としおの読書生活

田舎に住む大学院生であるとしおの読書記録を綴ります。主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にも旅行やパソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

タグ:ワイン

ワインライターかつワインソムリエである葉山孝太郎さんが書いた、『これだけは知っておきたい 必要最小限のワイン入門』を読んだので簡単な内容紹介と感想を記します。





ワインを楽しむのに必要な知識は少しだけでいい


映画などを見ていると主役がこのワインはなになにだなどのセリフを言っているのを見て、ワインを楽しむためにはそこまでしらないとだめだと思う人が多いかもしれません。

しかし、実際はワインは以下の5種類に分類できるということだけ分かっていれば楽しむことができます。

  • ボルドー系の渋くてどっしりした赤ワイン
  • ブルゴーニュ系の酸味がありエレガントなワイン
  • 辛口の白ワイン
  • 極甘口のデザートワイン
  • シャンパーニュを頂点とするスパークリングワイン
ワインを楽しむためにはたったこれだけの知識でよかったのです。

これらのワインがどういうものであるのか簡単に紹介していきます。


ボルドーの赤


カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローを使用した赤ワイン。

味は渋く、色は黒いずっしりと重いワインである。

ボルドー地方のワインにあこがれてチリやカリフォルニアなど世界中で作られている。


ブルゴーニュのエレガントなワイン


ピノ・ノワールを使用した赤ワイン。

色は淡く、香りがたかい。また、酸味がきれいであるため飲みやすいという特徴があり、ボルドーと正反対のワイン。

ピノ・ノワールは気候に影響されやすいためニュージーランドやアメリカのオレゴン州など限られた地方でブルゴーニュ地方にあこがれた赤ワインが作られている。


辛口の白ワイン


辛口の白ワインのほどんどはシャルドネをもとに作られており、シャルドネだけを覚えておけば白ワインを語れるといわれているほどの人気。

辛口の白ワインが甘口よりも愛されている理由は、旨味があり食事にあうからである。

また、樽の香りでワインの風味が変わったり、作る場所によって味が違うというのもシャルドネを使った白ワインが人気の理由である。


極甘口のデザートワイン


デザートワインとして有名なものはドイツで作られる、リースリングを使って作った白ワインである。

極甘口は限られた国でしか作られないことから珍しいため希少性が高く人気である。


シャルドネとリースリングが原料となっている白ワインの他にソーヴィニヨン・ブラン、ゲヴェルツトラミネール、甲州を使って作られた白ワインも人気だ。


スパークリングワイン


スパークリングワインは皇帝陛下のビールなようなものであるため、どんな食事にもあい世界中で愛されている。

また、スパークリングワインの最高峰であるシャンパーニュもどんな高級レストランでも1本1万円ほどで飲めるのも人気の理由である。(赤や白を高級レストランで注文すると2、3万円~になる)

シャンパーニュとスパークリングワインの違いって何なのかということだが、ただ単に産地が違うだけである。

シャンパーニュ地方で作られる泡がでるワインのことをシャンパーニュと呼び、その他の地方で作られる泡がでるワインはスパークリングワインと呼ばれている。






新世界と旧世界の違いは?


ワインについて話しているとよく新世界と旧世界という言葉がでてくる。

旧世界とはフランスやドイツなどのヨーロッパで昔からワインを作ってきた国のことである。新世界のワインと比べて味が複雑なのが特徴的だ。

一方、新世界とは旧世界以外のワインを最近作り始めた国のことだ。日本やアメリカも新世界に分類される。味が分かりやすく、旧世界のワインにお手頃な価格のワインが多いという特徴がある。

以下で旧世界と新世界の各国の特徴を紹介していく。



旧世界のワイン


ここでは旧世界に分類されるフランス、イタリア、スペイン、ドイツのワインの特徴を簡単に紹介する。


フランス


さきほど紹介した、5種類のワインを制覇したワインの王者である。

新世界ではなかなかつくることができない、エレガントで飲み飽きしないワインが多い。


イタリア


ボルドー系やシャルドネ系のような濃厚で力強い赤ワインと白ワインが得意な国。


スペイン


ボルドー系の濃厚な味がどっしりとした赤ワインが得意。

また、スパークリングワインをシャンパーニュと同じ製法で作っており、安くてうまいという特徴がある。


ドイツ


リースリングを使った甘口の白ワインが得意。

昔はドイツのワインと言えばとにかく甘いという印象が強かったが近年は辛口の白ワインも作られている。

また、半甘口の白ワインは世間的には人気がないが中華などにあうため意外とおすすめ。



新世界のワイン


ここでは新世界に分類されるアメリカ、カナダ、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、日本のワインの特徴を簡単に紹介する。


アメリカ


アメリカのワインの9割はカリフォルニア州で作られている。

カリフォルニア・ワインは濃厚で華やかで甘いのが特徴的だ。

また、オレゴン州やワシントン州ではブルゴーニュ地方のようなスタイリッシュなワインが作られている。


カナダ


氷点下で収穫されたブドウを使って作られるアイスワインが得意である。

アイスワインは希少性が高いため、新世界のワインといえどもカナダのアイスワインのお値段は少し高めである。


チリ


チリのカベルネ・ソーヴィニヨンは安いがとても濃厚で美味しい。

日本ではチリワインの消費量がどんな国のワインよりも多い。


オーストラリア


ボルドー系の渋くて濃い赤ワインが得意である。

また、1000円台で購入できるスパークリングワインも美味しい。


ニュージーランド


ブルゴーニュ地方のようにピノ・ノワールを使用した美味しい赤ワインを作ることができる珍しい国。

手ごろにピノ・ノワールを楽しみたい場合はニュージーランド産がおすすめ。


日本


甲州と呼ばれる日本独自の品種で作られた白ワインがおいしい。

日本の白ワインはとても和食にあう。


ワインはどこで買うべき?


ワインを購入する場所としておすすめな場所はワインショップ、コンビニ、ネットである。

各場所でワインを購入するときのポイントを以下に示す。


ワインショップ


ワインの専門店であるため、ワインのこと色々と聞きながら購入することができる。

たいていの店員はワイン好きを増やしたいと思っているため、ワイン初心者だっとしても遠慮なく話しかけることが大切。

ワインショップは高いワインだけではなく安いワインも扱っており、特に派手なポップで店員のコメントが書かれているワインがおすすめである。

なぜならポップが書かれているワインは店の顔であるため、ハズレのワインだということが絶対にないからだ。


コンビニ


コンビニは安くて美味しいワインを購入できる場所だ。

コンビニのワインが安くて美味しい理由は、海外から輸入したワインを自社ラベルに変えたり、国内で発行させたりしているからだ。

デイリーワインとしてよくできているワインが多いため、普段飲みには最適である。


ネット


一度飲んだことがある、お気に入りのワインを日常用に買うのにおすすめの場所である。

また、たまに希少ワインを安く購入できることもありワインマニアはネットで網をはっている。

知らないワインについて店員のアドバイスを聞くことができないのが欠点だ。



感想


本書をとおして「ワインの違いが分かるようになるために基礎的な知識を学びたい」という目標を達成することができました。

本書を読む前はとりあえず金賞受賞しているから美味しいんだろうぐらいの知識でワインを購入していました。

しかし、本書を読み終えたいまは白の辛口のワインが飲みたいから今日はシャルドネのワインを購入するといったようなワインを選択できるぐらいの知識は身に付きました。

また、本書はワインについての小難しい話をずっと語っているだけではなく、要所要所で著者のおすすめのワインを紹介していたのも良かったです。

ワインの入門編として小難しい本を読む前にぜひ読んでいただきたい本なので、本記事をよんで少しでも興味を持った方はぜひ『れだけは知っておきたい 必要最小限のワイン入門』を読んでみてください。






今回は前回のエノテカに続き、神戸三田プレミアムアウトレットの隣にあるイオンモール神戸北にあるカルディ(KALDI)のワイン福袋を買いました。

カルディでは福袋を買うつもりはなく、入り口でよく配っているコーヒーを飲みながら欲しいものを探そうと思っていました。

しかし、店員さんに話しかけられたこととその前まで三田アウトレットで福袋を買って気分がよくなっていたことが重なり、購入してしまいました。(笑)

今回はWINE 福BOXを選びました。値段は2222円です。

このお楽しみ袋は2222円なのに、参考上代3000円以上のワインが1本入った福袋(福BOX)だそうです。

入っているものは以下の通りです。




  • ドン・ペリニヨン2008  1本 通常価格19634円
  • ミケーレ・キアルロ バローロ・チェレクイオ 1本 通常価格10000円
  • ペレ・ベントゥーラ カバ ヴィンテージ ブリュット グランレセルバ 1本 参考上代10000円
  • シャンパーニュ ポール・グール ブラン・ド・ブラン プルミエ・クリュヴィラ・アンリティノリ・キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ 1本 参考上代7500円
  • サン・パトリニャーノ アヴィ 2本 通常価格6000円
  • ヴーヴ・クリコ 2本 通常価格5720円
  • イカルディ スリス・イヴァン ランゲ ネッビオーロ 1本 参考上代3500円
  • ステレンボッシュ・ヒルズ 1707 リセルヴ レッド 6本 参考上代3000円
  • サン•パトリニャーノ・アヴェニール 7本 通常価格3000円
  • サン•パトリニャーノ オラ サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ スーペリオーレ 通常価格3000円
  • ボデガス・サン・グレゴリオ ラス75 ベンディミアス・デ・エミリオ・ゴンサレス 10本 参考上代3000円
  • ペレ・ベントゥーラ グランレセルバ 16本 参考上代3000円



さっそく開けていきます。
IMG_0507
やっぱり上から見ても、ワイン初心者の私には、どれなのかがわからないので出します(笑)
IMG_0512
一番当たりやすいやつですね。(笑)

ペレ・ベントゥーラ グランレセルバです。


このワインは、

「パッションフルーツ、洋ナシ、グレープフルーツの香りに、ブリオッシュ、スパイス、ハチミツのニュアンス。熟度のあるまろやかな果実味に、柑橘類の酸味と苦味の余韻が長く続き心地よい。スタイリッシュでモダンスタイルの本格派カバ。」

のようです。とにかくフルーティということでしょうか。嬉しいです!

エノテカもカルディも大物は当たりませんでしたが、楽しいひと時を過ごすことができ、よかったです!

ワインはなかなか買わないので、ゆっくりと飲んでいきたいと思います。



2020年(令和元年)1月8日から1月14日に阪神百貨店梅田本店で開催されている『食品ジャンボ市 お買い得品&ギフト解体市』に1月12日に行ってきました。





『食品ジャンボ市 お買い得品&ギフト解体市』とは


売れ残ったお歳暮用の商品などを格安で販売しているお歳暮解体市です。

お歳暮の売れ残りを解体したものなどを350品目、約12万点の商品を、通常価格の3割引き~5割引きで買うことができるそう。

初めて行きましたが、オープンの10時からたくさんの人がいたのでびっくりしました。また午前中でなくなった商品もありました。

以下に『食品ジャンボ市 お買い得品&ギフト解体市』で買ったものを紹介していきます。



会場の様子


私は10時開店に間に合うように早めに阪神百貨店に向かったのですが、やっぱりエレベーターは10時にならないと動きませんでした。(笑)

でも早めに来たおかげもあり、1番乗りならめ1番エレベーター乗りでいくことができました。

来た人は皆さん、カートをもって買う気満々な方が多かったよう思います。周りにつられて私もカートを持ってしまいました。



購入品の紹介


今回の『食品ジャンボ市 お買い得品&ギフト解体市』で以下のものを購入しました。

・ワイン
・ハム(大山ハム・伊藤ハム)
・チーズ

詳しく調べて、本当に通常価格の3割引き~5割引きで買うことができたのか検証していきたいと思います。



ワイン


4点購入しました。
1578834594436


①シャトー デ トロワ トゥール 2015(chateau des trois tours 2015)
1578834599909
こちらは店員さんが残り1点と言われていたので、衝動買いしてしまいました。
値段は、990円でした。

ネットで調べてみると、2015年度のものがあまりありませんでした。

唯一見つけたYahoo!ショッピングでは、17067円でした。

wineーsearcherという海外のサイトでは、1573円でした。差が大きすぎますね…。

貴重なワインということにしておいて、寝かせて価値があがることに期待しましょう。


②アンプラーント ボージョレ ヌーヴォ ヴィエイユ ヴィーニュ(EMPREINTE Beaujolais Nouveau Vieilles Vignes)
1578834598735
ラベルに指紋がついていたので、高級そうで購入してしまいました。(笑)

指紋はシンボルマークのようで、手仕事の証明のようです。

値段は、550円でした。

RakutenのWine Netで調べると3179円でした。

約8割引きの値段です。指紋=高級という直感は間違っていなかったようです!


③ラブレ ロワ 令和元年 ボージョレ ヴィラージュ ヌーボ by ブリジット・プッツ&久野靖子(LABOURE‐ROI 令和元年 Beaujolais Villages NOUVEAU by Brigitte Putzu&Yasuko Kuno)

1578834597459
令和元年という言葉に惹かれて購入してしまいました。

コルク部分もおしゃれです。値段は、550円でした。

amazonで調べると、2557円でした。

約8割引きの値段です。令和クオリティですね!!


④マコン ヴィラージュ プリムール 2019(MACON VILLAGES PRIMEUR)
1578834595643
ラベルがおしゃれだったので購入しました。

値段は、550円でした。

楽天で調べると、2979円でした。

約8割引きの値段です。

今年の福袋も含め白ワインは購入していないので、重宝したいと思います。




ハム


大山ハムと伊藤ハムを購入しました。
1578834592822


①大山ハム  1566円

1578834551166
上段の右→左、下段の右→左に紹介していきます。お歳暮用のものなので、ネットで調べても価格があまり出てこないので、信ぴょう性には書きますが、カッコで参考価格を書いていきます。(独断と偏見も含みますが、ご了承ください)

  • モルタデッラ50g・スパイシーボルニア50g(モルタデッラのみで200g409円・楽天→50g約102円)
  • 大山ハム 特級あらびきポークウインナー(480円・阪急キッチンエール)
  • 大山 生ハム(肩ロース)(454円・楽天)
  • 大山 あらびきボロニア280g(500gで810円・グルメプラザ→280gで約453円)
  • 大山 乾塩ベーコン(648円・楽天)

スパイシーボルニアは値段が出てこなかったので、同量のモルタデッラと同じ価格にしましょう。(笑)

総額 2239円でした。

約3割引きお得に購入できたようです。


②伊藤ハム  1080円

1578834580548

  • 城山
  • 神戸倶楽部 ポークウインナー
  • 伝承の響 ローストビーフ
  • 薩摩麩麹いも豚
  • 伝承の響 直下焼ローフ
  • 伝承の響 黒胡椒ポーク

お歳暮用なので、なかなか単品の値段が出てこないので、断念…。

店員さんによると5000円のものが入っているそう。約8割引きもお得に購入できました。




チーズ


色々な種類のチーズが置いてあり(梅田の阪急百貨店の地下にあるチーズ専門店のような雰囲気)、よりどり3つで1500円です。2セット購入しました。
1578834535335


1セット目
1578834532422

右→左に紹介していきます。
  • ベームスターエキストラオールド(1664円)
  • ゴーダフリコ(1989円)
  • カマンベール(398円・KALDI)

総額 4051円でした。

約6割引きでした。

カマンベールは気になったので購入しましたが、想像よりお手頃価格でした。

しかし、気になったものを買うのが本当の買い物!ただ、ほかの2つは値段が高かったので買いました(笑)


2セット目
1578834479137

2セット目は、3つ目のカマンベールをクリーミーハバティにしました。値段も若干異なります。

  • ベームスターエキストラオールド(1642円)
  • ゴーダフリコ(1925円)
  • クリーミーハバティ(1210円)

総額 4777円でした。約7割引きでした。



最後に


調べてみると、どの商品もとてもお得なように感じました!

ワイン、ハム、チーズという酒飲みのセットを購入したので、当分晩酌には困らなさそうです。

周りで商品を買っている人を見ていると、買うものを決めているのか常連なのか、どんどんカートに商品を入れている人が多いと感じました。

買うものを決めていく、予算を決めておく等の対策をとってのぞむと、より充実した買い物になると感じました。

来年も参加したいです!





今回は新年の運試しがてら、最近ハマっているワインの福袋をエノテカ(神戸三田プレミアムアウトレット)で買ってきました!

この前ブログに書いたティファールの福袋目当てでアウトレットに行ったのですが、どこかにワインが売っていたよなぁ…と思っていたら、見つけました!初めてお店に入りましたが、おしゃれなお店で少しブルジョワ気分を味わえました。(笑)





福袋の種類は多く、中身がわかっているものとわかっていないものと両方が置いてありました。

赤ワイン福袋や白ワイン福袋、スパークリングワイン福袋といった様々な種類のワインが置いてあり、ワイン初心者の私としては、どれを買うか悩ましかったです。

今回は赤ワイン(新春赤ワインお楽しみ袋 一袋3300円)を選びました。

このお楽しみ袋は3500円以上のワインが1本入った限定400袋の福袋だそうです。

大吉、中吉、小吉、吉、末吉まであり、入っているものは以下の通りです。




大吉→2015 ケイマス・ヴィンヤーズ スペシャル・セレクション・カべルネ・ソーヴィニヨン
   (アメリカ カリフォルニア)  通常価格20000円

中吉→2016 ジャクソン・エステート・ホークアイ・マウンテン・カべルネ・ソーヴィニヨン
   (アメリカ カリフォルニア)  通常価格10000円

小吉→2017 グイダルベルト
   (イタリア トスカーナ)    通常価格6500円

吉→2015 ヴィラ・アンリティノリ・キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ
   (イタリア トスカーナ)    通常価格4500円

末吉→2016 モンテッス
   (イタリア サルデーニャ)   通常価格3500円








運命の開ける瞬間…アメリカさんに会いたい…

IMG_20200111_001613



なんだこれは!?しっかりと段ボールに包まれている!

上から見ても、ワイン初心者の私には、どれなのかがわかりません(笑)どきどき…

IMG_20200111_001720


がーん。末吉。(やっぱり)

瓶には、私でも読める「MONTESSU」という文字が…

原産国も一応確認しましたが、イタリアでした(あたりまえ)

ただこのワイン、見た目はすごくかっこいいです。ボトルは青がかっています。
普段はワインを買うにしても3500円のワインなんて買いません。そんなワインが200円安い値段で手に入ったということが福袋の醍醐味ですよね…!

モンテッスのワインは、

サルデーニャの太陽を感じる、陽気でパワフルなワイン

のようです。飲むのがとても楽しみです!

ちなみにおみやげ用にもう一本ワインを買っていたのですが、それも小吉でした。福は次のワインへととっておきましょう。

カルディで買ってきたワインの福袋もあるので、そちらもまた紹介していきたいと思います。

カルディのワイン福袋の記事を更新しました。




1578669396605






↑このページのトップヘ