としおの読書生活

田舎に住む大学院生であるとしおの読書記録を綴ります。主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にも旅行やパソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

カテゴリ: 日常

先日、大阪・梅田のハービスプラザにある紅茶専門店『ザ・ティー サポーテッド バイ ムレスナ』に行ってきたのでその感想を書いていきます


『ザ・ティー サポーテッド バイ ムレスナ』とは

『ザ・ティー サポーテッド バイ ムレスナ』とは、スリランカで有数のティーカンパニーである『ムレスナティー』の専門店です。

『ザ・ティー サポーテッド バイ ムレスナ』の良いところは、たった1000円で2時間の間『ムレスナティー』が何杯でも飲み放題なところです。

紅茶がなくなるたびに店員さんが新しい紅茶を注ぎに来てくれます。
さらに、注ぎに来てくれる紅茶の味も1種類ではなく、123種類の紅茶の中から注ぎに来てくれるので様々な味の紅茶を楽しむことができます。


欠点として自分の好きな味の紅茶が選べないという点があります。
ですが気に入った紅茶の味をチェックできる、チェックリストがテーブルに置いているので好きな紅茶をチェックしておき後から購入して自宅で飲むということも可能です。

なので『ムレスナティー』でお気に入りのお茶を見つけたいという人は、何度か『ザ・ティー サポーテッド バイ ムレスナ』に足を運んでみるというのもありなのかもしれません。




店内の様子

店内にはテーブル席とカウンター席があります。今回私はテーブル席を選択しました。

ちなみに、チャイを注文したい場合はカウンター席限定みたいですので注意してください。
チャイを注文すると目の前で作ってくれるみたいです。


席に着くと注文前にウェルカムティーということで小さなグラスに「白桃メロン」という紅茶を注いで持ってきてくれました。
ウエルカムティーが嬉しくて写真を撮り忘れたのがくやまれます…。

今回、注文は晩御飯前だったので紅茶の飲み放題を注文しました。
メニューは紅茶の飲み放題以外にも、小腹がすいている人向けにパンケーキなどのお菓子もありました。

紅茶は注文後すぐに『ムレスナティー』のティーセットに注がれて「ももいちご」という紅茶運ばれてきました。
紅茶がカップいっぱいに入っているのを想像していたのですが、店側の様々な紅茶を楽しんでもらいたいという配慮があってか、ティーカップの1/3ほどしか注がれていなかったのもよかったです。
00000IMG_00000_BURST20200208160726211_COVER

また、こちらのティーセットすごく色鮮やかでかわいいなと思いました。
他の席をみていると、レッドの他にもグリーンとホワイトのティーセットがありました。個人的にはグリーンが一番かわいい気がしました。
ムレスナティーのホームページを見ているとカップとソーサのセットが販売されていたので購入するか悩みます。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200208161709960_COVER
店内では店員さんがティーポッドを持って定期的に店内を巡回しているため、紅茶を飲み終えてもその1~2分後には紅茶が注がれるという感じでした。

また、砂糖やミルクなどが欲しい場合、店員さんに声をかけると無料で持ってきてくれるみたいです。
今回、途中で少し甘みが欲しくなり砂糖を注文しました。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200208161747256_COVER


ちなみに、今回2時間の間に二人で以下の29種類の紅茶を楽しみました。記述順は飲んだ順番です。
  • 白桃メロン
  • ももいちご
  • 薔薇と桃
  • 幸せのベリー
  • 完熟リンゴ
  • 白桃ジャスミン
  • フレンチベリー
  • クリーミィーフルーツ
  • メロンとアールグレイ
  • ニューヨークオレンジ
  • ラクサパンナ
  • チャイナグイハオ
  • 南フランスの香り
  • マスカットグレープ
  • キーブン
  • KOBE ROSE TIC BREND
  • 花の首飾り
  • パッションフルーツとパイン
  • 薔薇 FOREVER
  • 四つ葉のクローバー
  • アールグレイショコラ
  • ハワイアンベリー
  • 野ばら
  • 洋なしのおいしい紅茶
  • アプリコットロマンス
  • 女神の祈り
  • ヨーグルトとレモン
  • ブルーベリー&キャラメル
  • 抹茶キャラメル

どの紅茶も飲みやすいものばかりでした。チョコ系の紅茶などは今までミルクをいれないと微妙だと思っていたのですが、ムレスナティーを飲んでみて考え方が変わりました。

個人的にはこの中でストロベリー・オレンジ・マンゴーのブレンドであるニューヨークオレンジが一番おいしかったです。


最後に

もしこの記事を読んで『ザ・ティー サポーテッド バイ ムレスナ』に興味を持った方がいましたら是非行ってみてください。

紅茶好きの方もそうでない方も絶対に満足することのできるカフェだと思います。

ただ、人気店ということもあり常に満席で待ち時間が発生するので、時間に余裕があるときに行くようにしましょう。




バレンタインデーに彼女からYVAN VALENTIN(イヴァン・ヴァレンティン)の6個入りのチョコレートをいただきました。

チョコレートにあんまり詳しくないのでイヴァン・ヴァレンティンという名前を聞いてもピンとこなかったのですが、彼女から海外セレブ御用達のチョコレートで、日本ではバレンタインデー、ホワイトデーシーズンにしか購入することができないと聞かされて驚いてしまいました。

しかも値段を聞くと6個入りで3700円だという…。チョコ一粒で私の普段の晩ご飯以上の値段みたいです。

さらに普段は店頭販売されていないため購入するために、一時間以上並ぶ必要があるらしい。まるでディズニーのアトラクションのようだ。

今後、イヴァン・ヴァレンティンのチョコを食べる機会があるか分からないので、せっかくだしチョコを食べた感想を書いていきます。




イヴァン・ヴァレンティンを開封していく


パッケージがいつも私が食べているようなチョコとは比べ物にならない高級感。

開ける前からワクワクです。
DSC_3772

開けてみると各チョコレートの説明が書かれた紙が一番上にあり、それをとると幻のチョコレートが見えてきます。
DSC_3775

DSC_3776
高いチョコレートということで見た目もきらびやかなのかと思っていたのですが、いざ実物を見てみるとけっこう普通のトリュフってかんじです。
DSC_3779
チョコレートは上記の写真の右側から順にDARK(ダーク)、PRALINE(プラリーヌ)、WHITE(ホワイト)となっています。

では早速食べていきたいと思います。




DARK(ダーク)


数種類のカカオをブレンドすることで生まれた濃密な味わい。
リキュールの効いた香りと後味が、あなたに5分間の幸福を。
食べてみると最初に口の中がカカオの濃厚な味で包まれました。またリキュールの香りもほんのりと匂い、大人のチョコレートという味でした。

しかも、説明で書かれているように、味が濃厚すぎて食べおえてしばらくたった後も後味が口のなかに残りつづけていました。


PRALINE(プラリーヌ)


ヘーゼルナッツを細かく砕き、砂糖と絡めたものがプラリーヌ。
そのまろやかで香ばしい味わいが、口の中に一気に広がります。
チョコレートの香りをかいでいるだけではナッツの香りがしなかったのですが、いざ口に入れてチョコを香んでみるとナッツの味がチョコレートの味と同時に口の中に広がりました。チョコとナッツって相性がいいんですね。

DARKと比べるとカカオの苦味が少なく、子どもでも食べやすい味だと思いました。

ただ、私がチョコレートではない伝統的なお菓子であるプラリーヌを食べたことがないため、それと比べるとどうなのかという感想を考えることができなかったので、私が食べるには少しもったいないチョコレートだった気がします(どのチョコレートもそうなのかもしれませんが)。


WHITE(ホワイト)


オレンジリキュールの香りが鮮やかな、すっきりした口当たり。
チョコレートのピュアなおいしさが、あなたの味覚を虜にします。
私はこのWHITEを食べるまではホワイトチョコレートは甘すぎてあまり好きではなかったのですが、WHITEを食べたことによりホワイトチョコレートに対する考え方が大きく変わりました。

WHITWを噛むとオレンジリキュールの味が口のなかに広がり、その味がホワイトチョコレートの味と調和して絶妙なさっぱり感が口をおおいました。

個人的には今回食べたチョコレートの中でWHITEが一番好きな味でした。私のようにホワイトチョコが苦手な人でも楽しめる味となっています。


最後に


どのチョコレートも今まで食べた中で一番おいしいチョコレートでした。イヴァン・ヴァレンティンを食べたことでチョコに魅了される人たちの気持ちが少し分かった気がします。

今回食べた6個入りのなかにはカプチーノが入っていなかったのですが、そちらの方も次にイヴァン・ヴァレンティンのチョコレートを食べる機会があれば食べてみたいですね。

今年のホワイトデーは国内で購入できるか分からないですが、もし発売されるのなら彼女にイヴァン・ヴァレンティン返しをしてみたいですね。去年は阪急うめだ本店のみ、ホワイトデーは取り扱っていたらしいです。

最近、紅茶にはまり始めたばかりのとしおです。

今回は、LUPICIA(ルピシア)の「アップルティー」を飲んでみたら寒い時期にぴったりの味で、めちゃくちゃ美味しかったので紹介していきます。

ルピシアのアップルティーには、デカフェのものとそうではないものがあるのですが、今回私は普通のアップルティーの袋入りを購入しました。デザインがかわいいから缶のものを買うか悩んだのですが、初めてということで袋にしてみました。
DSC_3745

デカフェにしなかった理由は、茶葉の香りを嗅いだ時にデカフェのものよりも臭いが良く感じたからです。これは他のフレーバードティーでもそういう印象のものが多い気がします・

ただ、頻繁に飲む人だとカフェインの摂取しすぎを防ぐためにデカフェの方が良いかもしれません。

袋を開封して中身をだしてみると、茶番にドライアップルがまじっていてなんだかかわいいです。
DSC_3755

現在2月でまだまだ寒い時期が続くということで、今回はホットでいただきました。ルピシアの公式サイトでもホットが推奨されていたので王道の飲み方です。

入れてみると色は通常のアールグレイとあまり変わりませんが、とにかくリンゴの香りがすごいです。甘い香りのおかげでにおいだけで癒されてしまいます!
DSC_3758

飲んでみるとリンゴの香りもあいまってか、他の紅茶を飲んでいるときよりも体の芯から暖まる気がします。

夏に水出しで飲んでみたらまた違った味が楽しめそうですね。




最後に
ルピシアのアップルティーはすごくおいしかったので、もしどの紅茶を買おうか悩んでいる人がいたらぜひ飲んでみてください。

また何かこの他におすすめの紅茶があればコメントで教えていただければ幸いです。



以前友人に茶葉を頂いてから紅茶にすっかりはまってしまったとしおです。

最近、暖かい紅茶も美味しいけど夏なので冷たい紅茶を飲みたいと思いAmazonで水出しができるポットを購入しました。

購入したポットは『HARIO (ハリオ) かご網付き 水出し 茶 ポット 1,200ml ダークグリーン HCC-12DG』です。


700ml のモデルと1200ml のモデルがあったのですが値段があまり変わらなかったため大容量のものを購入しました。たった1000円で買えたのですごくお得な気分です。

DSC_3142


箱から出すとパッケージ通りの見た目です。


DSC_3143

かごを見てみると網目が細かいためポットに茶葉がこぼれる心配がなさそうです。

買ってから知ったのですがポットが耐熱容器になっているため水出しだけでなくお湯出しもできるみたいです。

せっかくですし、さっそくお茶を入れてみました!

DSC_3125


以前購入したナツコイを入れてみたのですがいい感じです。

籠が細かいため茶葉がポットにこぼれているということもありませんでした。

この商品にはとても満足したのですが一点だけ不満点がありました。

それは注ぎ口を完全に閉じることができないということです。そのため、もしかしたらうっかりこぼしてしまうという事態が起きそうな気がします。

1000円の商品のためそこまで贅沢を言うのはわがままなのかな…。

ただ、それ以外の点では満足しているのでハリオのポッドを購入してよかったです。

皆さんもぜひ本製品を購入して夏のティータイムを気持ちよく過ごしてみてはどうでしょうか。



おまけ

おまけで水出しの方法を説明します。


水出しの手順

水出しをすることで紅茶を渋みの少ない飲みやすい味にすることができます。香りのよいフレーバードティーにおすすめの方法です。

①ポットに茶葉と水を入れます。茶葉は種類にもよりますが200mlに対して3gほど。

②冷蔵庫にいれて8~10時間ほど待ちます。

③茶葉を取り出して完成です。

自家製の紅茶は衛生のために、1日以内に飲むようにしましょう。長くても2日以内には絶対に飲んだほうがいいです。

DSC_2426


ルピシアで夏季限定発売のナツコイを購入してきました。

お店で試飲した瞬間美味しすぎて即購入を決意してしまいました。

通常のレモンティーのナツコイにするか、緑茶ベースの ハツコイにするか悩みましたが今回はナツコイにしました。

ナツコイの缶のデザインもオシャレでいい感じだ。



ナツコイについて

レモン香る夏の思い出

夏限定の人気のお茶「5244 NATSUKOI」の限定デザイン缶です。
夕日色に染まる海辺を二人歩いた青春時代を思い出す、ノスタルジックなデザインに仕上げました。
波音が聴こえてくるような、情感あふれるデザインです。甘酸っぱい青春時代の、夏の恋を思い出しながらお茶の時間をお楽しみください。

NATSUKOI:レモンをぎゅっと搾ったような果汁感あふれる香りを紅茶にブレンド。アイスティーも引き立つすっきりと爽やかな風味は、せつなくも甘酸っぱい夏の恋のよう。

ルピシア公式サイトより引用
https://www.lupicia.com/shop/g/g22280512/



ナツコイを飲んでみる

ナツコイの缶を開けると下の画像のようになっていました。

紅茶初心者でも分かりやすいように淹れ方の説明も書いてあっていい感じ。

DSC_2427


茶葉を開けてみると色は普通の紅茶だなという感じだがにおいがすごい。

レモンの香りが部屋中に漂いそうなぐらい濃い!

飲まなくても鼻だけで楽しめそうな感じがする。

茶葉の中にレモンの皮などが混ざっているようだ。

DSC_2428



実際に入れてみるとさらにいい香りがする。

紅茶って飲まなくてもここまで楽しめるものなんだな。

飲んでみると口の中にレモンの濃い香りが広がり爽やかだ。夏季限定なだけあって本当に夏にピッタリな味だ。

今回はホットで楽しんだが、水出し用のポットを買ってきてアイスでものみたい。


DSC_2429



おわりに


ナツコイは名前通り夏にぴったりの味なので紅茶好きな人もそうじゃない人にもぜひ飲んでもらいたい。

ルピシアの店舗に行くか、下記の公式サイトから購入できるので興味がある人はぜひ飲んでみてください。店舗にいけばおそらく試飲ができます。

ルピシア公式サイト

↑このページのトップヘ