DSC_3831

だいぶ前に購入して読むのを忘れていた、長谷川夕さんのデビュー作『僕は君を殺せない』を読みました。

本書は中編である『僕は君を殺せない』と短編である『Aさん』と『春の遺書』から構成されています。中編と短編が混ざっている本はなかなか見ないので、目次を見た時点で珍しい構成だと感じました。

以下、書く物語について感想を書いていきます。ネタバレも含むので未読の方は注意してください。



僕は君を殺せない


夏、クラスメートの代わりにミステリーツアーに参加し、最悪の連続猟奇殺人を目の当たりにした『おれ』。最近、周囲で葬式が相次いでいる『僕』。——一見、接点のないように見える二人の少年の独白は、思いがけない点で結びつく……。

この作品は『おれ』(たぶん名前は明記されていない)と『僕』(清瀬誠)の二人の視点で物語が進んでいきます。

物語序盤では、『おれ』の視点では高額なアルバイト代のために参加したミステリーツアーで連続猟奇殺人に巻き込まれてしまい、殺人犯から逃げ出すために四苦八苦している様子が描かれています。一方、『僕』の視点では同じ高校に通うレイと半同棲生活を楽しそうに送っている様子が描かれています。

時系列がバラバラであり、二人の視点がけっこうな頻度で入れ替わっていくため、読み始めた時点ではなかなか物語の構造がつかめませんでした。しかし、物語が進むと『僕』の正体が『おれ』が参加したミステリーツアーの連続猟奇殺人犯であると分かったあたりから物語にどんどん引き込まれていきました。


『僕』は自殺してしまった父の恨みを晴らすために、次々と父が残したメモに名前がのっている親族を殺していきます。『僕』が事務的に殺害を行っていくこともあり、読んでいる途中は『僕』が感情のないロボットのように感じてしまいました。ただ、レイちゃんと一緒にいるときの『僕』は楽しそうで人間らしいところもありました。それも相まって、レイちゃんも殺害する対象であると分かったときの衝撃はすさまじかったです。

『おれ』は『僕』とは相対的な人物として描かれており、感情を表現する描写も多いことから人間らしい人物だという印象が強かったです。ただ、主役はあくまで『僕』なので『おれ』がどういった人物であるのかが細かく語られていなかったのが残念でした。


最終的に『僕』はレイを殺さなかったのですが、物語の終わりでは『僕』は意識不明で、レイは僕と過ごした記憶を失ってしまったということが『おれ』視点で語られています。バッドエンドではないがハッピーエンドとも言い難い終わり方でなんともいえない気分になりました。


タイトルの『僕は君を殺せない』の僕は『僕』のことだと明確に分かるのですが、君はレイちゃんのみのことを示すのか、それとも『おれ』も含むのか難しいところですね。本作を読んだ他の人はタイトルをどう解釈したのだろうか…。



Aさん


この物語はオチを読んで恐怖を感じました。

大人になった主人公である『わたし』が小学生のころに怖がっていたAさんと同じように風呂場で死体を解体しているというオチでしたが、最初の描写では主人公は掃除が好きでただ黙々と掃除をしているだけだと思っていたのでそのギャップがすさまじかったです。

しかも、『わたし』のもとにもAさん同様、殺した人の幽霊が訪れるという物語のしめかた。

短編小説には最後のどんでん返しがすごい作品がけっこうありますが、ここまで衝撃的だった作品は久しぶりな気がします。

春の遺書


この短編も『Aさん』と同じように幽霊が登場するのですが、『Aさん』と比べると物語のコンセプトが一味違う作品でした。

物語の途中では主人公の祖父は祖父の弟である康二朗に対してよっぽどひどいことをしたのだろうなと思っていたのですが、読み終わると祖父は康二朗が駆け落ちしようとした女性を追って自殺をしないように女性の遺品を隠していたという弟思いの人物でした。

祖父はそれさえ渡さなければ康二朗が自殺することはないと考え、死ぬ直前でも遺品のありかを康二朗に教えませんでした。しかし祖父の死後、康二朗は遺品はもう二度と自分の手元には戻らないと思い自殺してしまいます。

康二朗がけっきょく自殺してしまうのならば祖父はどうするべきだったのでしょうか。遺品を渡して康二朗に恨みなく自殺してもらった方がましだったのかもしれませんがそれが正解であったとは言えません。

なんだか複雑な作品です…。

最後に


長谷川夕さんの作品を初めて読んだのですが、どの物語も私的にはかなりつぼに入りました。この機会に他の作品も買ってみようかな。