としおの読書生活

田舎に住む大学院生であるとしおの読書記録を綴ります。主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にも旅行やパソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

タグ:ビットコイン

本日は先日購入した GTX 1060 を使ってWindowsでも簡単に使える NiceHash(ナイスハッシュ)を使ってマイニング始めてみたのでマイニングの始め方を解説していきます。




NiceHash(ナイスハッシュ)とは


NiceHash(ナイスハッシュ)は採掘効率のよい仮想通貨を自動的に探してマイニングを行ってくれます。払い出しはBTC(ビットコイン)となっています。

NiceHash(ナイスハッシュ)の良いところは本来マイナーがどの仮想通貨を掘れば効率がよいか考えるところを自動的に行ってくれるところです。そのためマイニング入門者でも簡単にマイニングを始めることができます。

またマイニングを始めたいがPCについて詳しくないという人も多いと思いますがNiceHash(ナイスハッシュ)は Windows で利用することができるため手軽に始めることができます。


NiceHash(ナイスハッシュ)の登録方法


NiceHash(ナイスハッシュ)を利用するには下記のURLから登録する必要があります。

https://www.nicehash.com

Nice1

画面右上にあるメニューバーをクリックすると下記のような画面が出現するのでREGISTERをクリックしてください。

nice3

そうすると登録画面に移行しますのでメールアドレスとパスワードを入力して登録の手続きを続けてください。

パスワードは大文字、小文字、数字を混ぜて分かりにくいパスワードにしましょう。

登録すると登録したメールアドレスにメールが届くのでメールに書かれているURLをクリックしてください。



nice2


NiceHash(ナイスハッシュ)のダウンロード


次に NiceHash(ナイスハッシュ)でマイニングを行うにはマイニングソフトをダウンロードする必要があるので下記のURLからダウンロードしてください。

https://miner.nicehash.com/

マイニングソフトにはNVIDIA用のものとAMD用のものがあります。使用しているGPUと同じものをダウンロードしてください。

私は NVIDIA GTX 1060 を使用しているので NVIDIA 用のものをダウンロードしました。

Nice4


ウィルスバスターなどのセキュリティソフトが反応してしまうことがあるためもし反応するようなら一度セキュリティソフトの設定をオフにしてもう一度ダウンロードしてみてください。


NiceHash(ナイスハッシュ)の設定


マイニングソフトをインストールすればいよいよマイニングの開始ですがその前にいくつか設定をする必要があります。

最初に CONFIGURE の歯車アイコンをクリックしてください。


nice5


そうすると下記の画像の画面に遷移します。ここでやってほしい設定は二つあります。

一つ目は CURRENCY のプルダウンメニューを開いて JPY を選択してください。こうすることで採掘量などが日本円で表示されるようになります。

二つ目は Automatic Service Location のチェックボックスにチェックをいれてください。これをすることでもし今採掘中のサーバーが停電などで落ちてしまった場合でも別のサーバーに移動して採掘を続けてくれます。


nice7


次に WORKER をクリックしてください。


nice9


WORKER ID を設定することでNiceHash(ナイスハッシュ)で表示する名前を設定することができます。

複数のPCでマイニングを行う際などに設定しておくことでどのパソコンでどれぐらい採掘できるのか知ることができるので便利です。

私ももしかしたらもう一台買うかもしれないので一応設定しておきました。

nice10


最後にWalletをクリックしてください。


nice11


NICEHASH USERNAMEの欄にNiceHash(ナイスハッシュ)で登録したメールアドレスを入力してください。

nice12


以上で設定は完了です。


GPUのベンチマーク


HARDWARE DETAILS をクリックしてください。


nice13


ここではマイニングに使用するCPUとGPUのベンチマークをとります。

このベンチマークの結果でハッシュレートが決まり、BTCの採掘量が決められます。

ベンチマークを取りたい機器にチェックを入れて BENCHIMARK ALL をクリックしてください。

私の場合CPUが corei7-930 という化石を使っているため、NiceHash(ナイスハッシュ)に対応していないのでGPUのみの選択となりました。CPUはマイニング効率にあまり影響がないので気にしません。


nice15

BENCHIMARK ALL をクリックするとベンチマークの設定がでますが STANDARD を選択してください。

ベンチマークには少し時間がかかりますが、しばらくするとベンチマークが終了しマイニングを始めることができます。



マイニング開始


STARTボタンを押すことでマイニングが始まります。

nice17


マイニングを始めると下記のような画面が立ち上がります。採掘速度であるハッシュレートを確認することができます。

nice18

マイニングを終了する際は STOP をクリックしてください。

nice16


マイニングの成果報告


NiceHash(ナイスハッシュ)を使用してマイニングを開始してから二週間ほどになりますが現状どれぐらい採掘できているのか報告します。

私の場合ゲーム用のPCでマイニングを行っているため一日中マイニングを行っているわけではありません。ゲームをしているときはマイニングソフトを停止しています。

一日約 0.00012000 BTC(100JPY)ほど採掘できています。(2018年6月7日の報告)

電気代を正確に計算していないので詳細な値は分かりませんが一日数十円ほど設けていることになります。PCを放置しているだけでこれだけ設けることができるのでお得かもしれません。また今後BTCの価格がさらに上がるかもしれませんので未来への投資だと考えれば悪くないと思います。

儲かるのはいいのですがマイニングにはデメリットもあります。

まず私は、ワンルームの部屋に住んでいるため夜寝るときにもマイニングを続けているとGPUファンの音がうるさいと感じました。慣れるまでなかなか眠れなかった(笑)

もう一つはGPUに負荷をかけるためGPUの寿命を縮める恐れがあります。そのため、もしマイニングを行うのならば温度管理はきちんとしましょう。私はGPUの温度は常に70℃前後になるようにしています。80℃を超えると故障の原因になりますので気を付けましょう。


またBTCがある程度たまったらBitFlyerなどのウォレットに移動させたいと思いますのでその記事は後日書こうと思います。



MSI GTX1060 ARMOR 6G OCV1 [GTX1060/GDDR5 6GB] トルクスファン採用したARMOR 2X 搭載GTX1060グラフィックボード


DSC_2254

今回は、野口悠紀雄さんが書かれた『入門 ビットコインとブロックチェーン』を紹介していきます。

野口悠紀雄さんは一橋大学名誉教授であり、ファイナンス理論と日本経済論を専門としている方です。そのため本書は専門分野とマッチしているため信頼できる情報を得ることができます。ビットコインとブロックチェーンという新技術と日本経済との結びつきも語られています。




『入門 ビットコインとブロックチェーン』の章構成


本書の構成は以下のようになっています。

  1. ビットコインとは何か?
  2. ビットコインを実際に使うには
  3. 銀行が仮想通貨を発行する
  4. ブロックチェーンとは何か?
  5. ブロックチェーンの応用が広がる
  6. シェアリングエコノミーとブロックチェーン
  7. IoTとブロックチェーン
  8. 分散自律型組織DAOが作る未来社会
本書の前半では、ビットコインの基本的なことから今後どうなるのかを語られています。後半では、ブロックチェーンとはどういった技術であるのか、今後の社会でどのような場面で役立つのかについて言及しています。


ビットコイン


本書の第一章~第三章までは、ビットコインやその他の仮想通貨について説明されています。

第一章では、最初にビットコインが従来の電子マネーとどう違うのかが書かれており簡単に違いを説明すると電子マネーはSuicaであればJR東日本が管理しているという風に管理者がおり、ビットコインの場合管理者がおらず大量のコンピュータによって運営されているという違いがあります。またその他にもビットコインは価格が変動するという違いがあります。

簡単な説明があった後、ビットコインの発行量、種類、安全性、将来性について書かれています。

第一章を読むことで仮想通貨についての基本的な知識を得ることができるため、知識がゼロの人が読む場合でも今後の内容が分かるようになっています。

第二章では、仮想通貨がどういった使い方ができるのかについて説明されています。

最初に仮想通貨の送金方法について説明されている。仮想通貨によっては送金手数料が安くなる場合があるみたいです。また日本ではATMがあらゆる場所にあるため送金に関する問題は発生しないが、ATMが整備されていない国では仮想う通貨であればパソコンやスマホのみで送金ができるので利便性が広がるというメリットがあるようです。

次に仮想通貨の管理の仕方が書かれている。仮想通貨を保有するには仮想通貨用のウォレットを作る必要があるみたいです。現在国内では仮想通貨のウォレットは「bitFlyer」などで開設ができます。

第三章では、銀行が仮想通貨を発行するということに言及されています。

銀行が発行する仮想通貨には三菱東京UFJ銀行などのメガバンクが発行しようとしているものと日本銀行などの中央銀行が発行しようとするものの二つがある。

メガバンクが仮想通貨を発行する理由は、今後ビットコインなどの仮想通貨が浸透することでメガバンクが排除されるのを恐れているからだ。この理由だけを聞くと我々利用者にとってメガバンクの発行する仮想通貨を利用するメリットがないように聞こえるが、我々にも送金手数料が安くなるなどのメリットがある。2018年6月現在三菱東京UFJ銀行が発行しようとしている「MUFGコイン」のテストが行われている。

中央銀行が仮想通貨を発行する理由として、ほかの仮想通貨の利用が拡大すれば、中央銀行の発行する通貨の必要性が低下するからだ。中央銀行の発行する通貨の必要性が低下すれば日本の場合、円の価値が低下しドル社会になるという問題が発生する。現在スウェーデンなどの各国の中央銀行が独自の仮想通貨を発行するために研究を行っている。


ブロックチェーン


第四章~第八章までは、ブロックチェーン技術と応用方法について説明されています。

第四章ではブロックチェーンとはどういった技術であるのかが書かれている。

ブロックチェーンとは仮想通貨の中核的基礎技術であり、電子的な情報を記録する新しい仕組みだ。取引記録をネットワークの参加者全員(マイナー)でブロックという台帳に記入する。

取引記録の台帳を記入するだけならばあまり革新的ではないが注目すべきポイントはネットワークの参加者全員で記入するというところだ。Suicaであれば台帳を書いているのはJR東日本だけであり、もしかしたら改ざんの恐れがあるかもしれない。しかし仮想通貨は取引記録をネットワークの参加者全員で記入するため改ざんをすることができない。

私は、ブロックチェーンという言葉は聞いたことがあったがどういったものであるかについては知らなかった。しかし、第四章を読むことでブロックチェーンについて軽く理解することができた。

第五章第六章第七章では、ブロックチェーンの応用方法について言及している。それぞれ言及されている技術は異なるが注目しているのは情報の改ざんが難しいということだ。

第八章では、DAO(分散自律型組織)について言及されている。

従来の組織には、経営者と労働者がおり近年ではロボット技術の発達に伴い労働者がロボットに置き換えられつつある。DAOではそれとは逆に経営にブロックチェーンを活用することで経営者のいない組織を実現しようという考えである。

もしかすると今後、経営はブロックチェーン、労働はロボットという社会が来るかもしれない。


感想


私が本書を手に取ったきっかけはビットコインとブロックチェーンについて簡単に知っておきたいと思ったからだ。実際に本書を読んだことで読了前と比べると両方の知識が身についたと思う。

私のようにビットコインとブロックチェーンの両方について基礎的なことを知りたい人には本書を進める。

一方ビットコインかブロックチェーンのどちらかに特化して勉強したい人にはあまりお勧めができないかもしれない。本書はあくまで入門書として二つの関連することがらを一冊にまとめているが専門的に知りたい場合この一冊では足りないと感じたからだ。

私も本書を読むことでビットコイン以上にブロックチェーン技術に興味がもったので別の書籍を購入しブロックチェーンについて専門的な内容を勉強したい。


↑このページのトップヘ