としおの読書生活

田舎に住む社会人の読書記録を綴ります。 主に小説や新書の内容紹介と感想を書きます。 読書の他にもワイン、紅茶、パソコン関係などの趣味を詰め込んだブログにしたいです。

タグ:森見登美彦

キャプチャ

森見登美彦さんの『新釈 走れメロス 他四篇』を読みました。

近代文学の作品を森見登美彦さんなりに現代風に解釈した作品ということでどんな風に物語が構成されているのか読むまで想像できませんでした。

作品を読んでみると近代文学五篇を見事に森見登美彦ワールドに落とし込ませており、それぞれの作品を独立させるのではなく連作として扱っていて面白かったです。

以下、あらすじと感想になります。



森見登美彦『新釈 走れメロス 他四篇』のあらすじ



山月記


1942年に中島敦が発表した作品。俗世を捨てて「詩」の世界に執着した男の末路を描いている。


京都吉田界隈にて、一部関係者のみに勇名を馳せる孤高の学生、斎藤秀太朗がいた。

彼は、留年と休学を使い分け何年も大学にいながら、小説の執筆活動を行っていた。

かつての友人が大学を卒業していく中、自分の信念を貫き小説を書き続けてきたがその活動は実ることがなかった。

そしてある日の夜、斎藤は山へと消えていく。

斎藤が消えて一年後、ある事件をきっかけに斎藤と後輩の夏目孝弘が山で再開することになる。


藪の中

1922年に芥川龍之介が発表した作品。ある殺人と強盗事件をめぐる証言の矛盾から、人間心理の複雑性を描いている。


映画サークルが作成した、「屋上」という作品について様々な非難が監督の鵜山に寄せられた。

映画の内容は、元恋人の男女が屋上でよりを戻すというものだ。

この映画の問題は主演の男女が元恋人で、監督が女優の現在の彼氏であるということだ。

この作品では「屋上」に対する考えを映画サークルの後輩、斎藤秀太朗、監督を崇拝する後輩、主演女優の友人、主演男優、主演女優そして監督である鵜山の視点から描いている。


走れメロス


1940年に太宰治が発表した作品。親友であるセリヌンティウスを救うため、メロスが疾走する様子を描いた熱き友情の物語。


「芽野史郎は激怒した。」

気弁論部に所属する阿呆学生である芽野史郎は、図書館警察の長官によって部室を取り上げられたため、直接長官に直訴しに行った。

かつて恋人と親友に裏切られた過去がある長官は、部室を返す条件として学園祭のフィナーレとしてグラウンドに設営してあるステージで桃色のブリーフ一丁で踊れという無茶なことを提示してきた。

それに同意した芽野だったが、姉の結婚式を理由に一日の猶予をもらい、芽野の人質として親友の芹名を長官に預けた。

しかし、人質にされた芹名は芽野に姉などいなく戻る気がないことを知っていた。

芽野と芹名は長官に真の友情を証明することができるのだろうか。


桜の森の満開の下


1947年に坂口安吾により発表された作品。賊をも狂惑させる、女の恐ろしき「美」を描いている。


大学生の男は小説を書くことを生きがいとしていた。

男には小説を書きあげるたびに尊敬する斎藤秀太朗の元に小説を持っていき、添削してもらうという習慣があったが桜の木の下のベンチに座っている女と出会ったことで男の生活は一変する。

女は斎藤秀太朗の添削が男の作品を潰しているということで、男に添削に持っていくのを辞めさせた。

それからしばらくして男は女のことを小説に書くようになり一躍有名になる。

そして京都から東京に引っ越し、それからも男は成功を続け華やかな生活を送るのだが、男はどれだけ有名になろうと自分の作品に満たされない思いを抱えていた。


百物語


1911年に森鷗外により発表された作品。古来より親しまれる怪談会「百物語」での様子を描いている。


大学四年生の夏に当時配属された研究室から逃げ出し、イギリスに一ヶ月の語学留学に行った後、日本に帰ってきた際に友人のFからの誘いで百物語に参加することになった。

百物語に参加してみたが、人付き合いが苦手な私は百物語の会場での人の多さが嫌になり、夜が更けて怪談が始まる前に帰宅してしまった。

帰り際会場の前で、主催者であり会場の持ち主である鹿島に出会ったが特に引き留められることもなく帰路についた。

翌日、友人Fから百物語の様子を聞くとある疑問を抱くことになる。

主催者の鹿島がFの横に座っているのを目撃したのは、私だけでFは見ていないという。

それどころか私以外に会場に来ていた鹿島を見たものはいないらしい。

はたして鹿島は何者だったのだろうか…。





感想


本作に収録している作品はどれも京都を舞台に描かれています。

『夜は短し恋せよ乙女』や『四畳半神話大系』などと同じ世界感で描かれているためこれらの作品を知っている人は原作を知らなくても楽しめること間違いないでしょう。お馴染みの気弁論部なども物語に登場していました。

近代文学は現代と少し言葉の使い方や時代背景が違うこともありとっつきにくいというイメージがあるのですが、『新釈 走れメロス 他四篇』はそんな人でも読みやすいように描かれています。

本作だけ読むのもいいですが個人的には原作を知っている人ほうが本作と比較することができ、より楽しめると読了後に感じました。

私自身、原作を読んだことがあるのは「走れメロス」、「山月記」、「藪の中」の三作だけだったので他の二作もこれから読もうと思います。


原作を忠実に再現しているわけではない


本作のタイトルについているとおり新釈ということで、原作を完全に森見登美彦ワールドにまるまる置き換えただけではなく少しアレンジを加えています。

例えば走れメロスでは、原作とは違いメロスの代わりとして描かれている芽野は友人を助けにいくつもりがありません。

それでも原作と同じように、助けに行かないことで芽野と芹名の友情を描いています。

このように本作に収録されている作品は内容を完全に再現しているわけではないが、テーマは原作と同じものを描いており、現代でも読みやすいようにアレンジされています。

なのでこうして新釈した物語を読むと、歴史に名を連ねている文学作品は時代背景は違えどテーマはどの時代にも当てはまっていることが分かります。

その影響もあり、本作を読み終わった後には様々な近代文学作品を読みなおして自分なりに現代風に解釈したいなと感じました。


連作にしている良さ


原作はそれぞれが独立しています。

著者も違うし発表された年代も違うので当たり前なのですが、本作ではあえて独立している作品を連作として扱っています。

連作として扱っていることもあり、本書はかなり読みやすいなという風に感じました。

それぞれの作品が独立していることの良さでもあり、欠点でもあるのですが場所や時代背景が違うことが原因ですんなりと物語にのめり込めないことがあります。

本書はそんな欠点を連作とすることで上手に消しているなと感じました。

また、山月記に出てきた斎藤秀太朗は他の全ての物語に出演していることもあり一通り読み終わった後に再び山月記を読むことで斎藤秀太朗の考えをより理解できるに違いありません。

こういった風に感じることができるのも連作ならではの良さですね。



まとめ


『新釈 走れメロス 他四篇』はタイトル通り有名文学作品を現代風に森見登美彦さんが解釈しなおした作品でした。

近代文学に興味はあるが、文体などに抵抗がある人にとっての入門書としてお勧めです。

また、原作を読んだことがある人でも楽しめるような作りになっていますのでぜひ読んでみてください。






PXL_20210617_134918112

森見登美彦さんの『夜行』を読みました。

『夜行』は森見登美彦さんの別の作品である『夜よ短し歩けよ乙女』などとは違い、ミステリアスな雰囲気で物語が描かれている作品でした。

読了後には、こういう作品も書けるのかという森見登美彦さんの新境地を感じさせられる作品となっておりました。

以下、あらすじと感想になります。


【目次】
あらすじ
感想
考察
まとめ




『夜行』のあらすじ


京都の英会話スクールに通う男女6人で鞍馬の火祭を見に行った日事件が起きた。

その事件とは仲間の一人である長谷川という女性が姿を消したというものだ。

彼女を見た人間はその日以来いない…。

長谷川が疾走してから十年後、大橋の呼びかけで長谷川を除く5人が集まり、鞍馬の火祭を見物することになった。

久しぶりに京都に来た大橋が集合時間まで街を歩いているとある画廊に長谷川に似た女性が入っていくのを目撃した。

後を追って画廊に入ったがそこには誰もいなかった。

その画廊で大橋は岸田道生という画家の『夜行』という銅版画に出会う。

その話を四人と合流した後に話すとそれぞれが岸田道生の『夜行』にまつわる、怪談のような旅行先のエピソードを語り始めた。

『夜行』と10年前の長谷川の疾走は何か関係があるのか…。





感想


この物語は、最後まで読んでも結局大橋はどうなったのか、長谷川に何があったのかが分からない不思議な物語でした。

タイトルにつけられている『夜行』という名前の通り、少し夜にでかける気分で本を読み始めたら、永遠に朝が来ない夜を歩き続けているかのような気分を味わわされました。

この物語の不思議なところは結末と大橋を除く4人が語った会談の不気味さにあります。

彼らが語ったエピソードの怖いところは結末にオチがなくよく分からないという状況で終わっています。

彼らの物語が一つずつ淡々と続いていきますが、読者からしてみたら中井、武田、田辺、藤村の四人はこの旅行先のエピソードが実話だとしたら生きた人間なのかという疑問が湧いてきます。

全員がこの怪談の中で最後に地獄のような世界に取り残されているので死んでいるのではと感じてしまいました。


また、結末では大橋が別の世界に行き、生きている長谷川と岸田道生に出会いましたが、その世界では長谷川の代わりに大橋が失踪しているという。

そして最終的には元の世界に戻ってきて、大橋が以前よりどこか晴れ晴れした感じで物語が終わります


正直物語が深すぎて、この深さは私が理解できる範疇を超えていました。

オチをあえて書いていないのは物語の答えは読者によって変わるよということを森見登美彦さんが我々に伝えたかったんですかね。

『夜行』は物語全体としては嫌いではないけど、面白い面白くいないで語れる作品ではない気がしますね。



考察


『夜行』という物語を完全には理解できていないので間違った解釈をしているかもしれませんが、簡単に考察をしていきたいと思います。


夜行と曙光の世界


夜行が大橋君がいる世界で、曙光が最終夜で現れた長谷川さんが生きていた世界だとします。

これらの世界の分岐点は、岸田道生の心によって分岐しているのではないかと私は思っています。

どちらの世界でも10年前の鞍馬の火祭を見に6人と岸田は来ていました。

そこで、岸田にとって理想の女性である長谷川さんに語り掛けることができたのが曙光の世界で、理想の女性を自身のものにしようとして殺害してしまったのが夜行の世界なのかなと思っています。

夜行の世界では、岸田は自分が殺した理想の女性を描き続けますがどれだけ描いても彼の闇が晴れることがなく最終的には過労死をしてしまったのでしょう。

結局この物語は、男が憧れの女性にいだいている気持ちを表現しただけの物語というのが私の解釈です。

正直4人の会談の考察や曙光の世界で大橋が疾走していた理由など考えていないのでがばがばですね。

考察というレベルでもない気がします…。

だた物語の楽しみ方は人それぞれなので私ぐらい浅く感がる人がいてもいいでしょう。



まとめ


『夜行』は本当に最後まで謎が多く残る物語でした。

たまにはこういう風に最後まで読んでも結末が分からず読者に考える余地を持たせる物語を読むのもいいですね。







IMG_20201101_103128


森見登美彦さんの『四畳半タイムマシンブルース』を読みました。

四畳半神話シリーズの16年ぶりの新作ということでしたが、当時の登場人物のイメージを崩さない笑える作品でした。



『四畳半タイムマシンブルース』のあらすじ


8月11日の炎熱地獄と化した真夏の京都で、学生寮の唯一のオアシスである「私」の部屋のエアコンが動かなくなった。

エアコンが動かなくなった原因は、妖怪のごとき悪友である小津がエアコンのリモコンを水没させたことが原因だ。

エアコンを失ったことでこの夏をどう乗り越えようと、「私」が想いを寄せるクールビューティ明石さんに相談していると、ガラクタだらけの廊下で某青い猫型ロボットが登場するアニメででてくるタイムマシンを発見した。

試しにダイヤルを昨日に合わせて、小津を乗せてみたところ、小津は本当に昨日にタイムスリップしてしまった。

「私」の天才的なひらめきから、タイムマシンを利用して過去から壊れる前のエアコンを回収することになった。

しかし、この安易な考えが原因で宇宙消滅の危機につながる…。


感想(ネタバレあり)


本作は「四畳半神話体系」と「サマータイムマシン・ブルース」のコラボ作品となっています。

私は「サマータイムマシンブルース」を見たことがないため、そちらについてはどれぐらいリスペクトしている作品なのかが分からないのですが、四畳半神話体系の続編という点から見ると登場人物のイメージをくずさない良い作品でした。

四畳半神話体系と同じように主人公である「私」は、常に想い人である明石さんのことばかり考えて一人で色々と葛藤しているし、明石さんは天然な感じだがどこか不思議な魅力がある人だし、悪友の小津は相変わらず不気味で人の不幸を幸せに感じる人物だし、樋口さんなんか25年後でもまだ寮に住んでいるみたいです。

変な登場人物ばかりだけどやっぱり四畳半神話体系っていい作品だなと感じさせられました。


原案の「サマータイムマシン・ブルース」でも、エアコンのリモコンのために昨日と今日だけをタイムトラベルするという物語みたいですが、せっかくタイムマシンを見つけたのにこんなに小さいスケールのことしかしないというところが、四畳半神話とマッチしていていいコラボ作品になった気がします。


一つ本作を読んでいて気になったことがありました。

物語の中で樋口さんは愛用のシャンプのヴィダルサスーンを盗まれてしまいます。

ヴィダルサスーンを盗人から守るために、タイムトラベルした樋口さんは、昨日の樋口さんからヴィダルサスーンを盗みますが、そもそも最初に樋口さんのヴィダルサスーンを盗んだのは誰なんでしょうか?

樋口さんもヴィダルサスーンを盗まれることがなければ過去の自分から盗むなんてことをしないはずなので、原点にもどると「私」が間違えて持って帰っていたりして。





物語の最後で明石さんが「みんながどれだけ好き放題をしても過去は変えられない」と語っています。

これは、ある程度どの時間軸でどのようなことが起きるのか大筋が決まっているため、誰がどんな行動をしても運命は変わらないという解釈でよいのかな。



明石さんが「四畳半神話体系」と「タイムマシンブルース」の映画を新作で撮りたいという感じで物語は終わりましたが個人的にこの終わり方は結構好きです。

妄想になりますが四畳半神話大系も四畳半タイムマシンブルースも「私」や明石さんなどの物語に登場してきた人物が撮影してきた作品という風にも考えることができますね。


最後に


またいつの日か今回みたいなかたちで四畳半神話大系が他作品とコラボということで復活してほしいな。

「サマータイムマシン・ブルース」もAmazon Primeで見れるみたいなので一度見てみよう。






IMG_20200906_153809


森見登美彦さんの『夜は短し歩けよ乙女』を久しぶりに読み返しました。

本作は様々な賞を獲得したり、2017年にはアニメ映画化されるほどの大人気作で、森見登美彦さんの代表的な作品です。

読んでいると自宅にいるにも関わらず、自分も先輩や乙女と京都の街を冒険しているような気分になれました。

以下、あらすじと感想を書いていきます。






あらすじ


「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。

しかし、「黒髪の乙女」は何度出会っても先輩の想いには気がつかない。

先輩も彼女に自分の気持ちを伝えることができず、頻発する偶然の出会いがあるたびに「奇遇ですねえ!」と言うばかり。

そんな二人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者や珍事件との出会いばかり。

先輩は幾多の珍事件のなかで黒髪の乙女に想いを伝えることができるのか。



感想(ネタバレあり)



純粋な『黒髪の乙女』


先輩が想いを寄せる、サークルの後輩の黒髪の乙女がとにかくかわいい作品です。

黒髪の乙女は純粋な性格で人を疑うということを知りません。その日出会った人に何度胸を触られたとしても、偶然手があたっているだけだと思うような人物です。

しかし、その純粋さが原因で先輩が何度偶然を装って出会ったとしても、先輩の「奇遇ですね」という言葉を信じてしまい、なかなか先輩の想いに気がつきません。

先輩が彼女と結ばれるために必死に努力しているのに、想いが実らない様子が読者をやきもきさせます。

ただ、物語を読み進めるにつれて、先輩の想いに気がつき純粋無垢な少女から恋する乙女へと変化していきます。

最後まで読んだ人は恋する乙女になった彼女にやっと想いに気づいたかと安堵すること間違えないでしょう。



とにかく遠回りな『先輩』


『黒髪の乙女』との恋愛を成功させるために、先輩は様々な手を打ちますがとにかく遠回りな方法を選びます。

読んでいる多くの人は、直接遊びに誘ったりしたら気持ちをもっと簡単に伝えられるのにとやきもきしたに違いがありません。

黒髪の乙女が古本市に行くと分かれば、普通でしたら一緒に行きましょうと誘うでしょう。

しかし、先輩は偶然出会い、同じ一冊の本をとろうとして手が触れるという少女マンガのような運命の出会いを求めて彼女を追いかけます。そんな先輩の様子を読んでいるとおもしろいのですが、何だか少しだけ切ない気持ちになってしまいます。

もしかしたら現実でも、人生で恋愛をした経験がなければ、先輩のように草食系の中の草食系のような行動をしてしまう人がいるのかもしれません。

ただ、先輩のように彼女をこっそり追いかけているとストーカーとして訴えられる危険があるので気をつけないといけませんね(笑)。





登場人物の感情や行動が伝わりやすい独特な文体


森見登美彦さんの書く文章は他の作家では味わえない個性的なものです。

特に先輩や乙女の心理を描写する文章が上手で彼らがどのようなことを考えているのかが、伝わりやすいため読んでいるこちらも彼らと一緒に四苦八苦しているような気分になります。

個人的に一番気に入っている文章を紹介しておきます。

彼女が後輩として入部してきて以来、すすんで彼女の後塵を拝し、その後ろ姿を見つめに見つめて数ヶ月、もはや私は彼女の後ろ姿に関する世界的権威と言われる男だ。

『夜は短し歩けよ乙女』 p.81より

『私は彼女の後ろ姿に関する世界的権威』という表現がとても好きで、どんだけ彼女の背中を追っかけて来たんだよっていう感じです。

他にも魅力的な文章がたくさんで読んでいてとても楽しい気持ちになります。



最後に


『夜は短し歩けよ乙女』を久しぶりに読み返しましたが、とてもおもしろかったです。

映画を見たことがないのでそちらも見てみたいです。

また、関連作品である『四畳半神話大系』も読み返したくなりました。近いうちに読み返そうかな。







DSC_3250

森見登美彦さんの第2回京都本大賞受賞作の『聖なる怠け者の冒険』を読みました。

『聖なる怠け者の冒険』は『四畳半神話大系』や『夜は短し歩けよ乙女』などと同じように京都の町が舞台となった作品で他作品で出てきた要素などもおり交ぜられているため森見登美彦さんのファンなら誰もが楽しめる作品となっています。

感想に少しだけだがネタバレもあるので未読のかたはご注意ください。


森見登美彦『聖なる怠け者の冒険』
社会人2年目の小和田君は、仕事が終われば独身寮で缶ビールを飲みながら夜更かしをすることが唯一のお趣味。そんな彼の前に狸のお面をかぶった「ぽんぽこ仮面」なる人物が現れて……。宵山で賑やかな京都を舞台に果てしなく長い冒険が始まる。






感想
読み終わった後最初に思ったことは物語の内容がわずか1日分しかないのに1日分だとは思えないほど充実しているということでした。

しかも主人公の小和田君は倉のなかで妄想を膨らませながら怠け者のように半日近く眠っていたので実質主人公が何もしていない(怠け者としての姿勢を貫いている)時間が物語の半分以上だという…。しかし小和田君のどんな状況でも自分の怠け者としての意思を貫き通すところはどこかかっこいいようにも感じてしまいます。小和田君のような人物を魅力的に見せることができるのは森見登美彦さんだからできる技なんだろうな。


個性豊かな登場人物
内容が充実していたと感じる理由は様々な個性豊かな人物の視点から物語が構成されているからなのかもしれません。本作は主人公の小和田君以外の人物も魅力的なのもいい点です。

後藤所長は人生の達成感を得るために人々の称賛がほしくてぽんぽこ仮面という慈善事業を始めました。しかし、作中では自分が助けてあげた人から追われるという恩をあだで返すような行為をされてしまいます。また自分の休日をけずり怠け者としての本能をおさえてまでぽんぽこ仮面としての活動を行っていることに疑問を抱く場面もあります。最終的に町中の人がぽんぽこ仮面になったおかげでぽんぽこ仮面を引退できたのは後藤所長にとって良かったのだろう。

休日探偵の玉川さんは、浦本探偵とは違い探偵としての意欲は高いが能力がありません。しかも極度の歩行音痴で物語中の大部分は京都の町で迷子になってしまいふらふらとしていました。ただ浦本探偵の「迷うべきときに迷うことも才能」という言葉を聞いていると玉川さんは迷いながらも自分の職務を全うしているように感じます。

恩田先輩と桃木さんのカップルは二人とも休日を計画的な行動を行うことで充実させようという意識がすごかったです。小和田君のように怠け者のような休日がいるなか恩田先輩たちのように休日だからこそ色々なことをして充実させようという人も世の中には多いのだろう。私は本作の登場人物のなかでこの二人が一番好きです。

この他にも多くの人物が登場するがどの人物も本当に魅力的でした。




他作品と関連する要素
他作品で出てきた要素が出てくるのも本作の良いところで、森見登美彦さんのファンならば色々と探してしまうのではないのでしょうか。

偽電気ブラン、猫ラーメン、下鴨幽水荘など他にも様々なものが現れました。

多くの他作品の要素が登場した中で私が特に良かったなと思ったのは津田さんの出演です。これは『四畳半神話大系』のファンにはたまらないのではないのでしょうか。

あの悪友だった津田さんが10年後には蕎麦打ちの職人になっているとは想像もできませんでした。津田さんも歳をとれば丸くなるんだなと思ってしまいました。ひたすら津田の弟子が蕎麦を打ち、それを招待客が食べ続ける無間蕎麦は実際にあるのならば行ってみたい気がしますね。



最後に
森見登美彦ワールド全開の作品を読むと京都の街並みが素敵に描写されているからなのか京都に遊びに行きたくなってしまいます。私も小冒険として来年は祇園祭宵山に行ってみようかな。

あとがきで『聖なる怠け者の冒険』は新聞連載のときや文庫化前では内容が少し違うと書いていたのでそちらも読んでみたいな。

本書を読んだ人のなかで森見登美彦さんの他作品をまだ読んでいない方は他の作品もおもしろいのでぜひ読んでみてください。



↑このページのトップヘ