としおの読書生活

田舎に住む大学院生であるとしおの読書記録を綴ります。主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にも旅行やパソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

タグ:喜多喜久

IMG_20200711_170405


喜多喜久さんの『ビギナーズ・ラボ』を読みました。

本書は研究者ってかっこいいなと感じさせられる本でした。

以下、あらすじと感想を書いていきます。




あらすじ


主人公は旭日製薬で総務として働く水田恵輔。

休日に祖父がいる老人ホームに訪れた際、千夏に出会い恋に落ちる。しかし、彼女は治療薬が存在しない難病、「ラルフ病」に侵されていた。

恵輔は千夏を救いたい一心で、創薬素人でありながら、ラルフ病の治療薬を開発するという無謀な挑戦を始める。

恵輔はラルフ病の治療薬を完成させることができるのか…。


感想


『ビギナーズ・ラボ』を読んで主人公である恵輔の好きな人を救うためにラルフ病の治療薬を作りたいという想いに感動させられました。

老人ホームで出会った千夏に恋をしたことをきっけに、今までと全く違う仕事である創薬に挑戦しようという志がすごくかっこよかったです。普通の人なら誰かが作ってくれるだろうと考えて、自分で創薬すればいいなんでいう考えが出てこないんだろうな。

もちろん恵輔のようにやる気を持っているだけで成功する可能性があるかどうかは分かりませんが、誰かのために何かを作りたいという強い意志を持って仕事をすることってすごく大切だと感じました。また、やる気を維持するためにはそのものを作ることで誰が喜ぶかという、喜ぶ対象を具体的に考えることも大切であると学びました。

本書を参考に私もお金のために機械的に仕事をするのではなく、自分の仕事をすることで誰かの役に立つということを意識しながら働いていきたいです。



本書を読むことで製薬の現場がどんな感じなのかを知ることができたのも良かったです。
(製薬現場の人からしたら全然違うよという意見もあるかもしれないが…)

また、『ビギナーズラボ』をとおして会社で研究を行うということは慈善事業ではないということを改めて理解しました。

創薬も費用が掛からず慈善事業で行うことができるのなら、患者数が少ない病気に対する治療薬を開発する会社も増えるのかもしれません。
しかし、会社として生きていくためには儲けることが大切なので糖尿病のような患者数が多い病気の治療薬を優先して開発していくことが大切なんだろうな。

企業の研究者として生きている人たちはこういったジレンマにとらわれてすごく大変そうですね。

ただ、近年は希少疾患に関する薬を作ることで儲かるような仕組みもできているみたいなので以前よりもましなのかな。
(希少疾患の治療薬は高価なので患者側に負担がかかるという欠点はあるが…)





最後に


現在、新型コロナウイルスが世界中で流行っているが、製薬現場の人たちは少しでも早く治療薬を完成させるために『ビギナーズ・ラボ』に出てきたような苦労をしているのだろう。

そんな今だからこそぜひ製薬現場の苦労を知ることができる本書をぜひ読んでもらいたいです。







DSC_2354


第9回「このミス」大賞受賞作かつ喜多喜久さんのデビュー作。

『科学探偵Mr.キュリー』などの喜多喜久さんの作品が好きで『ラブ・ケミストリー』をまだ読んでいないならすぐに読んでほしい。

化学と恋がおりなす恋愛ミステリー!



喜多喜久『ラブ・ケミストリー』
有機化合物の合成ルートが浮かぶという特殊能力を持つ、有機化学を専攻する東大院生の藤村桂一朗。

研究室にやって来た新しい秘書の真下美綾に一目惚れしてしまったことが原因で特殊能力を失ってしまう。

特殊能力を失い実験が進まない日々を過ごしている藤村の前にある日、「特殊能力を復活させるためにあなたの恋を叶えてあげる」と、死神を名乗る少女カロンが現れる。

カロンの話によれば誰かが藤村の特殊能力を復活させるようにカロンに依頼したようだ。

はたして藤村の恋は叶うのか。そして藤村の特殊能力の復活を望む人間は誰なのか。

東大農学部で理系草食系男子が巻き起こす恋愛ミステリー。



『ラブ・ケミストリー』の魅力

『ラブ・ケミストリー』の魅力は、作者の経験を活かして理系大学院生の日常をリアルに再現しているところだ。

作者の喜多喜久さんは、東京大学薬学部で有機化学を専攻したいたようで、作者の経験を活かして描かれた藤村桂一朗は喜多喜久さんの分身のような人物となっている。

理系の人間ならば藤村と分野は違えど日々、研究室にこもり昼食は一人で安い食事をとるという人間は少なくないと思う。(友人の少なさなどは、藤村は極端すぎる例かもしれないがそれも研究熱心であることを表していて物語的には良い感じになっている。)

恋愛に関しても周りに女性が少ない環境で過ごしていれば藤村のように、相手にどう接すればよいのか分からないという人も多いと思う。

また作者自身が藤村と同じで学部は違えど有機化学を専攻していたため、有機化学について誰が読んでも分かりやすく書かれている。それゆえに、読者が『ラブ・ケミストリー』の世界観に入りやすくなっておりまるで自分が東大で理系の大学院生として過ごしているかのように錯覚させられる。



恋愛に紛れ込んでいるミステリー要素

本作は理系の恋愛を描いている、恋愛小説として読んでも十分に楽しめる。しかし、本作は恋愛だけではなくしっかりと構成されたミステリー要素があり、ミステリー小説としても十分に楽しめる。

本作の謎は、藤村の特殊能力の復活を願っている人物は誰であるのかというものだ。

私は、この人物を見つけるために注意深く読み進めていたつもりであったが喜多喜久さんが何重にも張り巡らしていた罠に見事に引っかかってしまった。

特殊能力の復活を願っている人物を予測しても、次の場面では他の人物が怪しく感じるというようなものが繰り返されてけっきょく、最後の最後まで誰であったのか分からなかった。

伏線なども上手に使われているためミステリー好きの人にもお勧めできる作品だ。



おわりに

ネタバレになるため自分が読み進めている際の推理予測を話せないのがもどかしいと思うぐらいミステリー小説として楽しめた。

自身が理系であるためか藤村君に恋愛面で共感できる要素があり恋愛小説としてみてもよかった。

理系の男性の多くが藤村君に共感できると思うので理系の人であるならば本作を読んでもらいたい。また化学好きの人も本作は、プランクスタリンの合成を行うという物語なので楽しめる思う。

多くの人に『ラブ・ケミストリー』を読んでもらい。



↑このページのトップヘ