としおの読書生活

田舎に住む社会人の読書記録を綴ります。 主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にもワイン、紅茶、パソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

カテゴリ:書評 > ビジネス書

PXL_20210722_031206501_1

今回は、日本の長野県東御市のワイナリーの社長である蓮見よしあきさんが書いた『はじめてのワイナリー はすみファームの設計と計算』という本を紹介しています。



概要


本書は日本の長野県東御市のワイナリーの社長である蓮見よしあきさんが書かれた本です。

タイトルからワイナリーに行ってみたい人向けの本かと思われるかもしれませんが、実際の内容はまさかのワイナリーの経営について書かれている本です。

この本はワイナリーの一年間の過ごし方に経営者的な観点を入れている本ですので、ワイナリーに行ってみたいと考えている人にとってもワイナリーについて詳しく知ることができる良書となっております。

また、一番のターゲットはワイナリーをはじめてみたい人ですのでこれから独立してワイナリーをはじめようと考えている人は、経営戦略やどこにワイナリーを建てるかなどの参考になる情報が多々書かれています。


学べる事


本書からは以下のことを学ぶことができます。

  • 一年間のワイナリーのスケジュール
  • 日本のブドウでワインを作る理由
  • 6次産業とは何か?
  • ワイナリーの出資者を集める方法
  • ワイナリーを維持する方法
  • 最新のワイナリー事情

概要にも書いた通り消費者から経営者まで楽しめる内容となっています。






個人的な感想


日本ワインに対する印象の変化


本書を読むまで恥ずかしながら日本のワインって新世界の中でも他の国のワインと比べても少し格が落ちるなという印象がありました。

しかし、本書を読んだことにより日本のワインの印象が大きく変わりました。

まず、日本が国全体でワイン特区を増やしたりしてワインを作りやすくしているということが分かりました。

これまでワイン特区という言葉は聞いたことはあったものの私はその言葉の意味をしっかりとは理解できていませんでした。本書を読んだことでワイン特区って消費者が嬉しいものではなく、経営者にとって嬉しいものだということが分かったのは本当に良かったです。

現在一次産業の人口が減っていることで余った畑などをワインの生産に使えるようにしようとしていることが分かりました。

また、甲州を使った日本ワインは美味しいとは前から思っていたのですが、シャルドネなどのよく使われる品種は日本以外の方がいいのかなとか思っていいました。

しかし、それらの品種に対しても丁寧な仕事をしているのが伝わってきたため日本産のワインを飲む機会を増やしたいと思いました。

国全体でワインを日本の経済の一角にしようと努力していることが分かり良かったです。


ワイナリーに対する情熱


本書を読んで何か自分が情熱をもって叶えたい人は素敵だなということを改めて認識しました。

著者である蓮見よしあきさんがどれほどワインを愛しているのかということが本書を読んでいて本当に伝わってきました。

蓮見よしあきさんの一日のスケジュールを見ているとほとんどの時間がワインを作るために使われていて、自由時間がほとんどないことに驚かされました。

ブドウの収穫からワインの出荷まで行う第六次産業は本当に大変で、ワインに対する愛がないとできない仕事だということが分かります。

私はワイナリー経営をはじめたいと思うほどのワインマニアではないのですが、山梨にある奥野田葡萄酒酒造の栽培クラブの運営などに参加してみて、自分もワインについてさらに詳しくなりたいとおもいました。


ワイナリーに行ってみたい


以前からワイナリーに行ってみたいなとは思っていたものの、なかなか行く機会がなく未だに行けていませんでした。

ただ本書を読んだことで再びワイナリーに行ってみたいという気持ちが再燃しました。

せっかく本書を読んだのではすみファームに足を運んでみたいと想いはあるものの、いきなり遠くの場所だとハードルがあがるため近場のワイナリーから行ってみようと思います。

一年のスケジュールを見ていると何月に行こうか悩みますが、まずは収穫時期の9月や10月に行ってみようかな。

ワイナリーに行く以外にも、はすみファームのワインやその他の日本ワインをオンライン購入して色々と味わってみたいと思いました。



まとめ


本書はワイナリーの経営に関するノウハウがコンパクトにまとめられていました。

消費者として読んでも面白かったのでワイン好きの方はぜひ読んでみてください。







3884509_s


今回は、日経デザイン編の『アップルのデザイン戦略 カリスマなき後も「愛される理由」』という本を紹介しています。



概要


本書は、アップルのハードウェアや箱などのデザインについて専門家による分析が書かれた本です。

デザイン分析の対象としている機種は、以下の7種類です。

  • iPhone5
  • iPod touch
  • iPad mini
  • iPod touch 16GB
  • iPhone5c
  • iPhone5s
  • Mac Pro

同世代の廉価版などを対象としていて、なかなか面白いラインナップとなっています。

本書の分析ではハードウェアの外装を分析するのはもちろんのこと、内部の回路設計についても言及されているためデザイナーからハードウェア設計者までの幅広いひとが楽しめるような作りになっています。

また、本書の後半ではSonyやSamsungといった他のメーカーが発売しているスマホやパソコンとアップルが販売している商品の比較も行われています。



学べる事

4577231_s

  • アップルのハードウェアのデザインが優れている部分について
  • アップルの細部までのデザインのこだわり
  • デザインと生産性の関係について




読者対象


  • ハードウェアなどの物理的な商品を専門としているデザイナー
  • ハードウェア設計者
  • 加工技術に興味がある人
  • アップルのデザインのこだわりに興味がある人
  • デザインと価格を分析する企画関係の人




個人的な感想


私はソフトウエア技術者でハードウエアやデザインのことは詳しくありませんが、本書は文章だけではなく商品の写真などが多く乗っているため読んでいて楽しかったです。

ただ、専門的な用語がけっこうたくさんでてきたため、ハードウェアや加工技術に詳しくない場合言葉の意味などを調べるのが結構大変かもしれないとも感じました。

本書ではアップルの主にiPhone5の前後に発売された商品を分解していき、デザインについて語られていました。

他のアップルのデザインについて書かれている本は、ハードウェアの外側やソフトウエアのデザインについて言及している本が多いため、本書のように内部の基盤の回路に関するデザインなどについて語られている本はなかなか新しい気がします。

また、消費者としては廉価版は安く買うことができてラッキーぐらいにしか思っていませんでしたが、専門家による廉価版としてデザイン的に値段を抑えている部分の解説などはなるほどなという感じで勉強になりました。

メモリやCPUで値段を抑えていると思っていたのですが、細かい素材とかでも値段を抑えていたんですね。


ハードウェアの他にもパッケージの箱の作り方についての解説なんかが書かれていたのも面白かったです。

製品本体だけではなく箱の細部のデザインまでこだわっているということが分かり、アップルのデザインに対するこだわりの強さを改めて実感することができました。



まとめ


本書はアップルの製品の外部の消費者が見ることができる部分のデザインと内部の消費者には見えない部分のデザインについて細かく分析されている本でした。

アップルのデザインのこだわりについて知りたい方はぜひ読んでみてください。




175857_s

今回は、常盤勝美さんの『だからアイスは25℃を超えるとよく売れる 基礎から学ぶ「ウェザーMD(マーチャンダイジング)」』という本を紹介しています。



『だからアイスは25℃を超えるとよく売れる』の概要


本書は、流通業のウェザーマーチャンダイジング(以下ウェザーMDとする)について書かれている本です。

ウェザーMDとは天気や気象に関する情報を商売に生かすことです。天気予報の精度が向上した現代では、ほぼ全ての企業がウェザーMDの情報を商売に活用しています。

本書では、天気と小売業で売れる商品の関係を具体的に説明しています。

例えば本書のタイトルにある通り、アイスは25℃を超えるとよく売れると言われていますがそれは本当なのでしょうか?

実は25℃を超えているからといって必ずアイスが売れやすくなるわけではありません。

逆に気温が高すぎるとアイスの売れ行きが止まるという傾向もあります。

その理由は、暑すぎると口のなかでアイスのどろっとした感じが残り気持ち悪いひとが増えるからです。

こういった天気と商品の関係を学ぶことができる一冊です。



学べる事

4577231_s

  • ウェザーMDの基礎知識
  • 流通業とウェザーMDの関係
  • 様々な季節や異常気象と商品の売れ行きの関係
  • ウェザーMDの実践方法
  • 天気予報の見方




対象読者


  • ウェザーMDの基礎知識が学びたい人
  • スーパーやコンビニといった小売業で商品発注を行っている人
  • 商品開発部門の人
  • 商品の広報を担当している人




個人的な感想


私は小売業などに関わったことがなく専門外の人間ですが、本書を読むことで商品の売れ行きと天気の密接な関係を理解することができました。

本書は専門用語などを一つ一つ分かりやすく解説しているため、気象や経済学に詳しくない人でも読みやすくなっているのが良い点です。

また、こういった専門書ではよく知識だけが書き綴られていて実際にどう活用したらようのか分からないという本も多々ありますが、この本では後半の章でウェザーMDの実践方法が書かれているのも良かったです。

実践方法の解説では商品部、商品企画部、営業企画部、販売促進部などの様々な部門ごとに気候の変化に対してどのような対応をすればよいのかが書かれていたので、色々な人が仕事に活かせるようなノウハウが書かれていました。

具体例もところどころに出てくるため、実戦でのイメージがしやすかったです。

また、Excelなどの表ソフトのウェザーMDでの使い方も分かりやすく書かれていたので、あまりパソコンが得意でない人でも効率的にウェザーMDを行えるように書かれていたのもポイントが高かったです。



まとめ


『だからアイスは25℃を超えるとよく売れる』は一冊でウェザーMDの基礎的な知識と具体的な解説方法を学べる本です。

小売業に関わっている人なら必ず知っておきたい知識が盛りだくさんですのでぜひ読んでみてください。






PXL_20210511_131631290


スコット・バークン氏の『マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた』を読みました。

本書は、スコット・バークンがマイクロソフトを辞めてAutomattic(オートマチック)で働いた経験が書かれています。

本記事ではその中から、日本でも新型コロナの影響で注目されることになったリモートワークのメリットとデメリットに焦点をあてて本書の内容をまとめていきます。



リモートワークのメリット


元々マイクロソフトで働いていたスコット・バークンは、2011年にAutomatticに入社して初めてリモートワークを行うことになった。

リモートワークを実際に行ってみてスコット・バークンが感じたメリットをまとめていきます。


勤務先に制約がないこと


同じ部屋で働くことになれている会社員は、勤務先に制約がないことの何がメリットなのかと感じるかもしれません。

勤務先に制約がないということは世界のどこにいても共に働くことができるということです。

つまり、これを言い換えると世界最高の人材を移住地に関係なく雇うことができるということなのです。

日本の多くの会社は、東京にある会社なら関東圏内に住める人を探したりしますが、その場合関東圏に住むことができない優秀な人材を雇うことができなくなります。

しかし、リモートワークを当たり前のようにすることで世界中の優秀な人材を雇うことができるようになります。


働く側も、家族に無理な引っ越しを強要することなく自分が働きたい会社で働くことができます。


仕事に対して厳密な評価が行える


日本の古い体制の会社は、残業時間が長い人の方がしっかりと働いているなど間違った人事評価を行いがちです。

リモートワークを行っているAutomatticではブロガーがワードプレス・ドットコムに連絡してきた問題対処(以後チケット処理とする)の統計で成績を管理していました。

チケット処理の時間を統計で管理することにより、どの社員が短い時間で多くのチケットをさばいているのかが分かり、厳密に各社員の評価が行えました。

つまり、厳密な成績で社員の評価を行うことで働いているふりをしていた人間を排除することができるのです。

成績の良い社員に正当な評価が行えるようになり、これは雇用主にとっても労働者にとっても両方にwin-winです。


直接話せないことで無駄な時間が短くなる


プログラミングの途中などで誰かに直接質問などをされると作業を中断し質問に答えるために時間を使うことになります。

いざ会話が終わり作業を再開すると途中まで行っていた作業の内容を忘れるなどしてどうしても仕事の効率が落ちてしまいます。

リモートワークを行っている場合、直接質問されることはなく、質問はskypeなどのチャットソフトを経由してとどきます。

多くの人はチャットソフトで行う質問ですぐに答えが返ってくることは期待していないため、回答者は自分の回答したいタイミングで答えることができるので作業の邪魔になりません。

もちろんこういった直接会話ができないことにはデメリットも存在します。

デメリットは後程語っていきます。



リモートワークのデメリット


チャットが原因で会話が長引く


先ほどチャットシステムを使うことのメリットを上げましたがデメリットもあります。

チャットは基本的に文字ベースで話すため、表情などから相手の意図を読み取れないという問題があります。

スコット・バークンは直接話したら数分で終わる内容をチャットが原因で何時間もかかったと語っています。

リモート環境でコミュニケーションをとるための手段として最も行いやすいのがチャットですが、ときと場合に応じて電話会議やテレビ会議を行い少しでも無駄な時間を減らすことが大切です。


リモートワークは待ち時間が発生する


プロジェクトを開始したばかりの時期などは、チームのメンバーで分からないことを聞きあいたいことが多くなります。

そういう場合にリモートワークを行っているとレスポンスに時間がかかり、無駄な待ち時間が増えます

この問題に対してAutomatticでは、たまに世界各地に住むチームのメンバーを集めて会合を行うことで対策をしていました。

会合の場所は、アテネ、ハワイ、ニューヨークなど様々です。

たまには直接集まることで、仕事が効率よく進むほか、チームの団結力が深まったりするなどのメリットもあります。



最後に


リモートワークには様々なメリットとデメリットがありますが個人的にはメリットの方が大きいかなと本書を通して感じました。

最後になりますが、スコット・バークンはリモートワークでもっとも重要なことは信頼であると語っています。

上司、部下関係なくどこで働いていてもきちんと仕事をこなすという信頼さえあればすぐにリモートワークは行えます。

リモートワークに不安がある方も多いかもしれませんが、この社会情勢を利用してみてリモートワークをはじめてみてください。






3884509_s

研究者であり日本のライフハックの先駆者である、堀正岳さんの『ライフハック大全ー人生と仕事を変える小さな習慣250』を読みました。

その中で個人的にすぐに真似してみたいと思ったライフハックを7つ紹介していきます。




作業を「下り坂」でパーキングする


毎日の作業をいつもきりの良いところで終わらせようとする人は多いのではないのでしょうか。

これは気分が良いことかもしれませんが、明日以降にも引き続き同じ作業を続ける場合は、注意が必要です。

次の日に新しいタスクを始めようとすると気が重くなかなか手がつかないことがあります。

この問題を解決するために、1日の作業をあえて中途半端なところで切り上げましょう

こうすることで、次の日に作業を気持ちよく始めることができます。

また下り坂でやめることで、ダラダラときりの良いところまで残業しようとする、無駄な残業時間も減らすことができます。



48:12時間分割法


どんなにすごい人でも一日に集中することができる時間は限られています。

そこで、集中力をマラソンランナーのように長い時間維持するテクニックを教えます。

そのテクニックは48:12時間分割法です。

これは名前のままで1時間の作業時間を48分の集中時間と12分の休息時間に分けるという方法です。

48分集中した後に12分休息をとることで、次の1時間のサイクルを始めるときに集中力を回復させることができます。

このテクニックを使う上で大切なことは、調子がよくても休息するときと作業を行う時間をしっかりと分けることです。

その時は、調子がいいかもしれませんが無理をしているだけにすぎないのでいずれ集中力が途切れるでしょう。

また、48分と12分という時間配分はあくまで例です。人によっては50分作業して10分休憩や、30分作業して10分休憩などバランスが違います。

自分に最適な時間を見つけましょう。



怒りを制御するための3つのテクニック


いくら怒らないようにしていても予想外の出来事なので怒りを覚えることがあります。

ここでは、怒りを抑えるための3つのテクニックを紹介していきます。


1. 怒りそうになったら手のひらをパーにする

怒りを感じると緊張して握り拳を作りがちですが、これを意識的にパーにすることで緊張が和らぎます。


2. 肩を下げる

手のひらと同様に怒っている時は、緊張して肩が上がりがちです。

意識して肩を下げるようにしてリラックスの姿勢をとりましょう。


3. 話すスピードを落とす

怒りが、込み上げると早口になりがちです。意識的にゆっくりと話すようにしましょう。

ゆっくりと話すことで、話し声も小さくなり冷静さを取り戻すことができます。






大量の悪いアイデアをつくる


優秀な人でも大量の良いアイデアを生み出すのは難しいです。

一方、大量の悪いアイデアを生み出すことはそこまで難しくありません。

実は悪いアイデアを生み出すというのは、良いアイデアを生み出すための鍵です。

毎朝5つのアイデアを書き留める習慣を作りましょう。

毎朝考えていると、ひどいアイデアも大量に生まれます。しかし、こうして様々なアイデアを組み合わせていくことで誰にも辿り着かない発想に行き着くことがあるでしょう。

あのエジソンですら、アイデアを生み出す量に拘っていたのですからきっとあなたも大量のアイデアを生み出せばいつか良いものが見つかるでしょう。



利き手と逆の手を使ってマインドフルネスを体感する


マインドフルネスとは、現在起こっていることに意識を集中させる瞑想法で、ストレスを軽減することや様々な心理的な症状に効果があることが知られています。

しかし、瞑想ができるようになるためには練習が必要です。

そこで、普段利き手として使っている腕とは逆の腕で、日常の活動を行ってみましょう

利き腕と違う手を使うことで、掃除をするだけでも全てを意識的に注意深く行わなければうまくできません。

利き手では自動化していた行動を集中して行うことでマインドフルネスに近い精神状態を生み出すことができます。

マインドフルネスの状態を体感して心の健康を守りましょう。



習慣のトリガーとして優秀なのは「時間」と「場所」


新しい習慣を定着させるときに大切なことは、毎日必ず発生するものをトリガーに設定し、その流れで実行する行動だけを入れ替えるという作戦です。

例えば夕食終わりに必ずテレビをつけるという習慣があるとします。

この流れを脱線させて別の行動をとることで新しい習慣をつくることができます。

夕食後に毎日風呂掃除をするようにすると次第にテレビをつける習慣が風呂掃除をする習慣へと変化していくでしょう。

こうしたトリガーをきっかけに新しい習慣をつくるようにしましょう。



「30日チャレンジ」で人生を楽しくかえてゆく


みなさん新しいことを初めてみたいけどなかなか始めることができないと困っていませんか?

そこで「30日チャレンジ」をしてみましょう。

「30日チャレンジ」とは人生でずっとやってみたかったことを、次の30日間だけ生活に取り入れてみることです。

30日という数字が良い数字で、30日あればちょうど新しい習慣を身につけることができ、「30日チャレンジ」の後も継続的に行うことができます。

一方ずっとやってみたかったことでも、30日すら続けることができなければそれはそこで辞めてしまっても良いことです。

とりあえず30日だけと思って新しいことをやってみましょう。



まとめ


『ライフハック大全ー人生と仕事を変える小さな習慣250』では上記で紹介した他にも様々なライフハックが紹介されています。

本書の後書きでも書かれていたのですが、ライフハックは全て真似しないといけないわけではありません。

自分が真似したいと思うライフハックだけを取り出して、実践していき自分の生活を少しでも良いものにしていきましょう。






↑このページのトップヘ