戸惑いつつも、ジョジーとの生活を楽しんでいた。

クララは人間との生活をともにするうちに人間は孤独では生きることができないなど様々なことを学習していく。

そんな生活を送る中、ある日を境に元々病弱であったジョジーの体調が急変する。

ジョジーの体調の変化がきっかけとなりクララは自分がジョジーの家に来た本当の理由を知ることとなる。



感想(ネタバレあり)


多くは語られない世界観


『クララとお日さま』を読んでいると「AF」や「向上処置」など本作でしか目にしない独特な言葉がでてくる。

最近の小説はこういった設定を事細かく説明するものも多いが本書ではあえて説明しないことで読者に様々なことを考えさせようとしているように感じた。

AFと向上処置についての私なりの解釈をまとめていきます。

AFとは


AFはArtificial Friendsの略称で日本語にすると人口親友である。

本書の世界では教育をうけるために、子どもたちは学校に行かずオブロン端末を使って遠隔で授業を受ける。

そんな子どもたちは、社会性を学ぶためにたまに交流会を開き子どもたちどうしで関わらせるがそれだけでは社会性を学ぶのに不十分である。

そこで子どもたちが一人でいても社会性を学ぶことができるようにするための存在としてAFが開発された。

AFは人間に近い思考をもっており、子どもと同じように学習能力を持っている。

そのため子どもの友達代わりとしてともに生活を送ることができ、子どもの社会性を広げる存在となっている。

現代のオンライン授業などが増えた現実世界でも、社会性を学ばせるためにクララのようなAFが現れる日は近いのかもしれない。

向上処置とは


向上処置は遺伝子操作のことで、本作の世界では98%の子どもが向上処置を受けている。

向上処置を受けている子どもたちは、受けていない子どもたちと比べて学習能力などの人間としての能力が高くなりやすいことが想像できる。

多くの大学では向上処置を受けていない子どもは能力が低いとみなされて、試験を受ける資格すらあたえられず入学することもできない。

リックが向上処置を受けていないことから向上処置を受けるのにはそれなりのお金が必要だと考えることができる。

また向上処置は一見受けない理由が内容に感じるかもしれないが、デメリットとしてジョジーのように病気になるリスクがあり最悪死んでしまう可能性もある。

もしかしたら病気になることを恐れてあえて向上処置を受けていない子どもこの世界には存在するのかもしれない。





激しい格差社会


本作では物語の最初から最後まで格差社会について考えさせられる内容が描かれている。

この格差社会は人間だけではなく、AFたちのなかでも存在するようだ。

第一章ではクララたちB2型のAFのことを最新のB3型のAFたちが見下しているシーンが印象的だ。

人間により作られたAFたちがこのような心を持っていることから、それを作った人間たちが下のものを見下すのを当たり前としている社会の縮図が想像できてしまう。

第二章以降では、向上処置を受けていない人間が向上処置を受けた人間に見下されている様が印象的である。

特にそのシーンが顕著なのは交流会の場面である。

リックが向上処置を受けていない子どもだという理由だけで、周りの子どもたちがリックのことを哀れんでいることが分かる。

このような態度をとるのは、大人たちが普段から向上処置を受けていない子どもを見下しているからだろう。


また、向上処置を受けていないと多くの大学では試験を受ける資格すら得ることができない。

私はこの物語を読んでいて向上処置を受けるのには多少なりともお金が必要だと解釈した。

そのため、カズオ・イシグロさんはお金がないだけでどんなに賢くても教育を受けられない、悲しい子どもの存在を読者にリックという登場人物を通して伝えたかったのではないのかと思われる。


AFの最後


ジョジーの大学進学が決まった後、お役御免となったクララは廃棄される。

クララが廃棄された場面を読んだ私はなんとも言えない気持ちとなった。

ジョジーを成長させるという役割は終えたかもしれないが、その後母親とともに実家で暮らしたり、ジョジーとともに大学に行くなどのクララがジョジーたちと今後もともに過ごすという選択肢はなかったのだろうかと思ってしまう。

ジョジーはクララに対して別れ際に「あなたは素晴らしい友人だったわ、クララ。」という言葉を放っている。

こんな言葉を放っているにも関わらず廃棄されたことから、クララがどんなに素晴らしく人間のように振る舞うことができるロボットだったとしても、ジョジーたちにとってクララは人間になりきれていない単なる物なんだということが分かる。

現代社会ではまだクララのような心を持っていると言えるようなロボットは存在しない。

今後もし、クララのような存在が生み出されたとき私たちは彼女たちの役割が終えたときジョジーたちのように廃棄してしまうのだろうか。

最後の場面はAIが発展している今だからこそ、もし人間と同じような存在が生まれたときにどういう扱いをするのかを考えさせられてしまう。



まとめ


『クララとお日さま』は格差社会という現代社会の問題と心を持ったAIが現れた後の社会の問題が描かれておりとても面白い作品でした。

これをきっかけにカズオ・イシグロさんの他の作品も読んでみたいなと思いました。



PXL_20220903_015102084


湊かなえさんの『落日』が文庫化されていたので、早速購入してきました。

本書は主人公の長谷部と千尋がとある事件のドキュメンタリー映画を作成するために過去に起きた事件の真相を少しずつ解明していくという物語でした。

事件の真相が解明されていくにつれて登場人物たちへの真相が大きく変化していき、面白い物語でした。

以下、あらすじと感想になります。



湊かなえ『落日』のあらすじ


新進気鋭の映画監督である長谷部香りには子どもの頃の忘れられない思い出がある。

彼女は忘れられない思い出の真相を知るために15年前に起きた『笹塚町一家殺人事件』という引きこもりの兄がアイドルを目指していた高校生の妹を刺殺し、その後放火して家族全員を死にいたらしめた事件の映画を撮影することを決めた。

そんな長谷部が脚本家として目をつけたのは笹塚町生まれの脚本家、甲斐真尋である。

真尋は東京の大学を中退して脚本家の門を叩いたものの、10年間脚本家としては上手く行っておらず仕事をやめ笹塚町に帰ろうか悩んでいた。

そんなときに長谷部からの誘いを受け真尋は脚本家としてもう一度挑戦してみようとして、長谷部とともに事件に向き合うことにした。

二人で事件について調査していくうちに、この事件には驚くべき真実が隠されていたことが分かる。

長谷部は映画を撮影することで、自身の知りたかった真相を知ることができるのだろうか。

真尋は脚本の作成を通してずっと逃げ続けていた事実と向き合うことができるのだろうか。



感想(ネタバレあり)


真実とはなにか


この作品は「笹塚町一家殺人事件」のドキュメンタリー映画の撮影に向けて物語が進んでいく。

その目標に向けた長谷部と真尋の奮闘を通してドキュメンタリー映画を撮影することの難しさを感じさせられた。

「笹塚町一家殺人事件」の真相を知っている人物は犯人の立石力輝斗だけである。

しかし、力輝斗には直接話しを聞くことができないため、長谷部と真尋は当事者本人からは事件の話を聞くことができず関係者たちから調査していくことになる。

様々な関係者に話を聞いていく場面を見ていて、関係者はあくまで関係者から見た主観でしか話をすることができないんだなと感じさせられた。

関係者の中には、事実を確認せずにマスコミや他人が話していた内容を自分の考えと置き換えて話すものもいたりした。


最終的に真尋は調査した結果と自分なりの解釈を混ぜ合わせて原稿を作成し、長谷部に提出した。

この原稿はこの物語を読んできた我々にとっては事件の真相が解明された答案のような原稿となっている。

しかし、あくまで真尋の主観が入っていてその原稿が事実を描いているかどうかは力輝斗にしか分からない。

今まで私はドキュメンタリー映画は事実を分かりやすく映像を見るものに伝えているものだと思っていたが、その事実もあくまで作成者たちの主観でしかないということをこの作品から学ぶことができた。

自分の目や耳をとおして調べていき、自分がなっとくした時点でその事実が自分にとっての真実となるのだろう。





落日というタイトルの意味


『落日』というタイトルの意味を物語の読み始めは、この物語では真尋や大畠凛子のように若かりしころ輝いていた人物の没落具合からつけているのかと思っていた。

しかし、物語を読み勧めていくにつれて落日というタイトルの解釈は段々と変化していく。

物語の中盤では、長谷部が考えていた夢のある真実が段々と陰りを見せていくことから落日というタイトルなのかもしれないと思った。

長谷部が描いていたサラちゃんは蓋を開けてみれば、虚言癖が多い人物だったという評判ばかり得られてサラちゃんの印象が悪くなっていくさまは落日というタイトルにぴったりだなとも思った。


しかし、物語を読み終えてからの私のタイトルに対する解釈はこれとも違った。

長谷部は父親の自殺をきっかけに人生が陰り始めるが、物語の最後では父親は自殺をしたのではなかったと分かり希望をみいだしている。

真尋は姉がなくなったという事実とようやく向き合うことができ、今後脚本家として生きていくか笹塚町に帰って生きていくかは分からないが、自分の人生を歩み始めることができる。

これらのことから私は最終的に落日というタイトルは「日が落ちて闇が溢れ出したとしても、いつかはまた日が昇り光が満ちてくる」という希望は消えないよという意味を持っているという解釈をした。

誰しも人生日が落ちてつらい時期もあるかもしれないが、いつかは日がのぼり幸せが待っているということを湊かなえさんは我々読者に伝えたかったのかもしれない。



まとめ


『落日』は真実とは何なのかということを描いている作品でとても面白かったです。

最近の湊かなえさんの作品は昔ながらのイヤミス感が残っているながらも、最後に希望が持ているという後味の良い作品が増えてきた気がします。

次の湊かなえさんの作品も楽しみだな。




PXL_20220619_060502515


『そして、バトンは渡された』で有名な瀬尾まいこさんの『傑作はまだ』を読みました。

本作も特殊な形ではありますが家族の絆を描いている作品でした。

主人公の世間とは少しずれた感覚が面白く、読み始めると読了まで止まらずにすぐに読み終わってしまいました。

以下、あらすじと感想になります。



『傑作はまだ』のあらすじ


そこそこ売れている50歳の引きこもり作家である私の元に、突如生まれてから一度も会ったことない25歳の息子である永原智が突然やってきた。

彼は私が大学を卒業してからしばらくした後にたまたま一度だけ体の関係を持った永原美月の子どもだ。

子どもができたと知った彼女は子どもを産むと言ってきたが、彼女との性格の合わなさに結婚はせず毎月養育費として10万円を送るということになった。

それから、25年が経過し初めて息子に会ったが、智は見た目こそ私に似ているものの性格は私と正反対で人付き合いも得意で要領も良い。

そんな強引な智に押されて、バイト先から近いという理由だけで智との共同生活が始まった。

血の繋がりしかないと思っていた智との生活だったが、彼と過ごす間に私には今まで感じたことない感情が湧いてくるようになる。

特殊な父と息子の関係を描いたハートフルストーリー。





感想(ネタバレあり)


人との出会いで変化していく主人公


『傑作はまだ』の主人公である加賀野は引きこもりで根暗で、人との関わりは数ヶ月に一度ほど編集者の人間としか関わらないという少し世間から離れた人物でした。

こんな主人公に対して多くの人は共感できないと思うかもしれませんが、私は結構共感できるところがあるなと感じました。

私自身も社会人になってから、学生時代の頃と比べて友人と遊ぶ回数が減りが、仕事で関わるような人としか関わることがほとんどないため、加賀野とは少し違いますが引きこもりに近い人間です。

同じ引きこもり人間として加賀野の自治会に入るなどして無駄な関わりを持ちたくないなどの気持ちがすごく分かりました。

ただ、加賀野は智との出会いをきっかけに自治会の人など今まで出会ったことがない人と関わりを持ち成長していきます。

また、智と出会ったことでスターバックスに行ってみたり、無関心だった食事に興味を持ったりなど作家として生きること以外にも楽しさを見出していきます。

こんな加賀野を見ていると、私自身も新しい人と出会ったり、今まで経験したことのないことに挑戦したりして成長しないとダメだなと思わされました。


物語の結末について


『傑作はまだ』の中で「小説じゃないんだから、最後だからといって、すべてが明かされるわけではないだろう」という台詞が印象的です。

この台詞を見たときこの物語は最後には智が突如、加賀野の元を訪れた理由なども明かされるのかどうかがとても気になりました。

結果として、この物語は智が主人公が自殺する作品ばかりを描いている加賀野を心配して訪問してきたなど謎が明かされて、物語らしい幸せな終わり方をしていました。

もしかしたら人によっては、今後加賀野がまた一人で寂しく生きていくという終わり方の方が好きだという人もいるかもしれません。

しかし、私としては物語の中ぐらい幸せな結末を描いていて良いと思っています。

現実にもし加賀野のような人生を歩んでいる人がいたら、加賀野と同じようなことをしても上手くいかないかもしれません。

ただ、この物語の幸せな結末を読むことで自分も一歩踏み出してみようと思える人が増える可能性もあるので、個人的にはこのハッピーエンドはかなり気に入っています。



まとめ


『傑作はまだ』は瀬尾まいこさんの作品を一度でも読んだことがある人なら必ずハマる作品だと思うのでぜひ読んでみてください。

自分も加賀野を見習って色々と新しいことに挑戦していこうと思います。




↑このページのトップヘ