二宮敦人『最後の医者は桜を見上げて君を想う』を読みました。

本書は病院を舞台に私たちにとって非日常の出来事である「死」について深く考えさせられる作品でした。

以下、あらすじと感想を書いていきます。





あらすじ


主人公は武蔵野七十字病院で対立する二人の若き医者。

主人公の一人である、福原雅和は武蔵野七十字病院の副院長かつ天才外科医である。彼の信念は、どんな難病患者でも絶対に救うことあきらめないことである。

一方、もう一人の主人公である桐子修司は福原雅和とは対照的で死を肯定する医者である。治療を施しても治る見込みのない患者に対して、選択肢として死を受け入れるように説く。桐子修司との会話後に患者が死を受け入れてしまうため、彼は病院内で「死神」というあだ名で呼ばれている。

難病にかかった三人の患者との物語を通して、「死」とはなんなのか「生きる」とはどういうことなのかを私たちに問いかけてきます。


感想


『最後の医者は桜を見上げて君を想う』は非日常的な出来事である「死」について深く考えさせられる作品でした。


一話目の患者として登場した浜山雄吾には生きるとはどういうことなのかということを教えられました。

私たちは普段何気ない日常を送って生きていますが、その日常はベルトコンベアに乗せられた工業製品と同じで決まったことをしているだけで、生きている風に見えて実は死んでいるのかもしれません。

浜山はそんな私たちに生きるということは自分がしたいことを選択して、自身で道を切り開いていくことだと教えてくれました。


二話目の患者として登場した川澄まりえは、浜山とは対照的に延命措置などをせずに自らの「死」を受け入れました。

この話では、まりえの主治医となった音山がまりえとともに今後どう治療していくかを悩んでいるのが印象的であり、まりえがなくなる直前の音山の医者としての以下の答えがとても良いと思った。
俺が探し続けていたものは、俺が医者になってやりたかったことは、すぐそばにあったのだ。それは、迷うということ。患者と一緒に迷い、悩む。答えが出せないとしても、その苦しみを分かち合う。それでよかったのだ。
『最後の医者は桜を見上げて君を想う』より
自分がもし病気になったら音山のような医者とともに戦っていきたい。


三話目の患者は、福原と桐子の同級生であり同僚の音山であった。

医者としての決意をやっと固めたのにその直後で癌が見つかるという展開は衝撃的だった。内容は気になるが個人的には音山がとても好きなキャラだったので、なかなか読み進めることができませんでした。

また、普段は冷静である桐子も親友の音山が病気となると、他の患者たちに言うように死を受け入れろという言葉が発言できないところから桐子の人間らしさを感じた。

一方、福原はどんな状況でも音山を癌から救うために必死でした。しかし、福原もちまたでは天才外科医と呼ばれているが親友の手術を執刀するとなるといつものように冷静ではいられませんでした。

桐子も福原も医者という職業柄多くの人の死を見てきたが、やはり親友の死となると別者なんだろうな。

最終的に音山の死から意見が正反対であった桐子と福原は、それぞれの医者としての答えを見つけることができ感動的でした。



本書を読了後もし余命宣告をされたらどのような生き方をするのかとても悩まされました。

理想としては音山のように最後まで人間らしく、これからも生き続ける人や周りの人を幸せにするような生き方をしていきたい。しかし、この答えは実際に自分が余命宣告されてみなければ出ない気がする。

とりあえず、いつ余命宣告されたとしても満足できる生き方ができたと思えるように精一杯過ごしていきたいです。


最後に


本書は本当に色々と考えさせられる作品でした。

続編も出ているみたいなのでそちらのほうも読みたいです。